”英語ができるようになる”英会話スクールの選び方【要注意】


「将来のために英語を話せるようにしておかないと」と多くの方が考えているはずです。

 

そこでまず考えるのが英会話スクールに通うこと。それは間違った選択ではないと思います。

 

でもスクール選びはかなり慎重にやった方がいいと思います。というのも、どこの会社とは言いませんが、ほとんどのスクールは通っても話せるようにならないからです。

 

僕も英会話スクールに通った方と何度もお会いしたことがありますが、話せるようになった人はほとんどいません。それが現実です。

 

しかし最近では、そのような旧来型のスクールとは一線を画し、英語が話せるようになるためのスクールがたくさんあります。実際に話せるようになってますからね。

 

そこで今日は、英語を話せるようになりたい人が通うべき英会話スクールの選び方を教えます。

 

(記事の後半でおすすめできる英会話スクールのみを紹介しています。それだけ読みたい方は目次から飛んでください。)

 

 

 

正しい英会話スクールの選び方

英語を話せるようになりたい人がスクールを選ぶ方法は超簡単です。次の二つを抑えましょう。

  • 大手英会話教室は避ける
  • 英語を話せるようになるスクールを選ぶ

 

 

大手英会話教室は避ける

まず大手の英会話教室を避けること。完全に僕個人としての意見ですが、大手の教室に通って英語を話せるようになった人を見たことがないから。

 

おそらくみなさんの周りにもいませんよね。あれだけ全国展開しているわけですから、本当に効果があるなら今頃日本は、全員英語ペラペラのグローバルカントリーになっているはずです。

 

詳しいことは記事の後半に書きますが、大きな効果が得られない可能性が高いので選択肢から排除しましょう。(もちろん趣味程度に英語を勉強したいなら大手も全然オッケーです。)

 

 

英語を話せるようになるスクールを選ぶ

英語を話せるようになるスクールを選ぶって当たり前のことですね(笑)。でも疑問なのはそんなスクールが本当にあるのか?だと思います。

 

結論から言うと、あります。

 

いわゆるコーチング系の英会話スクールなんかはそうです。コーチングが何かは「最近流行りの英語コーチングとは?英会話を短期習得できる秘密」を読んでいただくとして、簡単に言うと「英語を話せるようになるため」のトレーニングを専属コンサルタントがマンツーマンがしてくれるサービスです。

 

本気で英語を話せるようになりたいなら、そうしたスクールを選ぶべきです。

 

 

 

英語を話せるようになるスクールの特徴

英語が話せるようになるコーチング系の英会話スクール。それを基準にして、効果の出る英会話スクールにはどんな特徴があるのかまとめていきます。

 

結果が出ることを宣言してる

スクールを選ぶ時に最も注目すべきポイントがここ。結果を出すことを宣言しているかどうか。もはやこれが全てと言っても過言ではないですね。

 

普通の英会話スクールだと「英語で人生を変える」「英語で新たな一歩を」とかかなり曖昧なことが言われてます。電車の社内広告を見てると、手を替え品を替え頑張っているんだなといつも感心していますが(笑)。

 

結果を出す事に焦点を当てているスクールでは、そのようなまどろっこしいことは言いません。

 

後ほど紹介するスクールでは、「2ヶ月で英語力を飛躍的な上げます」「3ヶ月で英語圏で暮らせるレベルに」「1年で英語が身につきます」と普通に言ってますからね。

 

それほど彼らが提供しているサービスに自信があるということです。

 

実際に今ある英語コーチングスクール5社以上に伺ったことがありますが、どこのサービスも一流。「これ通ったら、そりゃ英語話せるようになるわ」と思わされます。

 

 

実際に結果を出している人がいる

ここも見るべきポイントの一つ。普通にホームページでも確認できます。卒業生の方の実績を確認しましょう。

 

サービスに自信があるスクールでは、多くの場合ちゃんと卒業生へのインタビューを行ってます。元々の英語力からどれほどレベルアップできたのかをしっかり見てください。

 

コーチング系の英会話スクールのほとんどでは、卒業生の結果を見ることができますよ。文章で英会話力を測るのは難しいですが、十分参考にはなるはず。

 

中にはTOEICスコアの推移も書かれていることがあります。すごいスクールだと2か月のコースで300点も爆上げした人もいますから、そうしたところもかなり参考になりますね。

 

気をつけるべき点は「聞いてるだけで英語力のアップを実感」などのレビューが書かれてるスクールや教材ですね。あれは絶対に選んではいけません(笑)。話せるようになるはずがありませんから。

 

 

教える講師の質が圧倒的に高い

これも当然の話ですが、英語力を効率的そして最短ルートであげるには、レベルの高い講師に教わることが必須です。

 

何事でもそうですよね。スポーツでも、音楽でも、ビジネスでも自分よりもレベルの高い人に教わることで圧倒的なスピードで成長することができます。

 

英語においてはこれが顕著なんじゃないかと僕は思います。教える側の英会話力は高ければ高いほどいい。TOEICスコアに関しても英会話と関係ないと言われたりしますが、高ければ高いほどいいに決まってます。

 

僕も留学していた時に、質の高い先生と出会ったから今の英語力(TOEIC875点、日常会話は余裕)を手に入れることができました。(ナイル先生という方です。どうでもいいですねw)

 

基本的に教える側以上の英語力は手に入りません。そして教える側の英語力が低ければ、教わる側の英語力もその程度になります。

 

これは僕の経験ですが、英語力の高い人ほどできない人の気持ちもよく理解しているし、その理由も理解しています。だからより適切な指導ができるわけです。

 

僕が実際に訪れたコーチング系の英会話スクールでは、TOEIC900点以上、海外勤務経験、海外大学留学経験のある方を雇っているところがほとんどでした。

 

そうしたスクールを選ぶべきですね。

 

 

専属トレーナー、コンサルタントがサポート

英語を話せるようになるには、専属トレーナーまたは専属コンサルタントによるマンツーマンサポートが必須です。

 

当然ながら生徒一人ひとりによって、苦手なポイントも強みも違います。リスニングが得意な人もいれば、リーディングが得意な人もいる。会話が全然できない人もいる。

 

なので一人一人の英語力をしっかりと分析した上で、カリキュラムを作成する必要があります。

 

逆にパーソナルなサポートがなければ、いくら数をこなしても空振りに終わります。なんとかラーニングという聴くだけで英語が話せるような教材があるらしいですが、まさに空振りの典型ですね。

 

大手英会話教室でもそう。そこで働いている人たちは、どんな生徒にも画一的なマニュアルカリキュラムを用意します。それ通りやると、当然ながら英語は話せるようになりません(笑)

 

「とりあえず風邪引いたらビタミン剤飲んでおけ」みたいなものです。確かに意味はありそうだけど、根本的な問題は全く解決されないわけです。

 

一方コーチング系の英会話スクールでは、専属トレーナーまたはコンサルタントがコースが始まる前に徹底的に生徒の英語力を分析します。その上で、最も効率的に英会話を習得できるカリキュラムを作成。

 

だから英語力が一気に上がるわけです。

 

 

こちら側の努力もかなり求められる

スクールでの学習だけでは、はっきり言って勉強時間が全く足りません。英語は毎日数時間勉強してやっと話せるようになります。

 

1年留学してもやっと日常会話レベルの英語ができるようになるわけですから、スクールに通った程度では到底無理。

 

なので質の高いスクールほど、多くの自主学習を求められる傾向にあります。僕が実際に行ったことのあるコーチング系の英会話スクールでは、普通に1日2、3時間の勉強時間が求められます。

 

多いところだと1年で1000時間の勉強時間を課せられるところもありますからね。1日換算にすると3時間くらい。ハードです(笑)。

 

でも英語を話せるようになるにはそのくらいの勉強量が必要なわけですから、当然。

 

聞いているだけで話せるようになると噂の、スーパーテクノロジー英語教材であるなんとかラーニングのように「聞いてるだけで話せるようになる」と言わないのは好感度が高いですよね。

 

 

スクール外でもサポートしてくれる

「お客様が英語を話せるようになるにはどうすればいいか」を必死に考えているスクールほど、サポートが充実しています。

 

一番わかりやすいのは”スクール外”でのサポートです。

 

コーチング系の英会話スクールでは、必ずスクール外でのサポートが付いています。

 

ただ自習をしろと言っても、やはり自分の知識や努力だけでは限界があります。質の高いスクールはそのことを十分に理解しています。

 

そのためLINEなどのツールを使って、専属トレーナーのサポートを受けられることができます。コース期間中は時間無制限でのサポートもありますからね。

 

自習中に見つかった小さな悩みから、効率的な勉強法をするにはどうすればいいのかなどの大きな質問まで、常に寄り添って答えてくれます。

 

これによって、独学による最大のデメリットである「間違った勉強法」も完全に避けられるわけです。なのでもはや英語力が上がるのは必然ですね。

 

 

 

質の高いスクールを選ぶ簡単な質問

ここまで細かいこと色々お話ししてきましたが、実は質の高い英会話スクールを選ぶ簡単な方法が一つあります。それは次の超シンプルな質問をすることです。

 

「私が英語を話せない原因って何ですかね?どうやったらできるようになりますか?」

 

これだけで完了。シンプルでしょ?

 

この時に具体的な話をしてくれれば、そこは質の高いスクールです。

 

例えば「あなたの英語力を分析した結果。基礎的な知識に関しては十分に備わっています。リーディングに関しては問題ないです。でもリスニングに大きな難があるようです。

それによって英語情報を処理し、英文を作るまでのプロセスに大きな障害が生まれています。だからうまく会話ができないわけです。ですので、短期間で英語力を上げるにはリスニングを強化するトレーニングが必要です。そのために…」

 

といったように英語ができない原因から、解決するための具体的なプロセスを提示してくれるスクールを選びましょう。

 

それ以外のところは、自分たちもどうやったら英語を話せるようになるのか、よくわかっていない可能性があるので、絶対避けましょう。

 

 

 

僕が大手英会話教室をお勧めしない理由

いよいよ来ました。僕が大手の英会話教室を選ぶべきではない理由。具体的な名前は出しませんが、テレビのCMでやってるようなとこです。その理由を書きますね。

 

講師の質

まずこれ!せっかくお金払って教えてもらうなら、英語のプロフェッショナルに教わりたいですよね。でも残念ながら、大手の教室に素晴らしい能力を持っている人が多いとは思えません。なぜかというと、そこまでの能力があれば他で働くからです。

 

 

英語学習のプロセスを理解していない

英語って話せるだけでは、指導できません。プロ野球選手の子供が全員プロ野球選手になれるわけじゃないように、ペラペラだからといって生徒をペラペラにできるわけじゃないってこと。

 

教えるためにはしっかりとその言語を理解する必要があります。日本語との違いを知っておくことも大切です。なのでネイティブの講師がいるからいい教室ってわけでもないんです。

 

 

具体的な期間と目標を設定しない

何をするにもそうですが、目的意識って大切です。それがないと途中でやる意味を見失ってしまったり、せっかくいいところまで来ているのに途中で投げ出したりしてしまいます。

 

しかも期間が決まってないのにお金を取られ続けられるってやばくないですか?結果がわからないのにお金をつぎ込むってギャンブルですよ。

 

もちろんコーチング系の英会話スクールでは2ヶ月、3ヶ月、1年といったように期間が設定されています。その間に英語を習得できるようなプランを作成します。だから話せるようになるわけです。

 

英会話スクールがほとんど無意味だと言わざるをえない理由は「英会話スクールは効果がなく無駄な理由」でも書いてます。

 

 

 

英語コーチングができるオススメ英会話スクール

大手の英会話教室をディスって、コーチング系がお勧めだと散々言ったので、オススメのスクールを紹介しようと思います。

 

PROGRIT

僕がめっちゃ押しているスクールです。マッキンゼーとリクルートの元社員さんの二人が立ち上げた会社らしいんですけど、そのネームバリューにやられてカウンセリングを受けに行きました。

 

実際内容はどうだったのかというと、凄かった。

 

カウンセリングをしていただいたのは山碕さん。創業者の一人です。英語という言語をよく理解されていましたね。

 

超わかりやすく「英語が話せない理由」を説明していただけて、終始納得しっぱなしだったのを覚えてます。

 

僕自身もまだまだ課題点はあると思ってたんですけど、それを明確にしてもらえた感じ。無料のカウンセリングだけでも、行く価値ありです。最近は知名度も上がり受講生が増えているので、早めにカウンセリングだけでも受けておいたほうがいいですよ。

 

交通アクセス

【東京】:新橋、池袋、神田、新宿、横浜

 

≫公式サイト:【PROGRIT】

≫詳細記事:「無駄な勉強する前にPROGRITに行こうぜ

 

 

トライズ

トライズは、1年という期間で英語力を上げる事を目的としています。

 

効率的な勉強もさることながら、圧倒的な勉強時間を売りにしてます。1年で1000時間の勉強時間だそう。これなら才能とか一切関係なく伸びますね(笑)。

 

ただトライズが違うのが、専属コンサルタントが僕らの英語力をしっかりと分析した上で、効率的な学習プランを設計してくれる点。指導も完全プライベートで、スクール外でもチャットツールを用いてサポートします。「質」と「量」のどちらも兼ね備えられたスクール。

 

多くの人が結果を出している要因はそこにあります。

 

実際にトライズで話を聞いたことがありますが、やはり専属コンサルの質が非常に高かった。TOEIC875点の僕でも、英語力を上げるための新しい糸口が見つかりましたからね。僕の時は日本人女性のコンサルで、日本にいながらして英語を習得した方らしいですが、明らかに留学経験のある僕より英語力は高かったです…。

 

大手英会話スクールのように週一回40分の授業では29年の歳月がかかることになりますが、トライズでは1年でそれが可能になるってことです。時間をかけて確実に英語力を上げたい人にオススメ。

 

交通アクセス

【東京】:新宿、六本木、赤坂、秋葉原、田町、三田、銀座、横浜

 

≫公式サイト:【30日間返金保証】トライズなら1年で英語が身につく3つの理由

≫詳細記事:「1000時間の学習時間で確実に使える英語を身につけるトライズ

 

 

RIZAP ENGLISH

結果にコミットすることでおなじみのライザップの英語版です。こちらもカウンセリングを受けてきました。大きな会社ということもあって、オフィスが綺麗でした。そしてなんかいい香りがした(笑)

 

肝心のカウンセリングはというと、よかったです。僕は会話力が日常会話レベル程度で、ちょうど伸び悩んでいたんですけど、カウンセリングで結構的確なアドバイスがもらえましたね。今後より効果的な学習ができると思いました。

 

やっぱりRIZAP ENGLISHは講師の質の高さがポイント。採用されている方は全員「TOEIC800点以上」「海外経験のある」方のみだそうで、そんな方々からアドバイスをもらえるスクールってあんまりないと思います。

 

普通の英会話スクールだと、求人でTOEIC700点以上と設定されていたりします。そんなところとは大違いですね。

 

交通アクセス

【東京】:池袋、新宿、銀座、新宿御苑

 

≫公式サイト:RIZAP ENGLISH

≫詳細記事:あのライザップが始めた英会話スクールに行った感想

 

 

 

最後に:とにかく行動

英会話スクールの選び方を紹介しました。

 

語学を身につけるには、いかにインプット量とアウトプット量を増やせるか重要。すべてこれにかかってます。才能とか一切関係ありませんから。

 

ただ、闇雲にやっても勉強法が間違っていると一向に効果は出ません。1年、2年と勉強した後に何も残らないとか最悪ですよね。

 

なのでちゃんとした英会話スクールを選ぶことが大切。先ほど紹介したPROGRITでは無料カウンセリングでもかなり有益な情報が得られるので、それだけでも行ってみることをオススメします。

 

トライズは、1年かけて確実に英語を話せるようになりたい人にオススメです。僕自身トライズに行ったことがありますが、コンサルタントさんの質、カリキュラムの質ともに都内で間違いなく最高レベルです。

 

正しいスクールを選んだ上で、正しい努力をしましょう。

 

≫公式サイト:【PROGRIT】

≫公式サイト:【30日間返金保証】トライズなら1年で英語が身につく3つの理由

 

≫参考記事:東京で絶対におすすめできる英会話スクールのみ6つご紹介

\\School Ranking//



Pocket

You may also like