【大きな声で言えない】英会話スクールは効果がなく無駄な理由


将来のために今のうちに英会話を学んでおこうかな。東京オリンピックも控えているから今後絶対に英語が話せれば、いろんな面で有利になれる。

 

こう考えて英会話スクールに通ってみようかなと考えている方も多いのではないでしょうか?それ自体は前向きな行動で、素晴らしいことだと思いますし、何もしないよりも絶対にマシだと思います。

 

ただ、一つだけ知っておいて欲しい圧倒的現実があります。

 

「英会話スクールに通っても効果がない」

 

つまり英会話教室に通ったところで、英語をペラペラに話せるようにはならないということ。

 

コーチング系英会話スクールの秘密」で紹介していますが、もちろん中にはという結果主義、つまり英語が話せるようになるスクールも存在します。

 

ただほとんどのスクールはそうではない。その辺の英会話教室に通う前に、この記事を読んでください。

 

 

 

ほとんどの英会話スクールは効果がない

英会話スクールに通ったところで、英語を話せるようにならないってどういうこと?じゃあそこらにある英会話スクールはなんなんだよ?と思いますよね。

 

残念ながら全くその通りです。完全に無意味とは言いませんが、ほとんどのスクールは、通ってもペラペラになるのは難しいです。おそらく、英会話教室があっても無くても、日本の英語力は全く変わりません。

 

消えたらせいぜい外国人の雇用が減るだけでしょう。

 

なんで効果がないのか?具体的な理由は後に回すとして、まず日本の現状を見てみましょう。

 

全国には企業が運営する英会話スクールから、個人で経営しているスクールまで大量にあります。まるでコンビニみたいに(笑)。

 

それらの会社が潰れないということは、それだけ多くのお客さんがいるということ。あなたの周りの友人や会社の仲間も通った経験があるはず。

 

現実的な話、周りに英語を話せる人ってどれだけいますか?

 

外国人の友達を引き連れて日本を案内してみたり、駅で道に迷っている外国人さんに道案内をしてあげたり。ほとんどいませんよね?日常英会話もできない方がほとんどだと思います。

 

これが実情。効果がないことの何よりの証明。

 

日本に数百店舗も英会話教室があるのにもかかわらず、日本の英語力は世界的に見ても底辺です。

 

これおかしいですよね。外国に行ってみると分かりますが、こんなコンビニみたいに英会話スクールが立ち並んでる国なんてないですよ(笑)

 

 

 

スクールに通っても話せるようにならない理由

具体的に、なんでそこらへんの英会話スクールに通っても効果が出ないのか?それは、英語を話せるようになるためのプロセスも考えられていない、勉強量も圧倒的に足りていないからです。

 

ネイティブと話しているだけではダメ

通常英会話スクールではネイティブが講師の場合が多いと思うんですけど、実はネイティブと話したからって英語は上達するわけではありません。むしろ英語力の伸びは遅くなるかもしれません。

 

英語の習得ってそんな簡単なもんじゃないんですよね。単語をたくさん覚えて、文法も理解して、発音もトレーニングして、やっと口から英語が出るようになる。

 

あらゆる能力が超複雑に混ざり合って、英語力は出来上がっています。

 

なので、いきなりネイティブ講師と「お話し」をしても、初心者にはレベルが高すぎるので効率が悪いんですよ。

 

まずは自分の英語力をしっかりと分析して、自分の弱点はどこなのか。どこをトレーニングするべきなのか理解した上で、学習するから効果が出るわけです。

 

本格的に英語を学びたいのであれば、日本人講師の方が良かったりします。全く話せない状態から、自分の力で英語をマスターした人は、英語を話せるようになるプロセスを理解しているからです。

 

ネイティブ講師には英語を体系的に学んだ経験がないので、本質的に学習方法を教えることができないんですよ。だって僕ら日本人もどうやって日本語を勉強したかなんて知りませんもんね(笑)。(もちろんネイティブ講師に学ぶ良さもあります)

 

 

 

英語習得には詰め込みが必要

英会話教室の授業はせいぜい週に1回〜2回程度です。「日本の義務教育は詰め込み学習だ」なんてことが言われますから、そういう面ではいいのかもしれません。

 

でも残念なことに、英語を習得するには詰め込み学習が必須です。

 

会話に必要な単語、文法、イディオムはとりあえず頭に詰め込むべきだと僕は考えています。

 

英語って一つの文章を作るのに膨大な情報が必要なんですよ。一つの単語、一つの文法を知ってたからって文章が作れるわけじゃない。基礎知識が頭の中に入ってるのを前提として、どう組み合わせるかが重要なんです。

 

例えばこのような文章があるとします。

 

「I’ve been studying English since I graduated from high school.」

 

一見簡単な文章に見えますが、実に多くの情報が含まれてます。文法は現在完了、つなぎのsince、studyは自動詞、graduateは他動詞。

 

こんな簡単な文章を作るのにも大量の知識が必要だということです。さらに状況によって、最適な解答が常に変わるので、数学みたいに一つの答えがあるわけではない。

 

だから面白いことに、学校のテストみたいに丸暗記というのは全く無意味なんですよ(笑)

 

英会話教室では通うのは週に1回〜2回程度ですが、本当にそれだけで効果があるのでしょうかね?

 

 

 

自発的でない勉強は無意味

これって英語学習以外にも言えることなんですけど、自分で「成長しよう」「達成してやる」「好きだからやる」という意思がないと何をやっても無駄になってしまうんですよね。

 

英会話教室のシステムってどうしても受け身になります。週に1回〜2回のレッスンで満足してもらうわけですから、講師はとにかく”模範解答”を教えます。

 

「日本語のこの表現は英語ではこう」「この質問が来たら、こう答える」

 

この指導法で習うと、その場では知ってる表現が増えてる感覚に陥ります。でもこれだと先ほども言った通り、英語では丸暗記というのはほとんど通用しないので、この学習法の効果は薄い。少なくとも本物の英語力ではないですね。

 

最近人気のコーチング系英会話スクールの秘密」で紹介していますが、中には自発的な勉強をサポートしてくれる「コーチング系英会話スクール」というのが存在します。

 

通うのであれば、そうしたスクールを選ぶべきです。

 

 

 

普通の英会話スクールで得られる効果

ここまで散々英会話スクールは効果がないと言ってきたわけですが、ディスりまくるのも申し訳ないので、英会話スクールに通うメリットを紹介したいと思います。僕も目的によっては全然ありだと思うので。

 

ズバリこの3つ

  1. 初心者の方が英語に慣れる
  2. 外国人に慣れる
  3. ボキャブラリーが増える

 

最大のメリットは、英語に慣れることができることだと思います。日本もグローバル化が進んでいますが、英語を使う機会なんてほとんどないですよね。外国人に会う機会もないと。

 

スクールに通えば、初心者の方に優しいレッスンを受けることができますし、日本語を話せる講師の方も多いのでリラックスしてレッスンを受けられます。

 

さらに外国人の方がレッスンをしていることも多いので、外国人に慣れることが可能。街中で突然話しかけられても、テンパることがなくなると思います。

 

あとスクールに通えば、独学ほどではないでしょうが、ボキャブラリーが増えるので英語力のボトムアップになります。

 

以上が僕の考える英会話スクールの効果です。本気で英語を習得しようとは思ってないけど、これから一歩踏み出してみようかなと考えている方には全然ありだと思います。

 

 

 

最後に:英会話スクールに期待しちゃダメ

「英会話スクールは効果がなく無駄な理由」をここまで書いていきました。多分、こんなことを書かなくても多くの人が気づいているはずですし、この記事を読まれているということは、理解しているからだと思います。

 

ただし、僕はすべての英会話スクールを否定しているわけではありません。人それぞれ利用目的がありますから、それによっては全然ありだと思います。英語初心者の方で、まずは英語に慣れたいとか、外国人に慣れたいとかですね。

 

あと先ほども書きましたが、一番大切なことは自分の努力です。それさえあればどんなスクールを選んでも、英語を話せるようになります。実際留学経験も海外への渡航経験もないのに英語をペラペラに話せる日本人はたくさんいますから。

 

逆に、全て他人任せで「とりあえず通ってればできるようになるでしょ」と考えている人は、いつまでたっても何にも変わりません。たとえ良い英会話スクールに通っても無意味になってしまいます。

 

自分の努力が一番大切です。その上で質の高い英会話スクールに通いましょう。

 

≫参考記事:最近流行りの英語コーチングとは?英会話を短期間で習得できる秘密

\\School Ranking//



Pocket

You may also like