語学留学したけど英語が話せない?その原因と今すべき偽造工作


留学をしたけど、思いのほか英語力が伸びず、留学したことを後悔している人は結構います。一般的に1年も海外に暮らしてれば、少しは話せるようになると期待していた分、ショックですよね。

 

でもそれは仕方のない。そもそも日本人にとって英語を習得するというのは、相当に難易度が高いですから。

 

とは言っても「英語話せるようになった」とか「なんか喋ってみて」とか言われるのつらいですよね。

 

そんな経験をせずに済む方法があります。TOEICの点数を上げて上辺の英語力を上げることそれと同時に英会話を磨き、本物の英語力を手に入れることです。

 

完全なる偽造工作の完成(笑)。これならさも留学をして英語力をアップしたのかと思われますから、完璧。これでいいんです。結果が全てですから。

 

「海外に行って上がらなかった英語力が、日本にいて上がるの?」と思いますよね?上がります。現に僕は日本に帰ってきてからの方が英語力が上がってますから。

 

ということで、まずは留学したのに英語力が上がらない原因を解説していきます。

 

 

英語力が伸びなかった原因

By: kelly taylor
By: kelly taylor

英語を話せるようになるためには、様々な壁をクリアしていかなければなりません。文法、単語、発音などの基礎を勉強することは当たり前ですが、それ以前に効率的に勉強できる環境を確保することが大切だったりします。

 

留学したけど英語が話せるようにならなかった人には、幾つかのパターンがあります。それを僕なりにまとめてみました。これを参考に勉強法を考えていきます。

 

 

留学期間が足りなかった

世界で最も英語が苦手な国と言っても過言ではない日本。アルファベットも発音も文法も語順も、全てが違うわけですから難しいに決まってます。

 

習得するためには、それ相応の時間を投資する必要がありわけです。一般的に日本人が海外に行く期間はだいたい1年ですが、これではなかなか英語力が伸びません。

 

僕の周りには日本語を勉強している外国人の友達が何人かいますが、多くの方が2年ほど勉強してから、大学に入学したり、仕事を始めたりします。

 

言語を習得するには、短くても2年くらいのスパンが必要になります。

 

だから1年海外に行ったけど、英語力が伸びなかった方も悩む必要は全くありません。それは単に投資する時間が足りなかっただけかもしれませんから。

 

 

日本人とつるんでいた

これはよくありがちですね。僕が行った国は日本人が少なかったので、そもそもつるむことが難しかった。ラッキーでしたね。

 

アメリカやイギリス、カナダに行くと日本人はたくさんいます。街を歩けば日本人に合うだろうし、語学学校にもたくさんいると思います。事前に日本人が少ないと言われる学校を選んでも、実はたくさんいたなんてことはよくあります。

 

そこで、日本人と関わらないのは至難の技です。逆につるまないようにしていると、「あいつ意識高いな」的なことを言われる可能性もありますから、自然とつるむようになるんですよね。意識低い人から沈んでいくだけなんですけどね〜。

 

そうすると当然、英語力は伸びません。

 

 

アウトプットをしなかった

「現地では日本人と関わらないようにしてた。」これはいいことだと思います。でもそれだけでは不十分。誰かと会話をして、英語を使わないといけません。

 

誰でも最初はゼロからのスタートです。

 

つたない英語で外国人とコミュニケーションを取ってみる。徐々に使えるフレーズが増える。スムーズに会話ができるようになる。

 

こうして成長していきます。でも最初につまづき、「自分には英語はできない」と思ってしまうと、どんどん消極的になっていきます。海外でも人と話さなくても生活できたりしますから、全く成長できなくなります。僕にもそういう時期がありました。

 

 

文法、語彙数が足らなかった

By: martinak15
By: martinak15

すっごい初歩的な部分なんですけど、不可欠な部分でもあります。「1年も海外に暮らしてれば勉強しなくても、会話が成立するようになる。」なんて言われますけど、まずありえません。

 

英語はロジカルな言語です。日本語みたいに主語や動詞がなくても成り立つ言語ではありません。しっかりと文章を組み立てて話す必要があります。これをおろそかにするといつまでたっても英語力が上がらない。

 

できたとしても1年では難しいと思います。大人になって英語を習得するなら、今まで学んできたことをベースにして、効率的に勉強するべきです。

 

せっかく義務教育で文法をある程度学んだわけですから、それをもう一度見直して、使えるように復習する。そうすることで、一歩一歩前に進んでいけるんです。

 

 

発音が悪い

文法や単語の基礎力があるのに、なぜか英語力が伸びない人によくあるのが、発音が悪いってこと。というかほとんどすべての日本人に当てはまるので、日本人にとって最大の英語が話せない原因と言えます。

 

なんで大事かっていうと、発音がダメだとすべてがダメになるから。単語を発しても何言っているか分からないと、伝わらない。文法をしっかり押さえてできた文章でも発音のせいで、伝わらない。

 

これ本当にもったいないなと思います。せっかくの知識を活かせるように、発音だけは重点的に勉強しましょう。

 

 

今すぐできる英語力の偽造工作

By: Rachael
By: Rachael

僕なんかは他人の評価なんてどうでもいい人なんで、留学したけど英語ができるようにならなくても、全く問題がないと思います。とは言っても、今学生であるなら就職のために何か実績が欲しい、転職しようとしてる人も同じことを考えてますよね。

 

そういう方がすべきことは、TOEICで800点ないし900点を叩き出すこと。それと同時に英会話力をこっそりと磨くことです。つまり、あたかも「留学で英語力が伸びましたよ」と偽造工作をするわけです(笑)。

 

まず何故、TOEICの点数を伸ばすのかというと、現時点で資格としての評価が異様に高いから。しかも普通の人は「TOEIC900点=英語ペラペラ」だと思っていますから、英語力が試されることはまずありません。

 

SPONSORED LINK

その上で、影で英語力を磨けば、完璧です。

 

 

TOEIC高得点はノリで取れる

TOEICで点数を伸ばすにはいくつかの方法がありますが、留学をしていたということはある程度リスニング力が鍛えられているはずです。なので、TOEICのスコアに応じた、リーディングの勉強法を書きます。

 

400から500のスコア

語彙数と文法の基礎が足りていない可能性があるので、そこを強化します。勉強法はシンプルで、公式問題集を使います。それをひたすら解きます。最初は制限時間を設ける必要はありません。

 

重要なのは知らない単語を拾っていくということ。

 

よくあるのが、単語帳を使って語彙数を増やす方法ですが、あまりにも効率が悪い。なぜなら知っている単語がたくさん含まれているから。しかも単語しか載っていないので、記憶に定着しにくい。

 

ですので、公式問題集を解きながら、知らない単語があったら、すぐにノートやメモ帳に書き込みましょう。そうすれば知らない単語のみを集めたオリジナルの単語帳が作れます。

 

実際、僕もこの方法で、一気に語彙数を増やしました。メモ帳をバイト中や電車を待ってる時間、授業中など空いてる時間に見直せば徐々に脳に刻まれていきます。

 

 

600から700のスコア

このあたりのスコアを持っているということは、ある程度、語彙も文法も身についているはずです。とは言っても、高得点を取るにはまだ足りないので、引き続き上で紹介した勉強を進めていきます。

 

それと同時に、速読する練習をしていきます。600から700のスコアで停滞している方の問題点は、スピードです。

 

早く読めない原因は語彙数と文法力の他に、単に文章を読みなれていないという点にあります。読みなれていないために、一つ一つの単語の意味を考えてしまったりするわけです。

 

なので、サラサラと読み進められるように、簡単な英文をサクッと読む練習をします。

 

教科書は使わなくていいので、スマホで英語のニュースやブログを見ましょう。その時のポイントが、「何を言っているのか、おおまかに理解すること」です。

 

TOEICは時間との勝負です。一つ一つの単語の意味を追っている時間はなし。でも問題自体は簡単なので、ざっくりと文を理解してれば解けます。サクサク読む練習をしておきましょう。

 

僕は海外のトラベルブロガーの記事が好きなので、いつも読んでました。このような小さな習慣の積み重ねでTOEIC800点を取れた感じです。

 

詳しい勉強法はこちらの記事を参考にしてみてください。

手っ取り早くTOEIC800点を取るシンプルで効果的な勉強法

 

 

 

英会話力を伸ばす方法

すでにTOEICで高いスコアを持っているなら、英会話を伸ばしていきましょう。留学をしたのに英語力が伸びなかった方は、少し英語にコンプレックスを感じているかもしれませんね。

 

それは単に時間が足りなかっただけかもしれませんし、効率の悪い勉強をしてただけかもしれません。

 

ですので効果の出る勉強法を続ければ間違いなく英語力は伸びます。留学をしているのであれば、普通の人よりもアドバンテージがあるので、日本でも十分に成長することは可能です。

 

 

自分の英語力の問題点を探る

By: hourig94
By: hourig94

何事でもそうですが、物事を効率良く進めるには、まず自分の立ち位置を確認することが大切。

 

まずは自分の英会話の問題点を探りましょう。

 

一番簡単な方法は他人に評価してもらうことです。今まで自分の評価を基準にして効果が出なかったわけですから、客観的に自分の英語力を見てもらう必要があります。

 

他人に見られるのは恥ずかしいと思うかもしれませんけど、これがかなり効果的。

 

僕も先日、PROGRITという英会話・TOEICスクールの無料カウンセリングを受けてきたんですけど、目からウロコでした。今までなんとなく「ここを改善すれば、もっと英会話がうまくなるかもなぁ」と思っていたところを、明確に提示してくれました。

 

カウンセリングでは、ヒヤリングとレベルチェックテストがあるんですけど、これがかなり的確。僕が「ここが苦手なんですよね〜」みたいなことを言うと、英語理解のプロセスをもとに、かなり体系的に説明してくれました。

 

自分で答えが見つからなかったら、こういうサービスを利用してみるのもアリです。なんといっても無料ですからね。

 

オススメのスクールは、「50社以上に潜入した僕の英会話教室&スクールランキング【TOP9】」で紹介してます。

 

 

僕が行っている勉強法

アウトプットの機会を増やす方法【重要】

外国人と英会話を無料で勉強する方法を4つまとめた

 

英会話はこちらの記事

海外で通じる英語を身につけるための堅実かつ効率的な勉強法

 

発音はこちら

日本人?と聞かれるくらい劇的に英語の発音をよくする方法

 

\\School Ranking//



Pocket

You may also like