プログリット(PROGRIT)始める話【海外移住、日本脱出、なぜプログリット?】

About Writer

MASATO

I write, travel and take photos. TOEIC875点。アイルランド留学1年経験。フィリピン留学2ヶ月( 記事はこちら)。GOODBYE JAPAN運営。ツイッターでアイルランド留学、海外生活に関する情報を呟いてます。(@MasatoGoodbye



タイトルの通りです。

 

PROGRIT始めることにしました。

 

「3ヶ月という短期間で英語力が上がる」「本田圭佑が受講してる」「家入一真さんなど多くの方が受講している」

 

などここ最近非常に注目を集めている英語コーチングスクールです。

 

メディアでの露出も多いので、この記事を読んでいる方の中にも、PROGRITの存在をご存知の方も多いかもしれませんね。

 

なぜPROGRITを受講しようと思ったのか?理由は次の2点です。

「英語力を一つ上のレベルに。海外移住のために」

「英語コーチングスクールを実際に受講してみたい。」

 

≫公式サイト:PROGRIT

≫取材記事:無駄な勉強をする前にPROGRITに行くべき理由

 

 

 

最終目標はストレスなく移住できる英語力

まず一つ目の理由「英語力を一つ上のレベルに。海外移住のために」からお話しします。

 

自分で言うのもあれですが、ある程度の英語力はあります。アイルランド留学を約1年ほどしていたこともあり、日常会話レベルなら普通にできます。最後に受けたTOEICは875点。それこそ海外で一人で生活するなら全く苦労することのない英語力です。

 

事実、フリーランスという働き方をさせていただいているため、去年は海外の国々を転々として暮らしながら仕事をしていたわけですが、生活やコミュニケーションをとる上で全く問題はありません。

 

ではなぜさらなる英語力が必要なのか?

 

「日常会話レベルの英語力では意味がない」と気づいたからです。

 

実は僕、数年後に海外移住することを考えています。

 

理由を書くととてつもなく長くなってしまうので、シンプルに書きますと、「単純に海外が好き」あと「日本で大きな問題が起きた時に対処できるもう一つの拠点が欲しい」からです。

 

初めてこんな素直に書きましたが、ブログのタイトルが「GOODBYE JAPAN」となっているのにはそうした背景があります。この辺のことについて詳しくは他の記事に譲るとして、本題に戻ると、

 

海外移住するとなると「日常会話レベルの英語力」では困ることが多いんです。

 

例えばネイティブのコミュニティに入るとしても、言語に問題があると、溶け込むのが難しいし、仕事をするとしたら、コミュニティに入る以上の英語力が必要になります。

 

日常会話でもどうにかはなりますが、ストレスなく生きていくにはやはり「日本人が指す日常会話」以上の英語力は必須と考えています。

 

だから今のレベルからワンランク、ツーランク上の英語力を手に入れたいと考え、PROGRITの受講を決めました。

そして理由の二つ目、「英語コーチングスクールを実際に受講してみたい」というところですね。

 

このブログ「GOODBYE JAPAN」を始めて以来、様々な英会話スクールを取材してきました。英語コーチングスクールに関しても10校以上は取材してます。

 

スクール代表の方をインタビューしたり、体験レッスンを通して得られるものもたくさんありました。それまで留学と独学で英語力を上げてきたわけですが、取材を通して「どうやったら英語力は上がるのか?」を論理的、科学的に知ることができました。

 

でもそれらを本格的に試したことってなかったんですよね。「ある程度英語力もあるし、まだいいかな〜」と先延ばしにしてきました。

 

ところがここ最近、海外移住をしたい欲が増してきたことに伴い、もっと英語力を上げたいというモチベーションも高まってきました。

 

その時にどこを受講しようかと考えたときに思い浮かんだのが英語コーチングスクール。「短期間かつちゃんと英語力を上げるなら英語コーチング」というのは決めてました。

 

そしてこのブログでは数多くの英語コーチングスクールを取材しているわけですが、ブログスタート当初に取材したのがPROGRITでした。

 

確か僕がまだ大学生の時で、今から約3年前。スクール名もPROGRITになる前でした。そこから何度もスクール取材させていただいたり、創業者の方々とお話しさせていただいてきました。

 

そんな長い付き合いもあって、今回はPROGRITを選びました。

 

以上が、僕がPROGRITで英語学習を始めようと決めた理由です。

 

「結果にフォーカスする」のが英語コーチングスクールの特徴なので、楽ではないかもしれませんが、3ヶ月間気合で頑張ろうと思います。

 

≫公式サイト:PROGRIT

 

 

 

PROGRIT渋谷でのカウンセリング

上の文章で決意をまとめたところで笑、早速PROGRITでカウンセリングを受けたきました。

↑カウンセラーの築山さん

 

以下のような流れでカウンセリングは進みました。

  • ヒヤリング
  • 英語力の診断
  • 課題発見
  • 英語力を上げるために必要なトレーニング

 

ヒヤリング

これまでの英語学習経験、英語を学ぶ理由、目標とする英語力などを聞かれます。

 

英語力の診断

リスニングをして文章中の空白を埋める問題、TEDの音源を聴いて要約などを行いました。

 

課題発見

先ほどの英語力の診断の結果をもとに、課題発見をしてもらえます。やはり音声知覚のところを指摘されました。こちらの記事東京で絶対におすすめできる英会話スクールのみ7つご紹介等でも書いてますが、相変わらず音声知覚が弱かったですねw

 

 

英語力を上げるために必要なトレーニング

英語力診断、課題発見のあとには、英語力を上げるために必要なトレーニング内容まで示してもらえます。シャドーイング、多読、瞬間英作文、オンライン英会話で合計1日3時間…。やります…。気合で頑張ります。

 

 

 

最後に

初回のカウンセリングでも十分の内容だったんですけど、本格的にコースがスタートするのは、初回のコンサルティングを受けてからとのこと。

 

その時にもっと具体的なトレーニング内容、トレーニング方法、学習計画などの説明があるそうです。コンサルタントさんも別の方が担当するとのこと。

 

いよいよ来週からです。気合入れて頑張ります。

 

≫公式サイト:PROGRIT

≫取材記事:無駄な勉強をする前にPROGRITに行くべき理由


\\連載(毎週金曜更新)!ブログ運営者の感想「1ヶ月でこんな英語力伸びた人を見たことがない。」//


About Author

MASATO

I write, travel and take photos. TOEIC875点。アイルランド留学1年経験。サイト名がGOODBYE JAPANなのにブログだとそれらしいことを事情があり書けないのでツイッターで呟きます。アイルランド留学、フィリピン留学の相談はツイッターからお気軽に。 (6/16〜6/29、QQ Englishでセブ留学してました。)



コメントを残す

英会話スクール、アイルランド・フィリピン留学、英語学習などに関する質問はこちらからお気軽にどうぞ。

You may also like