英語を習得する7つのメリット【知ったら絶対に勉強したくなる】


英語を勉強するためのモチベーションを保つのは難しかったりします。確かに、ペラペラに話せるようになったらカッコイイですけど、それ以上のメリットが見えにくいんですよね。しかも、話せるようになるまで、それなりに時間がかかるので途中でやる気がなくなったりします。

 

僕もそうでした。でも留学して英語を習得して思うのは、「こんなにメリットあるの?」って感じ。単純に英語ができるだけで、いろんなことへのハードルが下がるんですよ。旅行するのも、海外に住むのも、外国人の友達を作るのもなんでもできます。

 

人生の自由度が格段に上がるわけです。仕事においても得をする場面が多いでしょう。そこで、僕が感じる英語を習得するメリットを話していきます。

 

 

 

英語を学ぶ最大のメリットは「自由になるための武器」

海外を自由に旅できる

僕は旅行が大好きです。もはや趣味というか、定期的に海外に行かないと精神的に不安定になるレベルです。1年に数ヶ国は旅をします。

 

その時、英語が話せるだけで旅行中の不安がだいぶ解消されます。迷子になっても街の地図を読むことができるし、現地の人に道を聞くことだってできます。ホテルに滞在している時に何らかのトラブルがあった時も、受付の人に英語で説明すればすぐ解決です。

 

しかも英語が読めれば、海外旅行も格安で行くことができます。今ってLCC(ローコストキャリア)があるので、国から国への移動でも数千円で簡単に行けます。

 

ただホームページが英語版のみであることが多いです。ここで英語ができれば、簡単に格安のチケットが購入できるわけです。特にヨーロッパはRyanairやEasy Jetといったバスの運賃みたいな価格で航空券を販売している会社もあるので、少し英語が読めれば簡単に複数の国を渡り歩くことができます。

 

僕は留学している時にヨーロッパ旅行をたくさんしましたけど、3カ国移動して航空券代は2万円なんてざらにありましたからね(笑)。

 

 

好きなところで暮らせる

英語を習得すれば好きなところで暮らすこともできます。必要となる英語力はどこから収入源を得るかにもよりますが、インターネットを使って日本から収入を得ることができれば、日常会話レベルができれば海外生活をすることは十分に可能です。

 

しかも収入源はインターネットからなので、好きな場所に好きな期間住むことができます。Wi-Fiさえあればどこでも仕事ができますからね。最近はこういうスタイルで海外移住をする人が増えています。

 

一方、一つの国に拠点を構えて現地で仕事をするとなると、英語+現地の言葉を習得する必要があります。でも語学力と特殊なスキルさえあれば海外で暮らすことは十分に可能です。

 

いずれにせよ、自分が好きな国で暮らせるって夢がありますよね。「スペインのラテンな雰囲気が好きだから移住した」とか「イタリア料理に魅了されて、一生そこで暮らすことにした」とか、そういう人が増えたら世の中面白くなりそう。というか実際に自分が実現でたら、絶対に幸せですよ。

 

 

 

人が思いつかないようなアイデアにたどり着く

得られる情報量と質が段違い

インターネット上にある英語ベースの情報量は、日本語に比べて何百倍もあるみたいな話を聞きますよね。これは事実です。学術論文などを検索しても、日本語だと最新の情報が得られることはまずありません。英語で書かないと読んでもらえないからです。

 

普通に情報を検索するにしてもそうです。例えばロシア語の勉強を始めたいなと思った時に、Googleで検索しますよね。すると日本語のサイトには「何年前に書かれたんだろう?」と思ってしまうようなサイトばかり。

 

一方、英語のサイトを見ると最新の情報も含めて、いろんな情報が載ってます。しかも複数のサイトがあるので、自分に合ったサイトを見つけることができるだろうし、適度な競争が行われているので、質の良いサイトが上位に上がるようになってます。

 

しかも英語だとYouTube動画もたくさんあるので、もはや英語ができれば教材を買わなくてもある程度のレベルまではロシア語を習得できてしまいます。

 

 

変わった視点が持てる

日本にいるとどうしても情報が偏りがちです。みんなと同じニュースを見て、みんなと同じ食事をして、みんなと同じ服を着ている。そこから何か変わったアイデアが思い浮かぶってことは、あまりないです。そこから生まれてくるのは、想像の範囲内のことであることが多い。

 

いつの時代も新しいアイデアを生み出す人は、変わった価値観を持っていたり、人と違う人生を歩んできた人が多いです。スティーブジョブズさん、ビルゲイツさん、イーロンマスクさん、どなたも歴史に名を残すようなすごい方々です。ただ周りの人からは変人と呼ばれていたかもしれないですね(笑)。

 

英語を習得し、外国人とコミュニケーションをとるだけでも、日本人にはない考え方に触れることができます。「なんで日本人はそんなに謝るの?」「なんで日本人はそんなに働くの?」「なんで日本人は黙ってるの?」などなど、外国人が疑問に思うことなんて山ほどありますよ。

 

こうした考え方に触れれば、今まで縛られてきた常識、凝り固まった考え方から解放されるかもしれません。

 

海外のニュースを見てみると分かりますが、日本のニュースは偏っている部分がかなりあります。テレビから得ていた情報は、他の国では大して重要な扱いではないかもしれないし、逆に日本ではほとんど報道されていなくても、海外だと一大ニュースになってることもあります。

 

正しい判断を下す上でも、2言語ベースで情報を得るべきなんじゃないでしょうか。

 

英語を習得することで得られる英語以外の能力は「英語を勉強する本当の意味【TOEIC875点の僕が語る】」で書いてます。

 

SPONSORED LINK

 

 

即効性のある英語を学ぶメリット

社会人は給料アップ

英語の勉強というと将来の自分に対する自己投資的なイメージがあります。海外移住とかは先の先ですもんね。

 

ただ、勉強すればすぐに得られるメリットもあります。それは資格を取った場合に会社からもらえる奨励などです。

 

最近だとTOEICでハイスコアをとるだけで、お金がもらえるみたいですよ。特にソフトバンクなんか、900点以上を獲得した場合は100万円が支給されるそうです!仕事そっちのけでTOEIC対策する輩が現れそうですね(笑)。800点でも30万が支給されるそうです。いかにソフトバンクが海外での事業に力を入れているのかがわかりますね。

 

他にも大和ハウス工業、レンゴーといった企業で高額な奨励金がもらえるみたいです。

 

日本人の給料は世界的に見て、めっちゃ下がってます。即効性はないかもしれませんが、英語を習得して海外で働くことができれば年収が3倍になる可能性も十分にありますよ。(→英語を話せれば人材価値が激増。海外に行けば年収3倍?【三木雄信氏インタビュー・後編】

 

 

大学生は就職に有利

大学生にとってはTOEICスコアが使えるのは、英語科目の単位認定の代わりにできるところですかね。僕の学校でも確かTOEIC800点以上を持っている人は、授業に出席しなくてもオッケーという仕組みがありました。

 

あと就職活動においては、間違いなく有利に働きますよ。特に海外事業に力を入れているところでは印象がいいでしょうね。おじさん世代は英語ができない人が多いですから、英語ができる若者が入ってきたらすごく助かるはずです。

 

バリバリに英語を職場で使う企業に就職するとなると、TOEICでスコアが取れるのは当たり前で、700点以下は採りませんといったように足切りもされる可能性があるので、就職を考えている人はTOEICのスコアだけでも上げといた方がいいかもしれないですね。

 

 

日本に依存しない生き方

日本に住んでいると、なんとなく息苦しさを感じたりしません?相変わらず年功序列だし、労働環境はいいとは言えないし。人口の減少は避けられず、このままいけば超高齢化社会の出来上がり。そうすると今払っている年金は、自分たちには返ってこないかもしれない。

 

こう書くとネガティブなことばかりですね(笑)。でもこうした事実があるわけですから、日本が経済的に落ち込んだりしても、海外で生活できる基盤を築いておく必要があると思うんですよ。

 

このまま日本の国力が維持されて、実際に海外に移住する必要がなくても、「日本に頼らなくても生きていける」という安心感は、大きな心の支えになります。

 

一方何かに依存している状態、日本や会社に依存している状態だと、自由は感じにくいです。「ここがなくなったら、俺もおしまい」という状況だと、どんなに日本が息苦しくても、どんなに会社がブラック体質でも働き続けないといけないじゃないですか。その強制力がやがて精神を蝕んで、うつ病とかになったりするわけです。

 

海外の仕事が楽だとは言いませんが、働く環境はかなりマシというか、外国人は結構適当に仕事をしていたりします(笑)。この動画なんて、超わかりやすいですよ。

 

 

英語を習得すれば、海外でも働けるという逃げ道を用意できます。

 

 

最後に:英語の勉強を今すぐ始めよう

今のところ日本は世界的に見ても裕福な国の一つです。欲しいものは何でもそろうし、インフラも完全に整備されています。めちゃくちゃ快適なわけです。

 

なのでわざわざ海外に行って、勉強する必要がなかったりします。でも今後もその豊かさが続くかどうかはわかりません。もしかしたら経済が一気に落ち込むかもしれません。そして今までの生活レベルが一気に落ちるかもしれません。

 

人口が減少するので、経済の規模が小さくなることも、高齢者が増えて医療費が増加することも確実でしょう。

 

なので今のうちに対策を打っておくのが賢い選択なんじゃないでしょうか?今なら海外で英語を勉強するにしても、非常に安価です。フィリピン留学なんてその典型で、超格安で英会話を学べます。これは日本とフィリピンの間に大きな国力の差があるからです。

 

しかしこの差はグローバル化によって年々縮まっていきます。なので今がチャンスです。

 

現時点でも英語ができるだけで、市場価値はかなり高くなります。TOEICのスコアを持ってるだけでも大学生であれば就職しやすかったり、社会人であれば給料アップにつながるわけですから、早めに英語を習得するのが得策ですね。

 

短期的に英語力を伸ばしたい人は「東京でパーソナルトレーニングができる英会話スクール」を参考にしてみてください。

 

英語の必要性については「英語の必要性は100%なくならないから、今からでも勉強を始めたほうがいい」も合わせて読んでみてください。

\\School Ranking//



Pocket

You may also like