1ヶ月のセブ島留学で得られた劇的な効果を教えます。英語ペラペラ


留学した語学学校「オトナ留学MBA」
≫オトナ留学MBAまとめ:オトナ留学MBAでセブ留学。僕が経験したことをまとめる
≫MBA日本校の取材記事:『START-UP ENGLISH』お洒落な空間で英会話始めてみない?

2018年7月から8月にかけて1ヶ月間、セブ島留学してきました。

 

短気の滞在だったんですけど、めちゃくちゃ楽しめました。日本人の友達はもちろん、現地の友達もできたりして、毎日のように昼も夜も誰かと出かけてましたw

 

この記事を読んでるみなさんも、留学を考えられてると思うんですけど、気になるのは「短期間で英語力は伸びるのか?」ですよね。

 

正直これは僕にとっても大きな疑問でした。

 

実は僕すでにある程度の英語力があります。アイルランドに1年近く留学してたこともあり日常会話レベルなら普通にできますし、TOEICに関しても875点を持っています。(1年の語学留学でどれだけ英語力が伸びるのか【僕の経験と勉強法】

 

割と時間をかけて英語力を伸ばしてきたタイプです。だからこそ、短期間で英語力が上がるのか、疑問だったわけです。

 

でも結論から言っちゃうと、1ヶ月の短期留学でもめちゃくちゃ英語力伸びました。効果絶大。多分普通の日本人から見たら、”ペラペラ”と言っていいレベルまで英語力が伸びたと思います。

 

この記事では

  • どのレベルから、”英語ペラペラ”まで行ったのか
  • 僕の英語ペラペラがどんな状態なのか
  • 僕が留学中にやってた勉強
  • 1ヶ月のセブ留学で英語力が伸びる理由
  • 1ヶ月で英語力が伸びる人の特徴

 

 

 

セブ島留学で得られる効果まとめ

まず1ヶ月の留学での、英語力の伸びについてお話しして行くわけですが、気になるのは僕の元々の英語力ですよね。

 

一言で言うと、先ほども書いた通り日常会話レベルです。数年前に受けたTOEICは875点です。(手っ取り早くTOEIC800点を取るシンプルで効果的な勉強法

 

ネイティブを含む外国人とコミュニケーションをとることが普通にできます。

 

ただ、次のような問題がありました。

  • 難しい話題にはついていけない
  • 早く話されると聞き取るので精一杯。言葉が出なくなる
  • 聞き取れないことがよくあり「Sorry?」と何度も聞き返すことも
  • 逆に自分の言ってることが伝わらず「Sorry?」と何度も聞かれる
  • 長文を話すのが難しい
  • 論理的に物事を伝えるのに難あり

 

こんな感じで、日常会話はできると言っても、完璧とは程遠いレベル。

 

日本人からは「英語ペラペラですね〜」なんてよく言われてましたが、自分としては正直言って、ペラペラだとは全く思ってなかったです。

 

むしろうまく自分の思いが伝えられないから、できれば英語を喋りたくないと思ってたくらいですからね。本当に。

 

でもそれが留学後にはもう真逆。英語を話したくてしょうがなくなった。

 

自分の思いがスムーズに伝えられるようになったし、物事を説明するのもかなり得意になったから、めっちゃおしゃべりになって周りの人に迷惑をかけてると思いますw

 

実際、毎日違うフィリピン人の友人や、ヨーロッパの友達と電話して迷惑をかけていますw

 

具体的にどれくらい英語力が上がったのか気になりますよね?テキストで伝えるのは難しいですが、できるだけ細かく書いていきます。

 

会話の展開が上手になった

セブ留学して気づいたというか、留学中から感じていたのが、会話の展開がすごく上手になったこと。これが留学で得られた大きな効果の一つです。

 

今までって、英語で会話をするとき、どうしても会話の展開がスムーズできなかったんですよね。相手について行くので精一杯で、センスのある質問とか全然できなかった。

 

でもセブに留学してから、間違いなく会話の展開がうまくなりましたね。

 

授業中はもちろん、授業外で先生や現地のフィリピン人と話すときも、自然と会話を続けられたし、不思議と会話も面白い方向に流れるようになった。

 

「こういう流れに持って行って、このワードを言ったらウケるだろうな」みたいなのが、話の2、3歩手前でわかるようになった気がします。

 

日本語でもあるじゃないですか?

 

「この人、ここで突っ込んで欲しいんだな」とか「ここでこのたとえ入れたらめっちゃウケるやつだ」とかね。

 

その感覚が英語でも分かるようになってきたと、実感しています。

 

 

物事を説明するパターンが頭に入ってる

何で会話の展開がうまくなったのかというと、留学中にライティングの勉強をめっちゃしたからだと思ってます。

 

僕、オトナ留学MBAという学校に1ヶ月間留学してたんですけど、この学校の先生がすごく優秀で、ライティングスキルに関しては爆発的に伸びたと自負してます。

 

(こちらの記事「【セブ留学12日目】オトナ留学MBA卒業1日前。ここの先生クオリティ高いわ」でどれほどライティング能力が伸びたのか書いてるので、ぜひ読んでみてください)

 

ちなみにこちらがレッスンで書いていた文章です↓
結構な文量を書いてますよね。

実はスピーキング能力って、ライティングの練習をすることで効果的に伸びるんですよ。知ってました?

 

スピーキングって結局は頭の中で英文を作る作業じゃないですか?やってることはライティングとほぼ同じ。頭で考えたのを口に出すか、文章にするかの違いです。

 

難易度的にはライティングの方がはるかに難しいです。

 

なぜなら自分の知らない単語も使わないといけないし、文法のミスも許されないし、会話の流れや論理的な一貫性も求められる。

 

逆に会話では自分の好きな単語だけを選んで、文法的なミスがあってもそこまで気にされないし、話が単調で、論理的な一貫性がなくてもまぁ会話ができます。

 

だからより難易度の高いライティングを練習することで、英会話能力をあげることができるわけです。

 

僕は1ヶ月間、50分のライティング授業をやっただけですが、めちゃくちゃ物事を説明するのが上がりました。

 

これは完全に、僕が留学したオトナ留学MBAの先生のおかげ。本当に優秀なんですよ。

 

「ただやれ」と指示されるのではなく、次のようなことを教えてくれる

  • 話を上手に展開するためのパターン
  • 文章をつなぐための単語
  • 話すべき内容の順番

 

これ以外にも事細かに、文章を構成するための知識を教えてもらえる。

ぶっちゃけいうと僕、留学中に授業以外で一切勉強なんてしてませんwwwマジですよw

 

それでも教えてもらった文章構成の型に当てはめるだけで、上手に会話を展開することができるようになった。

 

ライティング能力の向上は、留学で得た効果の中でも一番でかい部分だと思います。

 

 

返しがうまくなった

会話の瞬発能力というか、返しが上手になりました。

 

皆さんも日本語を話すときに、「これが来たら、この返しだよね〜」っていうパターンあるじゃないですか?

 

アンジャッシュ児嶋さんの、「大島さんですか?」と振られたら「児嶋だよ」って返すみたいな。(これはちょっと違うかw)

 

そんな感じで、英語でもスラスラと的確な返しができるようになった気がします。

 

これはフィリピン人先生との会話で磨かれましたね。

 

フィリピン人先生って冗談、皮肉、いじわるが大好きなんですよ。それに対して、いかに対抗するか毎日考えたおかげで、鍛えられましたよw。たとえば

 

先生がボケるパターン

先生「私って完璧な先生でしょ?」→僕「ごめん英語が苦手でよく意味が理解できなかった」

 

先生「(スマホを見せながら)これ私の甥っ子なの。私みたいに可愛いでしょ」→僕「うん、可愛い。先生に似なくてよかったね」

 

先生がいじめてくるパターン

先生「(僕が久しぶりに昔の校舎に戻った時)あなた誰?一体ここで何をしているの?」→僕「素敵な人たちに会うためだよ。あなたじゃないけど」

 

先生達「あなたの名前なんだっけ?」→僕「あ、こんな有名な僕のこと知らないんだ?そっち系ね〜」

 

 

こんな感じで相手がボケたり、逆に皮肉を言って来たりしても、瞬時にある程度的確な返しができるようになったと思いますw

 

今までは意地悪とか言われても「ムカつく」とかストレートなことしか言えなかったんですけど、今はちょっとトリッキーなことも言えるようになりました。

 

これは間違いなくセブ留学で鍛えられましたね。

 

あ、僕が留学してたオトナ留学MBAの先生はマジで優秀です。誰彼構わず皮肉やいじわるを言ってるわけではないので安心してください。

 

相手がある程度英語をしゃべれて、いじっていい人だと認識した瞬間に、めっちゃ言って来ますがw

 

こちらの記事(【セブ留学13日目】オトナ留学MBA卒業、控えめに言って最高だった。)の最後の方では、いじりのほんの一例を見ることができます。

 

 

つっかえることがなくなった

以前は、簡単な会話でさえも、途中で単語が見つからなくて、話が途中で止まってしまうことがよくあったんですよね。

 

留学してからというもの、外国人と会話してても、つっかえることがあまりなくなったようにも思います。

 

先ほども書いた通り、文章を構成する能力が上がったので、言いたいことがスラスラと頭に浮かんで来ます。

 

難しい会話でも、別の単語を使ったり、相手に「あれ何だっけ?」と聞いて上手く回避しながら、会話ができるようになった気がします。

 

これは明らかに留学の成果ですね。

 

 

「Sorry?」と聞かれることがほぼなかった

これ間違いなく留学で変わった点。

 

「Sorry?」と聞かれることが劇的に少なくなった。

 

発音、アクセント、そして声の張りがより英語っぽくなったからだと思います。

 

僕が留学していたオトナ留学MBAでは朝から昼過ぎまでみっちりマンツーマンで、英語を話してましたからね。

 

アウトプットが半端なかった。

 

だから特に発音の授業とかは受けてませんでしたけど、日本人っぽいアクセントが消え、より英語っぽく喋れるようになったんだと思います。

 

もともと発音に関しては、日本人離れしてるなと自分でも感じていたんですけど(自画自賛w)、今回の留学のおかげで、普通の日本人から見たら英語ペラペラレベルまで達したんじゃないかと思いますw

 

 

相手の言ってることの90%は理解できた

先生の言ってることの90%は理解できてたと思います。ただし、これは学校での話。

 

学校の外での外国人との会話、映画内の会話などはまだまだ60〜80%くらいしか理解できてないと思います。

 

それでも、留学する以前よりははるかにリスニングスキルは上がったかなと思います。

 

先ほど、外国人と会話をするときに「Sorry?」と頻繁に聞かれると話したじゃないですか?

 

逆に僕の方も会話で「Sorry?」と聞くことも多かった。相手が何言ってるのかよくわからなくてw

SPONSORED LINK

 

それが、フィリピン留学中はあんまり「Sorry?」と聞くことがなかったように思います。

 

これ留学中は気づかなかったんですけど、今こうしてブログを書いてて気づきました。

 

いつの間にかにリスニングスキルも上がってたのかな。

 

 

 

なぜたった1ヶ月のセブ留学で想像を絶するスピードで英語力が伸びるのか

たった1ヶ月の留学にしては結構英語力上がってると思いません?正直僕もたった1ヶ月でここまで英語力が伸びるとは予想してなかったので、驚いてます。

 

何で短期間で英語力が上がったのか、それにはもちろん理由があります。その秘密をシェアします。

 

質の高い講師によるマンツーマンレッスン

フィリピン留学のメリットはやはりマンツーマンレッスンです。

 

フィリピンはまだまだアメリカや日本といった発展している国と比べたら、まだまだ経済も小さいですし、人件費も安いです。

 

だからアメリカやカナダといった先進国でグループレッスンを受ける料金よりも安く、マンツーマンレッスンを受けることができるわけです。

 

どう考えてもグループレッスンよりもマンツーマンレッスンの方が英語力が伸びるに決まってますよねw?

 

授業中に英語を話す量も、指導の質も、最終的に得られる効果もマンツーマンの方が高いですから。

 

しかもね、フィリピン人って英語を教えることに関してはネイティブ以上に上手いと僕は個人的に思ってます。

 

なぜなら彼らも、英語を第二言語として学び習得してきたからです。

 

彼らは「どうやったら英語を習得できるのか」身を以て知ってます。そして英語の指導方法を知っている。さらに数々の生徒に英語を教えてきた経験もある。

 

一方ネイティブは、完璧な英語話せるけど、英語を苦労して学んだ経験もないし、マンツーマンで一人一人の生徒にコミットして指導してきた先生も少ない。

 

僕はアイルランドに1年間留学していたことがありますが、どう考えてもフィリピン留学の方がレベルが高いですもん。

 

ただ、フィリピンの中でも優秀な先生が在籍している学校と、そう出ない学校があります。

 

僕が留学していたオトナ留学MBAという学校は、社会人専門のサービス重視の学校だったので、そこの先生はめちゃくちゃ優秀でしたね。

 

生徒さんの中には、「ほかの学校のサービスが酷すぎて、転校してここに来た」という人もいたので、先生の質にどれほど力を入れているのかは学校選びで重視した方がいいと思います。(安いところは、学生のアルバイトや副業として先生をやってる人が多いです。)

 

 

先生の「生徒のニーズ」をつかむ能力が究極的に高い

「教えることについてはプロ」と言っても、具体的にどこがすごいかイメージしにくいですよね?

 

僕としては、生徒のニーズをつかむ能力に長けている点かと思います。

 

僕、オトナ留学MBAに入学する前、アンケートを書かされたんですけど、いまいち具体的に何がやりたいとか思い浮かばなくて、結構ざっくり書いてたんですね。

 

だからどんな授業になるのか若干不安だったんですけど、いざ入学してレッスンを受けてみると

 

「それそれ!こういう授業が欲しかったの!」ってなりました。

 

しかも授業を受ければ受けるほどその感覚が増していく。例えば歓迎会で僕が「ビットコインに数百万投資して損をした」とか言ったら、次の日には授業内容を「仮想通貨」にしてきてくれる。

 

めちゃくちゃスピード感がある。

 

また、トピックだけ取って付けたというわけではなく、しっかりと自分の英語力を効果的に向上させられるような内容で。

 

これには本当に驚かされましたね。

 

僕らから見えないところで、先生たちは僕らのために授業の資料を用意し、レッスンに備えて先生も勉強して来てくれてるんだなと思うと嬉しい気持ちになりますよね。

 

ちなみに、僕が留学したオトナ留学MBAはテキストとかを使って英語を勉強する学校ではありません。生徒一人一人に合わせて、先生がオーダーメイドのレッスンを作ってくれます。

 

最初は「テキストがなくて一貫性のある授業になるのか?」と不安だったんですけど、実際に1ヶ月留学をしてみてわかりました、「テキストなんていらないわ」と。

 

先生たちが「どうやったら生徒の英語力が伸びるか」というのをしっかり考えてくれています。

 

だからこちら側の負担がめちゃくちゃ少ないんですよ。これは怠け者の僕に取ってはすごいよかった。

 

授業中も、僕が頭をひねりまくって答えるってのはあまりなくて、先生が僕のレベルに合わせてその都度適切なヒントをくれてたから、スムーズにレッスンができました。

 

僕の場合は、先生のレッスンに従ってるだけで、自然と英語力は伸びていきましたね。

 

 

1日8時間、英語漬けの毎日

やっぱり英語に触れている量が多いのも、1ヶ月のフィリピン留学で効果が出る理由の一つだと思います。

 

僕の場合は特殊な「海外ワーカーコース」という1日4時間程度のレッスン量でしたけど、普通の人は1日8時間勉強します。

 

しかもグループレッスンではなく、マンツーマンですので、マジで英語脳を休める時間なんてないですよ。

 

ずっと一日中ランニングしてるようなものです。

 

一日中ランニングしてたら、嫌でも体力つきますよね?同じように英語も、1日中喋ってたら、嫌でも話せるようになりますよw

 

僕も授業は1日4時間でしたが、夜はフィリピン人の友達と遊びに行ったりしてたので、実質10時間くらいは毎日英語をみっちり使ってたと思います。お酒飲んでたので、よく覚えてないですけどw

 

 

 

僕が今回の留学でやってた勉強

一応まとめておきますね。僕が留学中にどんな勉強をしてたのか

  • 1日4時間の授業
  • 授業後は教室で暇な先生と雑談(2、3時間)
  • 夜はフィリピン人と遊ぶ(3、4時間)
  • YouTubeで海外のナンパ動画を見る(1時間)

 

ざっくりいうと、とにかく人と話してただけw

 

宿題とか予習とか全然やってないです。(宿題出さないでとお願いしてたのでw)

 

ただ、上の箇条書きを見るとわかりますが、少なくとも1日10時間くらいは英語を話してるんですよね。

 

1ヶ月で英語力が伸びたのは、積極的に人と会ってコミュニケーションをとっていた部分も大きいと思います。

 

結局なんや感や言っても、人とたくさん話してアウトプットするのが効果覿面なんじゃないですかね?

 

 

 

1ヶ月のセブ島留学で効果を実感できる人&できない人

英語初心者の方は1ヶ月だと効果を感じないかも

ぶっちゃけ言いますね。英語ってやっぱり数年単位で学んで行くものなので、英語初心者の方が1ヶ月といった短期間だけ留学しても、英語力向上の効果を”実感”するのは難しいと思います。

 

ただし、行く意味は絶対にあると思いますよ。

 

だって1ヶ月でも、自分が英語力の伸びを実感できないだけで、確実に英語力は上がってますから。

 

何事でもそうですが、とにかく1歩でも先に進んだ方がいいに決まってます。

 

ダイエットでもそうですよね?目に見える変化がなくても、食事制限をしていたらいつかは痩せますよね?絶対に運動もした方がいいですよね?

 

英語も同じ。目に見える変化がなくても、絶対に勉強した方がいいです。

 

留学中に得た知識、経験はずっと頭の中に残り続けますから、今後英語学習を続けて行く上で必ず役に立ちますよ。

 

 

すでに日常会話をこなせる人がセブ島留学するとやばい英語力が上がる

ある程度英語が話せる人がセブ留学したら、爆発的に英語力が上がると思いますね。

 

もちろん通う学校の先生の質にもよるんですけど、マンツーマンで1日何時間もみっちり英語の勉強をするわけですから、英語力は上がりますよ。

 

僕なんて、自分で言うのもあれですけど、想像の遥か超えて英語力が上がりましたからね。

 

「これもう一回やったらもうネイティブレベルでしょ」と調子乗ったことも考えてますw

 

それくらい効果があったと実感してます。

 

 

 

最後に:1ヶ月でも確実に効果はある

ネットでは「短期留学は意味がない」というような記事を時々見かけますが、僕は1ヶ月でも絶対に留学した方がいいと思いますよ。

 

だって意味あるもん。

 

ちょっと理由が雑ですかねw?

 

流石に1週間とかだと微妙かな〜と思いますけど、1ヶ月は何かを得るには十分な期間だと思います。

 

英語初心者の方も英語話せる方も、留学経験者も1ヶ月のセブ島留学で本当にいろんな経験ができると思いますよ。

 

学校での勉強はもちろんのこと、スクールメイトとの交流、現地のフィリピン人との交流、他国の文化に触れるなど挙げたらきりがないくらい面白い経験が待ち受けてます。

 

僕はオトナ留学MBAという語学学校に行ったんですけど、社会人専門の学校だからか自分と会話の合う面白い方がたくさんいました。

 

「経営者」「学校の先生」「コンサルタント」「薬剤師」「フリーター」「弁護士」「医者」など普段出会えないような方々にたくさん出会えた。そして仲良くなれた。

 

あとフィリピン人との交流も面白かった。これは僕の場合ちょっと特殊かもしれませんねw

 

いろんな場所で現地の友達を作ったんですけど、みんな面白い。「それに日本じゃあり得ないわ…」というバックグラウンドを持ってる友達もいるし、「この子すっごい頭いいな」と思わされるような人もたくさんいました。

 

僕としては英語力の向上ももちろんですが、そうした出会いが強く記憶に残ってます。

 

留学前はなかなかイメージがわかないかもしれませんが、楽しい経験が待ち受けているので、ぜひ1ヶ月でフィリピン留学、セブ島留学に行ってみてください!

 

セブ留学日記一覧

 

留学した語学学校「オトナ留学MBA」
≫オトナ留学MBAまとめ:オトナ留学MBAでセブ留学。僕が経験したことをまとめる
≫MBA日本校の取材記事:『START-UP ENGLISH』お洒落な空間で英会話始めてみない?
\\School Ranking//



Pocket

You may also like