留学前に英会話スクールに通えば、英語力の伸びは段違い


初めての留学だと、何を準備していいか分からないことだらけだと思います。英語の勉強だってその一つですよね。

 

どこから始めていいか分からない。簡単なフレーズや単語を覚えてみたものの、いまいち成長が見えなかったりします。実は僕も何をしていいか分からず、結局ノー勉で留学しました(笑)。

 

そしたら当然のごとく、現地でめちゃくちゃ苦労しました。英語力も、日本で事前に勉強していたらもっと伸びてただろうなと感じるんです。

 

だから英語の勉強方が分からないという方は、英会話スクールに行って英語の勉強法をまずは学ぶべきです。特にコーチング系英会話と呼ばれる、新しいタイプのスクールがオススメ。コーチング系英会話スクールについては最後にお話しします。

 

 

留学前に英会話スクールに通うべき理由

英語力が飛躍的に伸びる

現実問題として、「日本で勉強していた人」と「日本で勉強していなかった人」では、現地での英語力の伸びが段違いに違います。

 

楽譜読める人がピアノを始めるのと、全くド素人がピアノを始めるのでは、どちらの成長が早いかなんて一目瞭然ですよね。

 

僕が留学している時には、いろんなバックグラウンドを持っている人がいました。「大学の国際学部を休学して来た」「サラリーマンを辞めた」「理系の大学に通っている」などなど。年齢もバラバラです。

 

どなたもそれなりに勉強をしてました。

 

でもやっぱり日本で英語に触れる機会が多かった人ほど、英語力が高かったです。特に日本の大学で学んでた人なんかは、同じ期間留学している人に比べても明らかに上手なんですよ。

 

理由をあげたらきりがないんですけど、確実に言えることは基礎力の差ですね。

 

話す上で必要となるのは、まず単語。その次に文法。そして作文、発音となっていくわけですけど、次のステップに進むためには、段階に応じて必要な基礎力があります。

 

当たり前ですよね。日常会話ができないのに、ビジネス英語を身につけるなんてまず無理ですから。現地で素早くレベルアップしていきたいなら、絶対に日本で基礎を勉強しておくべきです。

 

 

留学しても英語力つかないまま帰国

成長のスピードが落ちるだけならまだマシです。問題は現地に行っても英語力が全く伸びず、そのままなにも得られずに帰国するパターン。

 

想像しただけでも怖いですよね(笑)。皆さんもこれだけは避けたいはず。

 

でもですね、英語力が全くつかないまま帰国する人って結構います。というかむしろこっちの方が多いのが現実です。

 

「日本で勉強しなくても、海外で1年も暮らせばどうにかなる」とはよく言います。

 

実際どうにかなります。と言ってもどうにかなるのは現地の生活です。

 

英語力に関しては、ただ暮らしているだけではどうにもなりません(笑)。それなりに努力をしたり、積極的に使う環境を自ら作る必要があります。

 

そして努力をしたとしても、その方向性が誤っていたり、”基礎力”が欠落しているといくら頑張っても英語力は頭打ちになります。なので会話をする上で最低限必要となる知識は、どこかで身につけておくべきです。

 

 

勉強の仕方がわかる

英会話スクールに通う最大のメリットは、勉強法を学べる点です。英語って習得するのがとっても難しいです。それは皆さんも感じているはずです。「なんで日本人って義務教育で何年間も勉強しているのに話せるようにならないんだろう」って。謎ですよね。

 

でもこれには単純な理由があります。間違った勉強法をしているからです。正確に言うと、日本で行われている英語学習は「話すため」のものではなく「テストで良い点を取るため」の勉強だからです。

 

なので僕らが知っている勉強を続けても英語が話せるようになることはほぼ100%ありません。話せるようになるには、”正しい方法”を学ぶ必要があるわけです。

 

質の高い英会話スクールには、話すための英語を身につけるためのノウハウがあります。日本人特有の弱点も理解しています。

 

なのでネットの海から、断片的な情報を見つけてくるよりも、圧倒的に質の高い情報が得られるわけです。そこでレッスンを受ければ日本にいるうちから、必要な英語力を身につけることは十分に可能です。

 

 

留学前にスクール通うべき人

留学経験者の僕が考える、留学する前に英語を勉強しておくべきだなと思うパターンをまとめてみました。

 

英語力がほぼゼロ

英語力が全くない。というかゼロの状態で留学するのはあまりオススメしません。なぜなら僕がゼロの状態で海外に行ってめちゃくちゃ苦労したからです。本当に、簡単な挨拶すらおぼつかないレベルだったので、伸び悩みましたよ(笑)。

 

銀行口座を開設したり、インターネットとか電気とかの契約をしなきゃいけなかったので、必死に英語を勉強しました。そのおかげである程度英語は話せるようになったんですけどね。

 

それでも「留学前に勉強しとけば、もっと話せるようになったのにな」と後悔することはたまにあります。

 

なので、留学を考えている方で英語力が足りてないと思う人がいたら、日本で勉強していくべきです。

 

 

英語が得意じゃない

これも僕ですね。そもそも勉強自体が得意なタイプではありませんでした。教科書を開くと眠くなっちゃうみたいな。そういう人こそ、英会話スクールに通うべきなんじゃないかなと思います。

 

不得意には何らかの理由があるはずです。単語を覚えるのが苦手だったり、文法の使い方がわからなかったり、どこかつまずいているポイントがあります。

 

それは、努力をすれば見つかるかもしれません。でも留学を間近に控えているなら、スクールに通って苦手なポイントを洗いざらいにしてもらった方が効率的だと思いませんか?

 

しかも勉強って、家で一人で作業していると捗らならないけど、誰かと一緒に進めていると集中できたりします。もしそういうタイプの方だったら、スクールに通うメリット大ですよね。

 

 

日本で勉強する時間がない

大学生でも社会人でも、現代人は基本的に時間に追われています。目の前のことで精一杯で、費やせる時間がほとんどないという方も多いはず。あったとしても疲れてて出来なかったりしますよね。

 

SPONSORED LINK

スクールに通うことである種の強制力が生まれます(笑)。「行かなきゃいけない」「休んだら元が取れない」とね。否が応でも英語を勉強するはずです。

 

しかも良い英会話スクールには、最短ルートで英語を習得するためのノウハウがあります。一般の学校が一般道だとしたら、スクールは高速道路みたいなものです。

 

払った分のメリットは必ずあるわけです。時間をお金で買うという”お金持ち的感覚”は必要ですよね。

 

 

 

オススメのコーチング系英会話スクール

英会話スクールといえば大手英会話教室のイメージですよね。でも最近では「コーチング系英会話スクール」というものが存在しています。

 

「コーチングって何?」って感じですよね。

 

簡単に言うと、ジムのトレーナーさんみたいに、僕らの英語学習を専属のコーチがサポートしてくれるわけです。

 

生徒の現状の英語力を見て、目標とするレベルに引き上げるために個別のカリキュラムを作成してくれます。もちろん場合によってはハードな勉強量になることも。でもコーチは英語のプロなので目標までの最短ルートの勉強法を提供してくれます。

 

そんなコーチング系英会話スクールの中でも僕のオススメをご紹介します。

 

 

RIZAP ENGLISH

実は体にコミットするライザップですが、英語にもコミットしてます(笑)。こういうとふざけた感じがするんですけど、素晴らしいスクールです。

 

実際、RIZAP ENGLISHのカウンセリングを受けに行ったら、カウンセリングだけでお腹いっぱいになっちゃうくらい素晴らしかった。

 

カウンセリングでは、まず「現在の英語力」とか「目標とする英語力」とか色々アンケートに答えます。

 

そこからから講師の方とお話しします。そのあと英語力を図るためにテストをされます。

 

で、このテストの結果から得られる分析のレベルが高い。僕は留学してたのである程度英語は話せる方ですけど、自分でも伸び悩んでるポイントを的確に指摘されました。あっちゃーって感じそのあとにその弱点への対策を軽くお話ししていただいたんですけど、それまた的確。

 

無料のカウンセリングだけでもかなり価値があるので、留学前に行っておくことオススメします。

 

≫公式サイト:【30日間全額返金】ライザップイングリッシュ

 

 

PROGRIT

名前が「PROGRIT」なので大変そうなイメージですね(笑)。実はこのPROGRITは元マッキンゼーの方がスタートしたサービスです。

 

マッキンゼーといえば外資系コンサルティング会社の中でも、トップレベルというかトップの会社です。大手企業の偉い人たちが解決できない問題を解決する人たちです。

 

ここもカウンセリングを受けたんですけど、感想は「行って良かった」です。

 

もう一人の創業者の方と話したんですけど、その説明がまた分かりやすい。僕は今までなんとなく勉強してきたんですけど、英語学習のプロセスを図式化して明確に表してくれました。

 

「こうやって英語が話せるようになるのか」って感じ。

 

2ヶ月という短期間で英語力をつけたい人にはオススメ。カウンセリングは無料なので、それだけでも是非

 

≫公式サイト:【PROGRIT】

 

 

TORAIZ

こちらは上の二つと違って、1年間で英語を学ぶスタイルです。

 

英語を学ぶ上で大切なことは、いかに多くの時間を費やしたかです。語学を習得するには才能が必要だと思われがちですけど、そんなことないです。

 

ある調査によると日本人が英語を習得するためには2,200時間必要と言われています。ある程度不自由なく話すためにも1,000時間必要です。

 

しかし多くの英会話スクールでは週1回40分のレッスンしかないので、その計算だと29年かかります(笑)。

 

トライズではこの1,000時間を1年で達成するカリキュラムが組まれています。本当に時間をかけて確実に英語力をつけたい人はTORAIZがオススメです。

 

≫公式サイト:【無料カウンセリング】トライズなら1年で英語で自由に会話できるレベルに

 

 

 

最後に:現状把握が大切

何をするにもそうですが、まずは焦らず現状把握をすることが大切です。自分には今どれほどの能力があって、何が欠けているのか。それを知って初めて効率的な勉強ができます。

 

それを知るためには最初は第三者からのアドバイスを貰うべきです。留学してから後悔する前に、カウンセリングだけでも受けておきましょう。池袋と新宿にスクールがあるRIZAP ENGLISHがおすすめです。

 

≫公式サイト:【30日間全額返金】ライザップイングリッシュ

\\School Ranking//



Pocket

You may also like