TOEICが高得点でも英会話ができない理由【本物の英語を手に入れよう】


今の日本で最も知名度が高く、武器となる資格といえばTOEICです。

 

僕も就職活動の時は資格の欄に「自動車運転免許」「書道2段」「TOEIC875点」と書いてましたけど、TOEICの事だけは毎回のように聞かれましたから、企業も英語ができる人が欲しいんだなと思った記憶があります。

 

でも皆さんご存知の通り、本当の英語力を測れるテストではありません。ましてTOEICを勉強したからって、英会話力が伸びることはありません。

 

その理由をアイルランドに1年留学していた僕がお話しします。

 

 

TOEICと英会話は完全に別

By: martinak15
By: martinak15

高得点を持っている人なら、いくら点数が高くても英会話力が身につかないことは身にしみて知っていると思います。

 

でも英語を勉強し始めた方にとってはTOEIC800点や900点は遠く及ばない存在のように見えますから、そのくらいの点数であれば、英語が難なく話せるんじゃないのと考えますよね。

 

でも高得点を取ってみると分かりますが、TOEIC800点は以外と簡単。その割に英会話力はほとんど比例しません。

 

TOEICの点数が高い方が、語彙力、文法力が高いから、少しは英語力高いんじゃないかと思われがちですけど、そんなことないですね。なぜかというと語彙と文法を使う能力、つまり英会話力が皆無だからです。

 

楽譜とギターは持ってるけど、練習せずテクニックがないから全く弾けない人と同じです。その理由を詳しく説明します。

 

 

英会話に必要な要素が学べない

英語を話す上で必要な要素は次の4つです。

 

「発音」「文章構成力」「語彙力」「文法力」

 

特に最初の「発音」「文章構成力」は重要。日本人の発音は世界でもトップクラスで聞きづらいので、学校の授業で話していたようなカタカナ英語では100%通じないと思った方がいいです。

 

文章構成能力も大切。学校で少しでも英語を勉強すればわかりますが、日本語と英語の語順はだいぶ違います。ですから日本語の文章をそのまま英語にしようとすると不自然になりますよね。

 

で、TOEICの勉強ではこの2つの能力が全くと言っていいほど養われません。

 

TOEICの勉強といえば、「リスニング問題を聞き込む」「単語を覚える」「文法を覚える」「速読する」これだけですから、日本人にとって英語を話す上で最も重要なの要素である「発音」「文章構成力」が全く育たないんです。

 

だから英会話力の向上に対してTOEICの勉強が無意味だということ。

 

確かに語彙力、文法力はつきますよ。ですから多くの人は、TOEIC対策で英会話力も伸びるんじゃないかと思うわけです。でも実際は、英会話にはそれほど語彙力も文法力も必要ありません。

 

日本語を話すとき、僕らは子供のころ、語彙力も文法力も今よりずっと低かったはずです。なのに親や先生と話すときには全く問題無くコミュニケーションが取れてましたよね?

 

それは完璧な発音と日本語の語順、つまり自然な文章を構成する能力が、備わっていたから。それだけ。英語でも同じで、語彙力、文法力が無くても、英語の語感が身につけられれば会話をスムーズに進めることは十分可能です。

 

 

英語を深く理解しなくても高得点は余裕で取れる

実はTOEICのテスト、とにかく数をこなす勉強すれば簡単に点数が上がります。

 

リスニングに関してはある程度英語を聞き取る能力を身につければ、選択肢が2個までに絞り込めますし、リーディングに関しても速読と単語力を磨けばあっという間に点数は上がります。

 

単純に「英語をたくさん聞く」「英文を速く読む」「単語を覚える」この3つをひたすら筋トレのように勉強すれば、簡単にスコアが伸びるんです。受験勉強と同じでやった分だけ、結果が出ます。

 

でも肝心の英語力が伸びているかというと、全く伸びていません。伸びたのはペーパーテストを攻略するスキルです。コミュニケーションで使えるスキルを身に付けたいのであれば、会話に特化した練習が必要です。

 

 

アウトプットが一切ない

会話力を磨くにはやはり口を開いて言葉を発することが不可欠です。どんなにギターの弾き方を調べても、一向にギターが上手くならないのと一緒。英会話は独り言で英語を使ったり、外国人と会話をすることで上達していきます。

 

こればっかりはいくら頭を使って、効率的にやろうと思っても無理ですね。

 

だから多くの時間を投資する必要があります。時間をかけて英語の語感を体に身につけていくことで、自然と思い通りの言葉が出てきて、スムーズな文章を作ることができます。

 

ところがTOEICの勉強において、言葉を発する機会がどれほどありますかね?ほとんどありませんよね。僕はリスニングの勉強でもリーディングの勉強でも一切口を使わないで、スピーキング力が伸びることはないですね。おそらくほとんどの方は僕と同じ状況だと思います。

 

 

 

逆に、英会話ができればTOEICは余裕

By: Beta-J
By: Beta-J

では逆に英会話ができると、TOEICで高得点が取れるかというと、取れます。ちゃんとした英語力があれば勉強しなくても800点、900点は取れちゃいます。

 

というのも、問題自体は難しくないからです。

 

リスニングは日本語にしてみると「日本人3人の会話を聞いて、Aさんが言ってたことを答えなさい」という問題ばかりですから、小学生でも答えられます。

 

リーディング問題も小・中学レベルの国語力ががあれば解けます。

 

つまりTOEICは日本語で言うと小中学生レベルの国語なんで、日本人でも基礎的な英会話ができるレベルであれば、誰でも簡単に高得点が取れます。

 

実は800点以上のスコアを持ってる僕も、ほとんどTOEIC対策したことありません。せいぜい公式問題集を一通り解いただけ。

 

SPONSORED LINK

海外に留学して会話力を伸ばしただけでTOEIC400点から875点まで届くわけですから、いかに英会話を学ぶことが効率的かがわかります。

 

TOEIC対策をしても英語力は伸びませんが、英会話を勉強すれば、英語力とTOEICスコアを同時に伸ばすことができるわけです。長い視野で見れば絶対こっちの方が賢い選択ですよね。

 

 

オススメの英会話勉強法

girl-reading-a-blog-in-a-bedroom-picjumbo-com-2

ただひたすらにフレーズを覚えても英語を話せるようになりません。まして聞くだけでできるようになるなんて100%ありえません(笑)。買わない方がいいですよ、なんとかラーニングとか。

 

自分で努力して、わからないところを英語に詳しい人にアドバイスしてもらいことで、効率的に習得できます。留学では、そのような環境が作れるので、飛躍的に英語力が伸びるわけです。

 

日本にいながら英語力が伸びる人がいるのは、そうした環境を日本にいながら作れたからです。

 

ここでは、英会話習得のステップをシンプルに説明しますね。

 

 

単語、文法を学ぶ

最重要です。文を作るには不可欠な知識です。これに関しては説明不要ですね。ただただ学校の勉強と同じで覚えるだけ。そして覚えた知識を会話で使うことで、自然と使い方が身についていきます。

 

 

発音を筋トレのように練習

僕は単語力、文法力はそこまで高い方ではありませんが友達からは「ペラペラだね」なんて言われます。それは発音だけずば抜けていいからです。

 

どんな勉強法をしたかというと、発音記号を覚えて、ひたすらYouTubeで外国人の真似をする。発音記号を覚えるところがポイントで、いきなりネイティブの発音をしようと思っても無理です。

 

そうすると日本人によくありがちな、もごもごしてて何言ってるかわからない発音になります

 

ですから最初は「R」「L」「F」「V」などの発音がしっかりできるように練習しましょう。何回も筋トレのように繰り返していると、スムーズにできるようになります。

 

 

外国人と話す

英語力はアウトプットして初めて磨かれます。いくら知識を溜め込んだところで、使えなければ意味なし。陸サーファーみたいなもんですよ。

 

積極的に外国人と交流しましょう。学生であれば大学の国際系サークルに顔を出す。社会人であればMeetupなどのアプリを使って、外国人が集まるイベントに参加してみましょう。

 

相手は日本に住んでいる方なので、英語が話せなくてもなんとかなりますよ。

 

 

オンライン英会話を使う

young-woman-reading-a-book-on-her-ipad-picjumbo-com-2

外国人と話をするツールとしてオススメなのが、オンライン英会話。最近ブームになっているので、見たことがある方も多いですよね。

 

僕も電話が苦手だったので、オンライン英会話も合わないかなと思ったんですけど、2、3回利用するうちに慣れました。

 

何がいいって「コスパの良さ」と「場所を選ばない」ってとこです。

 

だって1レッスン数百円ですよ。DMM英会話に関しては1レッスン124円ですよ!おかしすぎ(笑)。将来的に、海外の国の労働賃金がアップしたらこんなビジネス成り立たないので、今がチャンスです。

 

あと、どこでもレッスンが受けられるのがいい。Wi-Fiさえあればカフェでも大学のキャンパスでも、家でもどこでもオッケーです。

 

オンライン英会話では最初に無料レッスンが用意されていることが多いです。スーパーの試食コーナーで、試食だけして帰るのと同じように、無料レッスンを受けて、自分に合わないようならやめても全然オッケーです。

 

DMM英会話には様々国の講師の方がいるのでチェックしてみてください。

 

≫公式サイト:DMM英会話 無料体験レッスン2回

 

 

 

質の高い英会話スクールに通う

最後に、僕が注目しているTOEIC・英会話スクールをご紹介します。それが【PROGRIT】です。

 

他のスクールとの決定的な違いは、効率的な勉強を教えることにフォーカスしているところ。

 

大手の英会話学校だと、生徒に表面的な満足感を得てもらうために、生徒に付きっきりで、いちいち答えを教えたりするんですが、このスクールではスタイルが全く異なります。

 

通う期間は2ヶ月限定。その期間に設定された目標までたどり着けるようにサポートしてくれます。TOEICであれば2ヶ月で200点アップが目安です。

 

僕も「それほんとかなぁ?」と思って、無料の説明会に行ったんですが、これなら上がるなと感じました。

 

講師の方が話してくれた、英語理解のプロセスが超論理的で、納得しっぱなしでした。今まで僕が留学やらTOEICの勉強やらで培ってきたノウハウが全て体系化されてました。

 

レッスン料は高いので、ぜひ無料説明会だけ参加してみてください(笑)。無料とは思えないくらいレベルの高い情報が得られますし、レベルチェックテストとヒヤリングから自分の英語力の問題点を明確に指摘してくれますよ。

 

≫公式サイト:2カ月で最低200点保証の圧倒的パーソナルコーチ【PROGRIT】

\\School Ranking//



Pocket

You may also like