「で、君はどう思うの?」Aitemで自分の考えを磨け【池袋の英会話教室】


先日「Aitem」という池袋にある英会話スクールに行ってきました。

 

都内でもトップクラスの低価格レッスンを提供しているスクールで、1レッスン1,200円(40分)でグループレッスンに参加できちゃいます。

 

めっちゃコスパ良くないですか?都内で色々スクールを見て回ってる僕ですが、間違いなくトップ3に入る安さ。

 

実は以前にもこのスクールにお邪魔させていただいたんですが、今回は校舎が赤坂から池袋に移転したということで、約1年ぶりにレッスンに参加させていただきました。

 

≫公式サイト:Aitem

 

 

 

1年経ってもAitemはAitemでした。

1年ぶりにレッスンを受けに行ったわけですが、やっぱりAitemはAitem。ずっとゲラゲラ笑いながらレッスンを受けてましたw

 

もうね、みんなキャラ濃すぎwww。先生はもちろんのこと生徒さんたちのキャラが濃すぎて超面白かった。

 

一応取材で来てたんですけど、すっかり取材のこと忘れてましたらからねwww僕が会社の社員として取材してるとしたら、間違いなく怒られてるレベルで、取材のこと忘れてましたからねw

 

それくらい楽しかったし、普通に生徒としてAitemに入会しちゃおうかなと思いました。(その際は、矢野さんよろしくお願いします!)

 

こんなアットホームかつ、生徒さんの質が高く、楽しく英会話の練習ができるスクールってそうないと思いますよ。

 

それでは、僕がレッスンを受けた様子をたくさんの写真と共に書いて行きますので、ぜひ最後まで読んで言ってください。

 

ぶっちゃけ僕の文章を読まなくても、写真からその面白さが伝わると思うので、写真だけ見て行ってください。で、ちょっとでもAitem流が伝わったら、体験レッスンを受けに行って見てください!

 

(記事では日本語で書いてますが、基本的に授業は全て英語です!)

 

≫公式サイト:Aitem

 

 

 

自己紹介

〜Self-Introduction〜

この日の先生はフィリピン人のエリサさん。もちろん英語はペラペラのネイティブレベルです。

 

ちょっと英会話と全く関係ないこと言っていいですか?

 

エリサさんの笑顔超可愛くないですか?見てるだけでこっちまで楽しくなっちゃうというか、控えめに言って”完璧”ですよね?

 

はい共感した方は、こちらのリンクからAitemへお申し込みどうぞ!もうこの後の記事は読まなくてオッケーです!

 

しかもこの先生、可愛いだけでなく、終始授業が盛り上がるように機転を利かせてくれてるのがわかりました。いい意味でキャラも濃かった。

生徒さんは学生さんが多かった印象。もちろん社会人の方もいました。

 

「インドカレー好き女子」「ウォッカ・ウイスキー等強い酒が好き女子」「スイート狂女子」「K-POP好き男子」…。

 

このように生徒さんもみんなキャラが濃かった。Aitemってなんかそういう方たちを引き寄せてる感じですかw?彼女ら彼らと比べると、自分のキャラが格安居酒屋の酒かってくらい薄く感じましたw。

 

 

 

発音

〜Pronunciation〜

自己紹介が終わったら次は発音練習です。

 

僕のイメージかもしれませんが、英会話スクールのグループレッスンってちょっと発言しにくい雰囲気ありません?周りの様子を伺いながら、恐る恐る発言をするみたいな。

 

Aitemにはそういうのあんまりないです。完全に無いって訳では無いんですけど、すっごくオープンな雰囲気だと思いました。

 

先生「じゃあ右回りで発表していってね!」

 

これを合図に一人一人みんなの前で、10個くらいの発音が難しい単語を言って行きます。つまずきながらも楽しみながら進む感じ。

悔しがる顔がめっちゃ可愛い!

 

自然と発言できるし、みんなもそれを受け入れてくれるような雰囲気で、「いい生徒さんたちが集まってるなぁ〜」と心の中で思ってました。

 

≫公式サイト:Aitem

 

 

 

スラング

〜English Slangs〜

この日習ったスラングは2つ

  • Creep
  • Cram

 

どちらも生徒さんの年代に合ったキャッチーなスラング。それぞれ「変態、おかしい(creep)」「一夜漬けをする(Cram)」という意味

 

先生が「Cramをよくやってしまう人は手を上げて」というと、8本の手が上がってました。自分、先生を含めて全員w

 

ちょっとCramで素敵な生徒さんが多いですねw

 

≫公式サイト:Aitem

 

 

 

イディオム

〜Idioms〜

この日習ったイディオムは二つ。

  • a Piece of cake(簡単だよ〜)
  • Hang in there(がんばれ〜)

 

先生「これを覚えておけばネイティブになれるから、覚えてね!」

wwwwwwwwお、おうwww

 

先生「じゃあPiece of cakeを使って例文を作ってみて」

 

みなさん考えます。そこである生徒さんが登場

 

Jさん「It’s a piece of cake to make Indian curry」

カレーネタ出たwww。自己紹介でカレー好きを公言し、前置きをしていた上で、このタイミングでカレーネタを差し込んでくるあたり、完全にプロw

 

≫公式サイト:Aitem

 

 

 

議論

〜Discussion〜

この日のディスカッションの内容は

 

「リーダーとフォロワー」

 

Aitemってこういう授業が多いんですよ。ただただ英会話を学ぶだけじゃなくて、考え方を磨かせてもらえるような授業が多い。

 

1年前に受けたレッスン同様、この日も面白いディスカッションができました。

 

まずは隣同士でペアを組んで、「どんな人がリーダーに向いてるか」逆に「どんな人がフォロワーに向いてるのか」話し合います。

常に笑顔が絶えません。

 

そして発表。

その後は、一人一人自分はリーダーが向いてるのか?それともフォロワーが向いてるのか、理由を付け加えて発表します。

 

リーダーよりもフォロワーの方が自分が向いてると思う人の方が多いみたいでしたね。僕とカレー好きの女性を除いてはwww

 

僕は「自分の人生は自分で作りたい。誰かに従うよりもそっちの方が楽しいから」と答えたような気がします。

 

カレー好きのJさんは何て言ってたのか忘れちゃいましたが、なぜかディスカッション以降は「クイーン」として呼ばれてましたwww

 

(僕がそのレッテルを貼ってしまったような気もするので、お嬢、何か問題がございましたらこちらのリンクから当ブログにお問い合わせくださいませ!(土下座))

 

≫公式サイト:Aitem

 

 

 

タブー・ゲーム

〜Taboo Game〜

タブーゲームって知ってますか?

 

ざっくり説明すると、まず2組のチームに別れます。で各チーム一人ずつ回答者を選出。先生がホワイトボードに英語のセンテンスを書きます。

回答者はそのセンテンスが読めません。その代わりチームメイトがどんな文章なのか説明します。この時、直接単語を教えることができません。

 

どんな単語なのか英語で説明して、回答者に答えを当てさせる。

 

これがタブーゲームです。説明下手でうまく伝わってるかな?とりあえず写真で楽しんでください(笑)

勝ち誇る相手チーム。(僕のチーム負けましたw)

 

このゲーム意外と面白い。すっごく英語のトレーニングになりますね。

 

普段の日常会話って、自分が知ってる表現を中心に話すじゃないですか?だからあんまり頭を使わなくても話せちゃうんですよね。

 

一方、このタブーゲームだと単語ひとつひとつの意味を丁寧に説明しないといけない。普段使わないような表現も使って、説明しないといけない。

 

めっちゃ強制力が働くんですよ。

 

僕はある程度英語が話せる方だと思うんですけど、このゲームはめっちゃトレーニングになりました。

 

あ、このゲームの時、2つのチームに別れて戦ってたんですけど、相手がめっちゃ苦戦してました。

 

その単語は「Company」だったんですけど、ずっと苦戦してる。結構簡単な単語なのにw

 

ゲームオーバーで答えを知った彼は言いました。

 

「かんぱ~に〜~〜~????」

「おまっ、それ何語だよそれw」ってくらいイントネーションがおかしくて、みんな爆笑でしたwww

 

ここから彼は「カンパニーガイ」と呼ばれることになります。

 

≫公式サイト:Aitem

 

 

 

語彙

〜Vocabulary Game〜

「名詞」「形容詞」などでルールを縛って、ボールを回しながら単語を言ってくゲームです。

 

好きな単語を言っていってOKなんですけど、みんな自分の好きな単語言い過ぎwww。カレー好きはカレー系の単語、酒好きは酒系のワード、韓国好きは韓国系の単語と。

 

「絶対狙って言ってるよね?」って感じでしたw。

カレー系の単語を思い浮かべてる??

悩む女子

なんかよくわかなないけど面白かったみたいw

 

そのほかにも「cute」「smart」「beautiful」「intelligent」「nice」とか褒める系のワードを言うといちいち先生が反応する。「Thank you」って。

あなたのことじゃないwww

 

このフィリピン人先生マジで面白いです。

 

≫公式サイト:Aitem

 

 

 

もしも

〜Stand up If〜

「もしあなたが〜だったら立って」ってのをやるゲームです。(説明雑?w)

 

ある女性が言いました。

 

「インドカレーを食べたことのある人は立って」

 

出た、またインドカレーネタwww

 

インドカレー食べたことない人が結構いたんですけど、それに対して彼女は「えぇぇぇぇ〜食べたことないの〜」とさも日本人全員が主食にしてるかのような言い様www。

 

食べたことがない人もいるでしょwww

 

ちなみに僕は「もしあなたがお金が好きなら立ってください!」と言いました。

 

秒で立ちましたね、みんなwww

ただし、ある大学生の女の子は立ってませんでした。

 

「お金よりも時間が大切。なぜなら時間はお金では買えないから」と一点の曇りもない純粋な眼差しで言われちゃいました。

 

ちなみに僕は時間もお金を買えると思ってた人間なんですが、正論すぎる。その通りっす。考え改めます。

 

え〜っと、今度人生のコンサルティングをしていただいてもよろしいでしょうか?何卒よろしくお願い申し上げます。(ちなみに年齢的には僕の方が5つ上www)

 

こうやって自分が思ってることを素直に言い合える環境があるのがAitemのいいところですね〜。英語だけじゃなくて、普通に自分のマインドを磨き上げる練習になります。

 

≫公式サイト:Aitem

 

 

 

討論

〜Debate〜

「タブレット」「紙の本」どっちの方がいいかについて2つのチームに別れてディベートしました。

 

いろんな意見が飛び交って面白かった。

ちなみに僕は「タブレット派」でやらせていただいて、ことごとく「紙の本派」の意見の方を打ち負かしてやりました。

 

と言いたいところなんですけど、なんかディベートしてたら最終的にみんな「やっぱり紙の方が良くね?」となって結局最後は僕だけがタブレット派になってました。

 

裏切られたwww。お、おい、お前ら〜!!!!

 

大学生の女の子2人と、カンパニーガイに裏切られましたwww

この時はまだ仲間でした。

 

まぁみんな素直でよろしい。

 

あ一応僕がタブレットを推奨する理由を教えますね。

 

タブレットのメリットは様々な情報、自分の好きな情報、最新の情報に瞬時にアクセスできることです。一方、本のメリットは物事が体系立ててまとめられていて、流れをつかみ易く、繰り返し学ぶのに最適です。

 

でも今の時代は、分野にもよりますが、体系立てて物事を学ばなきゃいけないことってそんなに無いのかなと思います。

 

それよりも常に最新の情報を手に入れて、それらを組み合わせて新たなものを生み出していくことに価値があると思うからです。

 

実際大人になると本を読んで学ぶよりも、様々な知識や経験を得ることの方が、成果に直結したりします。

 

これをもっとざっくりした感じにして、みんなの前で発表したと思います。めっちゃ真面目ですね僕www

 

≫公式サイト:Aitem

 

 

 

最後に:英会話だけじゃない。自分の考えを磨ける

Aitemレッスンが面白いし、英語の知識もたくさん手に入るし、英会話スクールとして最高です。

 

ただ、僕は言いたいのは「それだけじゃないぞ」ってこと。

 

自分の考えを磨くのに最適なスクールなのかなと思います。

 

日本語だとあんまり重い話ってしなくないですか?日本語という言語がいい意味でも悪い意味でもあんまり論理的でないので、どうしても表層的な話で収まりがちです。

 

一方英語ってかなり論理的な言語です。文法ルールはもちろんのこと、会話に関しても必ず「理由」を求められるように思います。

 

だから英語でのディスカッションは英語力はもちろんのこと、自分の思考を磨き上がるのにとってもいいトレーニングだと思うんです。

 

普段、伝えたいことがあるけど、考えがうまくまとまらずにモドカシイ思いをしている人にとってはいいトレーニングになるのかなと思います。

 

またここまでは僕の感想でしたが、Aitemのホームページにもっと素敵なことが書かれていたのでそれを引用しますね。

 

【英語】をきっかけに
一人でも多くの人が
選択肢を多く持てる後押しを!!

というミッションを掲げていますが、
裏テーマの一つにはマイノリティー大歓迎!!という
わたしの個人的な想いも強くあります。

マジョリティー正義説が根強い日本では
人と同じ事だけが正しいとされる風潮が強くあり
人と違う意見を言う事、やる事は悪だと言わんばかりの小さな村社会のような文化に、
私自身とても苦しんできたタイプなので、

マイノリティーは素敵な個性!!というコミュニティを作る事はずっと思い描いていた事のひとつでした。

故にレッスンプログラムには、
自分の想いや意見を
自分の言葉で伝える勇気、
自分と異なる考えを持つ人を
理解し受容する心の豊かさ、

英語をツールにしながらそんな事も共有して貰えたら、
という強い想いが反映されていたりします。

なんの才能もないわたしが先頭に立つ事が
本当に正しいのか何度も何度も自問自答しましたが
理念だなんて大そうな事ではなくシンプルに、

思考すること
理解すること
受け入れること
許すこと
信じること

そして
勇気を持って挑戦し続けること。

ビジネスも人間関係も
小さな思いやりと小さな一歩の積み重だけが
大きな何かに通ずるきっかけなんだという事を
伝え続けていく事がわたしの役割なのかなと
最近ようやく思えるようになりました。

わたしをきっかけに
みんなのためのみんなの【居場所】というAitemにしてくれる事が
今のわたしの心からの願いです。

まず目の前の人を、
まず隣の人を、
悔いなくとことん大切に
愛ある日々を。

 

引用元Aitemのこだわり

 

やっぱりAitem、いい。

 

P.S  Aitemの生徒の皆さん、取材の協力ありがとうございました!皆さんのおかげでとっても楽しい時間が過ごせました!ブログについて聞きたいことがありましたら、いつでもご連絡ください!

 

≫公式サイト:Aitem

\\School Ranking//



Pocket

You may also like