プロフィール

 

 

Masato Tsuchiya

1993年生まれ。

都内の大学に進学。映画の影響で航空関係の仕事に就きたいと考え、20歳のときにアイルランドに約1年間留学。帰国後は大学に無事復帰。大学4年の時に始めたWEB事業がうまく軌道に乗り、卒業後はそのままフリーランスとして活動しています。




英語学習歴

 

– 19歳:独学
– 20歳:アイルランド留学
– 25歳:フィリピン留学
– 26歳:英会話スクール(STRAIL、PROGRIT)

STRAIL受講中↓



\\英語コーチング「STRAIL」受講中【連載一覧】//

STRAILについては以下の記事で詳しく書いてます。

英語系の資格

 

TOEIC875点(STRAIL受講後985点まで伸びました。)



留学時代

 

前述の通り20歳のときにアイルランドに1年留学したわけですが、当時はそこまで具体的な目標があったわけではありません。

 

確かに映画か何かの影響で航空管制官になりたいと思ったのはあるんですけど、それも今考えると留学するための口実というか。

 

ただ単に海外に行ってみたかったんですよね。

 

ノリで親に話してみたら「行けば?」と。

 

僕もなんですけど、うちの家って意外と”軽い”んですよね。笑

 

そうした親の金銭的なバックアップもあり、アイルランドに留学できました。

 

留学中はかなり自由な暮らしをしてましたね。午前中はクラスに出席して、午後はなんもすることがないので学校の友達と公園でご飯食べたり、夜は友達とお酒を飲みに行ったりと、毎日楽しいことしかない生活でしたね。笑

 

またこのときに海外旅行も飽きるほどしました。確か10か国くらいですかね。(当時はこの黒のパスポートを使い倒してました。)

ヨーロッパって航空券がめっちゃ安いんですよ。それこそアイルランドからイギリスなんて片道1000円とか普通にありますから。「バスかよw」って感じですが、マジでバス感覚で旅行してました。

 

まぁこんな生活をしてたので当然ながら学校はサボりがちで、多分週に一回はお休みいただいてたと思います。一つ目の語学学校は6ヶ月申し込んだのに、結局5ヶ月くらいしかいってませんしw

 

これは流石にヤバイ。本気で英語の勉強をしようと考え、カランメソッドができる学校に申し込みました。よしこの学校で残りの半年頑張るぞと数ヶ月分まとめてお金を払いました。

 

1ヶ月後何が起こったと思います?

 

その学校、ある日突然倒産しました。

 

いつも通り学校まで行ったら扉が閉まってて、そこには張り紙があり「今日で学校閉めるから、なんか問題があったらここまで電話して」と。

 

いや問題がありましたらというか、これ自体が問題なんですけど。大金払っちゃってるんですけど…。

 

でもお金が戻ってこないことは、テレビのニュースなどを見て知っていたので諦めました。

 

つまり1年の留学って書いてますけど、学校に通ったのって6ヶ月くらいなんですよ。残りの半年はマジで何もしてないw

 

一応カフェや自宅で軽く英語の勉強はしてましたけど、大体は外国人の友達と遊んだり、ヨーロッパ旅行するのが僕のメインの活動w

 

でもその活動の甲斐があってか、留学後は英語力が爆伸び。

 

元々「How are you?」「Hello.」も正確に言えるか怪しい、ゼロに等しい英語力も、帰国後は日常会話できるレベルになりましたし。留学前は350点だったTOEICも留学後には875点になりました。

 

自分としては上出来だったのではないかと思います。

 

大学と就活

 

帰国後は大学に戻りました。よく価値観が変わって、大学辞めちゃう人がいますけど、僕は全然そういう考えはなかったですね。

 

大学3年の時はそのままなんのイベントもなく過ごしてたんですが、4年は僕の人生でも大きなターニングポイントになりました。

 

なぜなら就活しなかったからです。

 

大学4年といえば、内定をもらうために企業研究やSPI対策とか色々するわけですよね。

 

僕はそういうのは一切やりませんでした。

 

「絶対に就職したくない」と考えてたので。(この頃よく大学帰りに羽田空港で「絶対就職しない。俺の居場所は日本じゃない。」と呪文のように自分に言い聞かせてましたw)

それは留学の影響もあったかもしれません。就職してないけど、お金もあって自由に生きてる人が割と周りにいたので。

 

そして何より就活するのは自分の生き方にあってないなと感じてました。(最近知ったんですけど、亡くなったおじいちゃんもフリーランスみたいな働き方をしてたみたい。笑)

 

もちろん会社で働くことを否定するわけではないですし、学歴や能力が高い方はその選択の方が正しい場合も多いと思います。

 

でも僕は絶対嫌だと思ってました。今思い出しましたが当時は

「就職するくらいなら、ホームレスになった方がマシ。」
「最悪コンビニでバイトすれば良い。」
「日本には生活保護がある。」
「最悪死ねばいい。」
「死ぬことですらかすり傷。」

 

とか言ってた気がします。笑

 

だから大学4年の4月からは本格的にフリーランスで生きていくための活動を開始。その一つが主にブログやアフィリエイトです。

 

そしてその一つがこのブログ「GOODBYE JAPAN」。

 

周りが就職活動をしてる間に、ずーっと図書館に引きこもって作業をしていましたし、本当は卒業研究を進めなきゃいけないのに、「就活がうまく行ってなくて」と嘘をついて自宅で作業してたりしましたからね。笑

 

その甲斐もあってか、卒業するときにはなんとか生活できるレベルの収入源を作ることができ、無事フリーランスとして働き始めることができました。

 

フリーランス時代(現在)

 

フリーランスになってからは海外に行くことが増えました。

 

元々海外を転々としながら生きるのが一つの夢だったんですよね。

 

なんか物理的にも精神的にも経済的にも自由な感じでカッコイイじゃないですか?笑

 

その夢が一つ叶ったのは嬉しかったですね。

 

ちなみに僕がよく行く国は「タイ」「ベトナム」「インドネシア」

 

個人的No.1はタイ。

 

間違いなくタイが一番住み心地がいい。「国民性」「日本食」「建築物のセンス」「内装のクオリティ」「インフラ」「タクシー代」「ホテルの価格」など全ての面において完璧。

 

もちろん総合的に評価すれば日本の方が上だと思いますけど、僕ら日本人が日本と同じコストでタイで生活したら、明らかに高い生活レベルで暮らすことができます。

 

そんなこともありタイには2019年は7回ほど訪れてます。

めっちゃ行ってますね。僕としては日本に帰ることが「来日」です。笑

 

いずれはタイに移住すると思います。

 

理由は先ほど書いたとおり住みやすいから。

 

そしてタイは移住のハードルが非常に低いですからね。

 

「タイランドエリートビザ」なんか150万円払えば5年、300万円で20年間のビザが貰えます。それで空港でのVIP待遇、空港から住居までの送迎、銀行口座開設などの特典がついてます。(600万円のビザだとさらに豪華な特典付き)

 

要はお金さえ払えば簡単に移住ができちゃうわけです。笑

 

もちろんまだ日本からの収入源が大半で、定期的に日本に戻る必要があるので、僕はまだビザ取得の必要はないですが、近い将来移住します。

 

住民税、国民年金等を支払う必要もなくなりますしね。

 

なのでしばらくはタイで暮らしつつ、日本に出稼ぎに行くライフスタイルを続け、投資等の別の盤石な収入の基盤ができたら移住する予定です。(タイランドエリートビザではタイで収入を得ることはできないので、別のビザを取得する必要あり。海外転出すると日本の証券会社は使えない。)

 

今後の目標

 

やはり僕個人としての直近の目標は「海外移住」かなと。

 

ただ僕個人が海外に移住して、その様子をインスタやTwitterでドヤる投稿をしても害悪でしかないので、個人的な移住でもありつつ、有益な情報を伝えていけたらいいなと考えてます。

 

今日本で働くこと、そもそもどこかの会社で働くこと自体に疑問を感じている人が多いはずです。

 

会社で強いストレスを受けながら働いても貰える給料は、YouTuberの1/100。そんな時代です。

 

僕は別にどちらが偉いとか思いませんが、多くの人が自分が生きたいように生きれる世の中になったらいいなと考えています。

 

会社で働くことの方が合ってる、フリーランスや起業家として自分でビジネスを作っていきたい、それぞれの道を歩めたらいいなと。

 

そして僕は後者の方々をサポートするような情報を提供ができると考えてます。

 

僕は大学を卒業しフリーランスになって数年で、年商数十億円も稼いでる方々と比べればまだまだで、偉そうなことは語れませんが、僕の体験をベースに様々な情報を発信していきます。

 

海外移住を目指してる人はぜひ僕の情報をフォローしてください。