英語を話せれば人材価値が激増。海外に行けば年収3倍?【三木雄信氏インタビュー・後編】


英語を勉強しなきゃいけないのは分かっちゃいるけど、英語が話せて具体的にどんなメリットがあるかイメージできない人って意外と多いのでは?

 

実は僕も昔はそんな感じでした。海外に留学した理由も「ただ海外で生活したい。あと英語を話せたらカッコ良くない?」という超適当なものでしたからね(笑)

 

そこで今回はある方に「英語を学ぶメリット」を聞いてきました。

 

都内でも最高レベルのサービスを提供している、コーチング系英会話スクール「トライズ」の代表・三木雄信さんです。(詳しいサービスはこちら

 

元ソフトバンク社長室長で、孫正義さんの側近で働かれていた方。多くのビジネス書を出版されてるので、もしかしたらご存知の方も多いかもしれませんね。

 

実はこの記事、前回インタビュー「AI時代における英語の必要性【三木雄信氏インタビュー・前編】」の続きになるのですが、今回もとっても貴重なお話を聞けました。ズバリ内容は

 

「日本は安く買い叩かれてる?海外に行けば年収は3倍に?」です。

 

ぜひ最後まで読んでいってください。

 

「三木雄信」さんのプロフィール

トライオン株式会社代表取締役社長。ジャパン・フラッグシップ・プロジェクト株式会社代表取締役社長。東京大学経済学部卒業後、三菱地所に入社。その後ソフトバンクに入社し、社長室長を務める。「孫社長にたたきこまれた すごい「数値化」仕事術」など数多くのビジネス書を出版している。

 

≫公式サイト:トライズ

 

 

 

前回インタビューのざっくりまとめ

この記事から読まれる方のために、前回インタビュー「AI時代における英語の必要性【三木雄信氏インタビュー・前編】」のまとめです。

  • 知的資源が英語に集中する
  • 英語が標準化された世界では翻訳機は使い物にならない
  • 英語が必要な時は、いきなり来る
  • 英語ができないと会社はコントロール不能に陥る
  • 実は新卒でも、こっそり英語を話せる人を採用してる

 

ざっくり言うと、どんなに人工知能が発達して翻訳機の性能が上がろうと、英語の必要はなくならない。むしろ英語が標準化されることで、よりその必要性は増していくということ。

 

というかすでに英語の必要性に多くの企業が迫られていて、大企業ほど体育会系の人間よりも英語が話せる新卒をこっそり採用しているとのことでした。

 

それではここからインタビュー後半のスタートです。

 

 

 

海外に行けば収入は3倍になる?

【マサト】:前回のインタビューでは、トップだけが英語が話せればいいわけではなく、一般社員も普通に英語を話せなければならない時代にすでに突入し、新卒採用でも主要な会社では英語を話せる人をこっそり採用しているとお話していただきました。

 

前回インタビューは会社全体のレベルでの話でしたが、今回は個人レベルでのお話をお聞かせいただければと思います。ズバリ、英語を話せることで個人にはどんなメリットがあるとお考えですか?

 

【三木】:収入面のメリットでのメリットはもちろんあります。例えば転職において。日本人は英語が話せて、海外で仕事をすることができれば収入は一気に上がります。

 

例えばうち(トライズ)に来るドクターの方。英語を話せると売上が3倍になるそうです。

 

また超一流外資系IT企業に勤められてる方もたくさん来られてるのですが、そうした企業では世界公募があります。日本国内で働いていても、アメリカ本社のポディションが空いたら公募で申し込むことができます。

 

面接など様々なプロセスの後、一旦日本での契約を切ってからアメリカで再契約。そうすると、給料3倍になるんですよ。

 

なぜかと言うと、アメリカではプログラマーが2000万円くらいもらえるから。

 

【補足】

シリコンバレーではプログラマーの平均年収が1,263万円とも言われています。↓

また超大手企業では年収25万ドル(2500万円)になるとも言われています。↓

 

 

 

日本人は安く買い叩かれてる?

【マサト】えっ!?アメリカだとプログラマーってそんなにもらえるんですか?日本では「IT土方」なんか言われたりして、下請けの下請けで使い捨てのような扱いを受けていると聞きますが…。

 

【三木】:そうそう3K労働みたいな。ひどいですよね?だからアメリカに行ったほうがいいですよ。スキルがあって英語話せたら年収2000万とかになるわけですから。

 

あとパイロットもそう。日本の航空会社で国内線を飛んでると給料がいまいちだけど、海外のエアラインに転職したらやはり給料は3倍。基本3倍ですよ?

 

だからGoodbye Japan(当ブログ名)はある意味正しくて、日本で何かプロフェッショナルな仕事をしていて能力のある人は、英語を習得して海外に行ったほうがいい。

 

 

【マサト】:日本人の給料ってなぜそこまで低いのでしょうか…?

 

【三木】:日本の給料がここまで低いのかというと理由は単純。ここ数十年のデフレ経済で、20年、30年近く経済が成長してないわけですね。

 

例えば6%成長すると、GDPは12年で倍になります。人口が変わらなければ、個人の収入が倍になると。

 

そういう意味では中国では6〜7%成長をこの20年くらい続けてるから、4倍近くになっています。その間に日本はずっと停滞していた。

 

海外では3%とかで成長してるわけですよね。3%でも24年で約2倍です。

 

日本だけ個人の所得もずっと伸び悩んでて、個人の一人当たりのGDPもずっと伸び悩んでいるから、気がつくとこの20年、30年のバブル崩壊以降の間に給料が著しく安くなっているんですよ。

 

日本人は安く買い叩かれてる。日本語という壁によって。

 

≫公式サイト:トライズ

 

 

 

「俺には英語は必要ない」は通用しない

【マサト】:転職ばかりでなく働いている会社でのキャリア・アップの人はいないのですか?

 

【三木】:実際は転職する人よりも会社でのキャリア・アップを狙う人の方が多いですね。例えば、あるメーカー受講生の人は、営業職だったのですですが、いまは、本社の英語人材を採用するグローバル採用の担当者として国内外を飛び回って活躍してしていますね。

 

 

【マサト】:そういう人は若い人が多いのですか?

 

【三木】:TORAIZの受講生は30代から40代の人が多いですね。

 

多くは実務でも必要だし、さらなるキャリア・アップにも必要だという人です。大手IT企業や外資系企業では、昇進に必要という会社は昔からありましたが、最近では日本の伝統的大企業でも役員候補者の幹部研修でも、英語での研修が増えています。

 

これは、幹部に外国人を登用することが増えてきていることもあり、日本語と英語の2パターンの研修をやることが合理的でなくなってきているからですね。

 

 

【マサト】:若い人はやらなくてもいいのでしょうか?

 

【三木】実は日本の伝統的大企業でも最近は、新卒採用でも英語が話せる人材ばかり採用する傾向にあります。本当は、明示したら良いのですが企業も騒がれるのが嫌でこっそりやっているんですね。

 

ですから、若い人でも周りを見渡すと話せる同期がたくさんいるはずです。若い人こそ英語なしでは人材としての標準レベルには達していないという状況ではないでしょうか?

 

 

【マサト】:結局、転職しない人も英語は誰もが必要ということですね。

 

【三木】:そうです。日本企業も生き残りのためにグローバル化をここ数年で進めています。海外売り上げが過半な事例や、買収した海外の子会社の売り上げが日本国内売り上げ良い大きい事例は増えています。

 

もはや、管理部門だから国内担当だからと英会話から逃げ切れる時代ではないということですね。

 

 

【マサト】:今日は貴重なお話ありがとうございました。僕も英語学習を続け今後は日本だけではなく、海外に軸足を置いて生きているけるようにしたいと思います。

 

【三木】:こちらこそありがとうございました。

 

 

 

最後に:英語で日本そしてあなたの未来が切り開かれる

ヤバくないですか?本当に貴重な話が聞けました。もはや有料級。

 

インタビューしてて常に「めっちゃ勉強になるな〜」と思ってましたからね。

 

経営者の方って立場上、あまり踏み込んだ話はできないのかなと思っていたんですが、包み隠さずお話ししていただけました。実は踏み込みすぎて、このインタビューでは書けないようなことまでね(笑)。(多少言い回しも変えてますw)

 

僕は「日本が悪い国だ」「日本から逃げたしたほうがいい」とは思ってません。(Goodbye Japanというブログ名を付けといて何ですけど。笑)

 

かといって、このまま日本にいても、日本がよりよい国になるとは思えないですよね。

 

日本って歴史を見ると、いつの時代も良くも悪くも外圧によって変わってきた国。なので今の日本人も、幕末の志士のようにどんどん海外に出て、外から日本を変えていった方がいいのかなと思う今日この頃です。

 

もちろんそれは海外で就職するということだけでなく、日本の企業に就職して海外進出に尽力することも含まれます。

 

まずはとにかく英語ですね!

 

今回インタビューさせていただいた三木さんが代表を務めるトライズは、ここ数年で急速に成長しているコーチング系の英会話スクールです。特徴は1年かけて確実に英語力をあげられる点。

 

ホームページには「英語が全く話せなくても、トライズなら1年で英語が身につきます。」と普通に書かれてますからね。それほどサービスに自信があるということですね。

 

実際僕はここトライズに行ったことがありますが、本当に素晴らしいスクールです。外資系企業社員、医師、パイロットなど多くの、英語を必要とする職業の方に支持されているのもうなずけます。

 

中途半端にではなく、本当に英語が必要で、確実に英語力を身につけたいならトライズをオススメします。

 

≫公式サイト:トライズ

≫インタビュー前編:「AI時代における英語の必要性【三木雄信氏インタビュー・前編】

≫関連記事:「トライズなら1年で自由に英会話できるレベルに【実際に行った僕が教えます】

\\School Ranking//



Pocket

You may also like