ライザップイングリッシュ「TOEICコース」の全貌を明らかに【店舗画像あり】


ライザップといえば、太った芸能人が短期間で痩せましたというCMで有名ですよね。そんな彼らが最近スタートさせた新たなサービスが「ライザップイングリッシュ」。電車の広告でも最近見ることが増えたので知っている人も多いですよね。

 

実は僕も電車の広告を見て気になった一人です(笑)。

 

だって2ヶ月で200点もスコアが上がる的なことが書いてあるんですよ。絶対怪しい。

 

実は僕、留学経験もあり、そのおかげでTOEICも875点を取れているので、「そんなまさかぁ〜」と思って実際に無料カウンセリングを受けに行きました。

 

そしたらちゃんとしているところでした(笑)。疑ってごめんなさいって感じ。というかむしろ他のTOEICを教えている英会話スクールと比べ物にならないくらい良いと思いました。

 

今日はそんなRAZAP ENGLISHのTOEICコースの全貌をお話しします。

 

(実際にカウンセリング受けた感想は、記事の後半に書いてるので、それだけ読みたい人は目次から飛んでください)

 

 

 

ライザップイングリッシュって何?

「ライザップイングリッシュってどんな英語スクール?」と気になりますよね。

 

簡単に言うと専属のコーチが付いて、生徒一人ひとりに合ったオリジナルカリキュラムを作成して、最短ルートで英語力を飛躍的に伸ばしてくれるサービスです。そして「結果にコミットする」点です。

 

「結果にコミットする」というとネタみたいに聞こえちゃんですけど、これが結構大切。

 

今までの英会話スクールって、正直言うと生徒さんの英語力を伸ばす気が全くなかったじゃないですか?ただ週に1、2回スクールに通わせて、満足させてあげるだけのサービスみたいな。

 

「それじゃダメでしょ」ってことでこの業界に切り込んできたのがライザップです。

 

ライザップイングリッシュには英会話を鍛えるためのコースとTOEICスコアをひたすら延ばすコースがあるんですけど、TOEICコースでは2ヶ月で目的とするスコアまで引き上げてくれます。

 

≫公式サイト:RIZAP ENGLISH

 

 

 

ライザップのTOEICコース

TOEICは日本では受験、就活、昇進、海外出張など様々な場面で有利に働く資格です。そのため多くの人が高得点をとって資格として使いたいと思っています。最近では英検よりもこっちを目指している人が多いですもんね。

 

その影響からか本屋さんに行けば、TOEIC関連の参考書が山のように積まれています。正直どれを選べばいいんだよって感じですよね(笑)。(ちなみに僕は公式問題集しか買ったことがありません。)

 

でも本屋に並んでいる参考書の量と反比例するかのように、日本人のスコアは低いままです。

 

なんででしょうね?僕が考えるに理由は3つ。「TOEICというテストを理解していない」「間違った勉強法をしている」「勉強時間が足りない」です。

 

ライザップイングリッシュではこの辺のことを、すべてカバーしてくれています。だから短期間でスコアが200点とか上がるわけです。

 

TOEICコースは次のような流れで進みます。

 

無料カウンセリング

単語、文法、リスニング、処理能力、反応速度を分析

完全オーダーメイド学習プログラム作成

トレーニング&トレーニング&トレーニング

 

TOEICコースに必要な費用に関しては「ライザップTOEICコースに必要な費用」を合わせて読んでみてください。

 

≫公式サイト:RIZAP ENGLISH

 

 

 

ライザップでTOEICを学ぶメリット

完全オーダーメイドのカリキュラムだから意味がある

ライザップのTOEICコースではまず最初にカウンセリングで、詳細な英語レベルを確認します。「単語」「文法」「リスニング」「処理能力」「反応速度」などを徹底的に分析するわけです。

 

これが実はすごく大切。なぜかというとTOEICって意外と簡単なテストなんですけど、間違った勉強法をしているといつまで経ってもできるようになりません。

 

例えば、文法力が弱いのに、ただがむしゃらに公式問題集を解き続けても高得点を取れるようになるわけがありませんよね。だって基礎ができてないから。

 

高得点を取るためには、自分の弱点をしっかり分析して、それを強化していく必要があります。ライザップではTOEIC900点以上を保有しているハイレベルな専属コーチが、英語力を徹底的に分析して弱点を探り出します。

 

その上で、目標のスコアを取るための完全オリジナルカリキュラムを作成します。

 

例えば、リスニング力を向上させる場合。生徒の弱点が「ボキャブラリーが少ない」からリスニングができないのか、「文法が理解できていない」からなのか、「そもそも耳が英語に慣れていないから」なのかによって違ったアプローチをする必要があります。

 

これをライザップは生徒一人一人を分析して勉強法を作っていくので、結果が出るんですよ。

 

なのでどこのTOEICスクールで勉強するよりも、独学で勉強するよりも飛躍的にスコアが上がるわけです。

 

英語の勉強ってスポーツと同じで、すでに結果を出している人から教わる方が圧倒的に早く成長できるんですよ。得点を取れていない人はTOEICをよく理解していませんが、すでに結果を出している人は完全に熟知しています。

 

だったらその人から教わった方が早いですよね。

 

≫公式サイト:RIZAP ENGLISH

 

 

学習タスクを管理してくれる

TOEICでハイスコアが取れない理由として、「TOEICというテストを理解していない」「間違った勉強法をしている」「勉強時間が足りない」をあげました。

 

特に「間違った勉強法をしている」の次に、僕が最大の原因だと思うのが「勉強時間が足りない」です。

 

僕も一応TOEIC875点を持っているので、割と英語はできる方だと思うんですけど、やっぱり高得点をとれた要因はとにかく勉強したからだと思うんですよね。

 

僕って元々机に向かった勉強が得意な方ではありませんし、IQも特段高い方ではないです。それでも900点近くを取れているのは、単純に大量の時間を投資したから。それだけです。でなければ僕は天才なわけですが、自分で言うのもなんですが、残念ながら天才ではありません(笑)。

 

でも勉強時間を確保するのってすごく難しいですよね。特に仕事をしている人なんてかなりキツイ。時間があったとしても疲れているだろうし、他にもやらなければいけないことがたくさんあるはず。

 

ライザップでは学習タスクも管理してくれます。結果を出すためにはどれほどの学習量が必要なのかを逆算しながら日々の学習量を調整してくれます。しかもスコアが上がるように最適化されている勉強法なので結果が圧倒的に出やすい。

 

これはライザップに限った話ではないですけど、スクールに通うことによって一種の強制力が働きます。「勉強するのが嫌でもお金を払ってるから、元を取らないと」とか「コーチの人に怒られる」とかね。

 

もちろん怒られることはありませんが、外的な強制力って自分で意識を高めるより楽なんですよ。

 

 

 

独自の学習メソッド「高速レスポンス特化型トレーニング」がヤバい

僕がライザップいいなと思う一番の理由は、ライザップイングリッシュ独自の学習メソッドにあります。「高速レスポンス特化型トレーニング」というものなんですが、これめちゃくちゃ効果があります。

 

このメソッドを簡単に説明すると、トレーナーさんが出す問題や質問に対して、高速で回答するというもの。読んで字のごとくって感じですね(笑)。

 

これ実際にやってみると分かりますが、かなり脳が疲れます。今まで使ったことがない神経が一気に解放される感じ。トレーニング中は集中してるので感じませんが、トレーニング終了後にどっと疲れがきます。最初に言っておくとかなりきついです。そのぶん効果は絶大。

 

なぜこのトレーニングをするのか?目的は「英語を英語のまま理解し、使えるように」するためです。本当に高速なので、全く日本語で考える暇がありません。だからやってると、「英語→英語」の変換が自然とできるようになってくるんですよ。

 

TOEICは正しい英語力を図るテストやなんやと言われますが、結局は情報処理能力を図るテストです。いかに早く問題を読み解けるか図るテスト。問題自体は実はそこまで難しくありません。

 

だからスコアを上げたいなら、英語を英語のまま理解して、使えるようにするのが最短ルートなんです。

 

ライザップイングリッシュの「高速レスポンス特化型トレーニング」ではそれができます。

 

実はライザップに行く前にも、僕は海外で「カランメソッド」というものを数カ月やってました。「高速レスポンス特化型トレーニング」の別名みたいなものです。実際のトレーニングはこんな感じ↓

はっきり言って、今僕が英語が話せるのは90%、この時のトレーニングのおかげだと思っています。ほぼ何も勉強せずにTOEIC875点を取れたのも、このトレーニングのおかげです。それくらい効果があるトレーニングなんです。

 

カランメソッドの詳細は「カランメソッドは、英語へのパターン認識と処理スピードを速める」に書かれています。

 

上の動画では、オンライン英会話でカランメソッドが行われています。ただし僕はオンラインではなく、人と面と向かってこのトレーニングをするべきだと思います。

 

カランメソッドは、講師の生の声、口の動きを真似することで効果を発揮するから。そして講師のフィードバックを対面ですぐに受け取れるからこそ意味があるんです。

 

そして何よりカランメソッドをやったからといって、TOEICスコアが上がるわけではありません。このメソッドはあくまでツールにしか過ぎず、TOEICスコアを短期間で伸ばすには総合的なアプローチが必要になります。

 

≫公式サイト:RIZAP ENGLISH

 

 

モチベーション管理をしてくれる

何かで結果を出すために最も簡単なことって何だと思いますか?それは”続けること”です。むしろこれさえできれば、間違った勉強法をしていても必ず成功することができます。

 

なぜなら人間は成長する生き物だからです。間違えれば必ず後悔しますし、そこから原因を探し出します。そして次は失敗しないように努めます。また失敗しても次は成功するようにしますよね、自然と。

 

だからTOEICに関しても、続ければ必ず結果は出ます。

 

でもほとんどの人は結果が出る前に辞めてしまいます。それは「結果が出るかどうかわからない」「費やした時間は無駄なんじゃないだろうか」と自分がしてきたことを疑い始めるからです。

 

なぜ疑ってしまうのだと思いますか?それは今さっき言った通り「結果が出るかどうかわからない」からです。そして「成長しているのかどうかわからない」からです。これが独学で勉強することの唯一にして最大の弱点なんですよ。

 

ライザップイングリッシュではもちろんこの辺のことも理解しているので、続けるためのノウハウがあります。専属トレーナーから日々の達成情報を聞き、適切なアドバイスがもらえるので、目に見えない成長を常に確認することができます。

 

なので「結果が出るかどうかわからない」という状況に陥ることなく、どんどん前へと進んでいけるのです。

 

 

ダメだと思ったら途中でやめてオッケー

ライザップイングリッシュでは、コースのスタートから30日間であれば無条件で全額返金保障をしてくれます。TOEICコースの途中で、「これ続けてもスコア上がらないでしょ。自分でやった方が早いわ。」と思ったらすぐに辞めて、いつでもお金を返してもらえるんです。

 

これめっちゃいい仕組みですよね。スーパーで試食だけして帰る的な感じです(笑)。味が気に入らなければやめればいいんですよ。

 

≫公式サイト:RIZAP ENGLISH

 

 

 

無料カウンセリングを受けてみて思った

記事の冒頭で、無料カウンセリングを受けたと書きました。実際に池袋のスクールに行ってきました。感想はというと、すごくいい匂いがしました。

 

爽やかなシトラス系と言いいますか、かなりプロフェッショナルな匂い。あ、エールフランスの機内と同じ匂いがしました。全く英語と関係ないんですけど、これだけは言いたかったんです(笑)。

 

肝心のカウンセリングも、匂いに負けず劣らず良かったです。

 

まず簡単なアンケートに答えて、その後にライザップのコーチの方とお話ししたり、テストをして英語力を分析されます。

 

このテストが結構ハードでしたね。先ほどお話しした「高速レスポンス特化型トレーニング」と同じ形式でテストされます。トレーナーさんが言う質問に対して数秒以内に答えるというもの。

 

最初の方は割と楽だったんですけど、後半になると問題が難しいし、早いしで脳みそが爆発しそうになりました(笑)。

 

英語力の分析後はその結果をもとに、今後どのようなトレーニングをしていくかを設計してもらいました。これが超的確。

 

僕は海外に留学してたので、ある程度は英語はできるんできます。ただ苦手な部分もまだまだまだあります。自分でも少しは気づいてますけど、今回のカウンセリングで浮き彫りにされた感じですね。

 

具体的に言うと、基礎知識はかなり高いレベルで備わってるけど、それを上手く使えてないと指摘されました。

 

それを解消するための具体的な解決策も提示していただいて、もうね、無料のカウンセリングが充実しすぎて、それだけで完全に満足しちゃいました(笑)。

 

≫公式サイト:RIZAP ENGLISH

 

 

 

最後に:とっととTOEIC800点取ろう

「ライザップいい感じですよ〜」って記事だったわけですけど、僕がその他言いたいことは、とっととTOEICで高得点をとっちゃいましょうということです。

 

だって、今って英語ができるだけで色々得をするじゃないですか?就活はもちろん、仕事でもTOEICでハイスコアを持っているだけで給料が上がったりするわけじゃないですか。これってチャンスすぎますよね。

 

海外だと英語はできて当たり前です。都市部に働いている人なら、おじいちゃんおばあちゃんでも流暢に話したりしますからね。よくアジアの国に遊びに行きますけど、タイのような国でも日本人より英語ができます。

 

TOEICのスコアが高いだけで評価される日本ってかなりゆるいんですよ。だから今のうちに英語力を高めて、色々と甘い蜜を吸っておいた方がいいですよ(笑)。

 

そして将来、よりグローバル化が進んだり、日本の国力が弱まった時に1つの武器とできるように英語力を高めておくべきです。

 

≫公式サイト:RIZAP ENGLISH

 

 

その他短期間でスコアを上げられるスクールは「短期間でTOEICスコアを200点あげられるスクール3選」で紹介してます。

\\School Ranking//



Pocket

コメントを残す

英会話スクール、TOEIC・英語学習に関する質問はこちらからお気軽にどうぞ。

名前の入力は必須になります。ニックネームでも大丈夫ですのでご記入ください。

コメントは24時間以内に承認、または返信いたします。

You may also like