日本の英語教育の問題点【文法を6年間も勉強するなんてバカ】


ずっと前からいろいろと問題点が指摘されている日本の英語教育について、今日は僕なりの意見を書いていきます。

 

なんでこのトピックについて書こうと思ったのかというと、やっぱり日本の英語教育って変だと思うからです。

 

だって義務教育で何年も英語を勉強しているのに、誰一人として英語を話せるようにならないって絶対おかしいじゃないですか?ピアノや絵なら、普通5年もあったら相当うまくなるでしょ。

 

なのに「How are you?」「I’m fine」すらろくにできないって。

 

実は僕は1年ほど海外に留学してたので、それを痛感した人間の一人です(笑)。最初はびっくりするくらい本当に全然話せませんでした。

 

でも現地で生活してたら、自然に日常会話レベルの英語力もつきましたし、TOEICも875点になりましたよ。

 

それから考えてみると、日本の英語教育は無駄ばっかりだし、「文法を6年も勉強するなんてバカ」だなと思います。

 

ということで、この日本の英語教育の問題点を好き勝手言っていきます。

 

 

 

単語・文法を何年も修行するなんてバカ

そもそも文法とか単語を、中学・高校と6年も勉強する意味ないですよ。

 

英語って基本的な仕組みを理解できると難しい文法とか勉強しなくても、話せるようになります。で、簡単な英語でも話しているうちに徐々に知識がついて、難しい単語や文法を理解できるようになるんですよね。

 

よく小学生くらいの子供が海外に1年くらい行くと、ぺらぺらになって帰ってくるのはそのためです。難しい知識なんていらないんですよ。

 

本当に基本的な部分を覚えたら、とっととアウトプットを始めて、徐々に英語力を上げていくのが最短ルート。簡単な会話すらできないのに、難しい文法なんて覚えたって無意味。どうせ使えないんだから。

 

堀江貴文さんが「寿司職人が何年も修行するのはバカ」「10年でたまご焼けるようになるとか、バカじゃねえの」と言ってましたけど、英語でも全く同じ。

 

中学・高校と英語教育で6年間もかけて修行するなんてバカですよ。

 

基礎知識なんて1年くらいあれば身につきます。あとは適当に海外行くなり、外国人の友達を作るなりして、実践練習をしていけばいい。

 

僕が海外にいた時は、外国人の友達が結構いたんですけど、みんな文法知識とかほとんどなかったですよ。それでも日本人よりも圧倒的なスピードで上手になっていくんですよね。

 

そんな時、口が裂けても6年も勉強したなんて言えませんよ、恥ずかしくて。

 

 

 

英語教師の質が低い

細かい問題点を指摘する前に、そもそも「英語教育で6年間もかけて修行するなんてバカ」と言ってしまったんで、もうこれ以上書くことがないんですけど、ちょっと物足りないと思うのでもう少し書いていきます。

 

次に大きな問題点と言ったら、英語教師の質ですね。日本の英語教育で求められているので、”話すための英語”ではなく”受験のための英語”。

 

なので単語を大量に知っていて、文法知識が豊富ならそれでいいと思うんですけど、どうやらそれすらも怪しい方がいるのかな?と考えざるをえないデータがあります。

 

京都府の中学校の英語教師74人を対象に、TOEICを受験させた結果730点に達したのは16人。500点以下だった教師が14人もいたそうです。ちなみに最低点は280点。

 

730点が取れないのもあれですけど、500点以下ってヤバくないですか?TOEIC800点台を持っている僕から言わせると、明らかに初歩的な文法的知識と語彙力が欠落しています。

 

当然ながら完全に英会話に支障をきたすレベルです。

 

もちろん日本の教育は”受験のための英語”なので、会話力は求められませんが、そもそも受験のための英語すらできてないレベルです。

SPONSORED LINK

 

そんな方が教える立場にいるのが日本の教育なんですね。問題点とかそのレベルの話じゃないw。

 

 

 

発音の練習をしない

根本的に問題点がありすぎるので、もう細かいところ指摘するのが面倒くさいんですけど、書いていきます。

 

日本人にとっての英語力の最たる問題点は”発音”なんですよ。これのせいでいくらレベルの高い知識を持っていても、一切アウトプットができない。

 

日本人の発音って世界でもトップクラスで聞き取りにくくて、普通のカタカナ英語ではまず通じないと思った方がいいですね。外国人にとってそれは完全に別の言語です。日本人にとって同じ音の「R」「L」は全く別物なんですよ。

 

だから本当は真っ先に取り組むべき問題なんですよ。もうね「九九」と同じレベルに重要。

 

なのに英語教育では発音をほとんど教えない。というか教えることのできる教師がいないってのがそもそも問題ですね。

 

発音に関して僕は強いこだわり思ってます(笑)。なので「日本人が甘く見ている「英語の発音」の重要性について」も合わせて読んでみてください。

 

 

 

日本語に訳す意味ってある?

英語を日本語に訳すのって無駄だと思いません?日常会話では絶対使わないような文章をひたすら訳して、6年間を終えるって。

 

英語はコミュニケーションをとるためのツール。だから英語をうまく日本語に訳せるかどうかなんて関係ないんですよ。

 

日本語にうまく訳せなくても、相手の英語をしっかり理解して、自分の意見を伝えられればそれでオッケー。これ以上何も必要ない。

 

もちろん将来翻訳家になりたいとか、通訳になりたいっていうなら、そういう能力は必須です。

 

でもみんながみんな英語のプロになるわけじゃないし、ほとんどの人の使い道といえば、外国人とコミュニケーションをとるため。だから訳が上手いとかどうでもいいですよ。

 

なんというか日本の英語教育って”日本人のための英語”になってしまってますね。”外国人のための英語”ではない。これが最大の問題点です。

 

 

 

もう無駄な修行はやめよう

こうやって色々と問題点を指摘している僕ですが、もちろんしっかりと無駄な勉強をしてきたうちの一人です。今思うと中学、高校とバカな修行をしてたなって思います。

 

まぁ成績は悪かったんで、修行と言えるほど勉強してないんですけどね。大学に入学した頃でTOEIC345点でしたから。

 

その後、大学生の時にサクッと1年くらい留学して英語力は上がりました。TOEICにすると800点台後半。詳しくは「1年の語学留学でどれだけ英語力が伸びるのか【僕の経験と勉強法】」で書いてます。

 

文法とか単語の勉強に何年も費やすとか本当に時間の無駄ですよ。

 

だって難しい知識なんてなくても会話なんてできますから。で、会話をしているうちに難易度の高い文法とか語彙は身についていきます。

 

だから学校の授業とかで英語無駄だなって思う人は、もうやめちゃっていいと思います。それ覚えたって日本でしか使えないから。というかTOEIC700点程度の先生に認められても、しょうもないw。

 

それよりも海外にってサクッと勉強してきた方が早いですよ。最近は0円で留学する方法もありますからね。

 

ぜひ効率的な勉強を

\\School Ranking//



Pocket

You may also like