『また会いに来たくなる先生がいる』START-UP ENGLISHインタビュー


先日、当ブログでも頻繁に紹介させていただいているSTART-UP ENGLISH(スタートアップイングリッシュ)渋谷校さんに行ってきました。(渋谷校の中の様子は「ここはカフェ?写真で楽しむ『START-UP ENGLISH』渋谷校」をチェック)

 

今回はこのスクールを運営している「ユナイテッド・リグロース株式会社」取締役・渡邊和喜さんをインタビュー。

 

最初はどんなインタビューになるか全く予想ができなかったんですが、想像以上に面白い話が聞けました。

 

「セブで運営されてる語学学校オトナ留学MBA」「また会いたくなる先生」「フィリピン人先生と日本人生徒はベストマッチ」「英会話スクールの適正価格」「また来たくなる英会話スクール」などなど。

 

ちょっと長めのインタビュー記事になるので、気になる見出しだけでもピックアップして読んで行ってください。(後半の方が面白いかも!)

 

≫公式サイト:START-UP ENGLISH

 

 

START-UP ENGLISHの歴史

ーーSTART-UP ENGLISHが始まったのはいつ頃ですか?

2016年4月です。経緯としては、フィリピンのセブ島の方でオトナ留学MBAという語学学校をスタートし、卒業生がある程度増えてきた段階で、「日本側でもレッスンを受けたい」というニーズが増えたところから始まりました。

 

START-UP ENGLISHが始まったのは、セブで語学学校を初めてちょうど約3年後。これがある種、需要側なんです。

 

一方で供給側としては、フィリピンの先生のキャリアアップもありました。

 

フィリピンの子って一つの会社で一生働き続けるというよりも、自分のキャリアアップのために、どんどん転職して行くのが一般的です。

 

なので語学学校が2年、3年くらい経ってきたタイミングで、育ててきた先生たちが次のキャリアを目指して辞めて行くということが起こっていたんです。

 

特に何か問題があったわけではなくて、2年くらい働いたから次の新しい環境で働きたいという先生が多く、重要視していた先生がポロポロっと辞め出しました。

 

このままだとせっかくの優秀な先生たちが、外に流出してしまって、自分たちの会社にとって損失でしかないなと思っていました。

 

もしかしたら日本でフィリピン人の先生たちが働けるキャリアアップがあったら、先生たちも喜んでくれて、スクールに留まってくれるのではと考えたのが、供給側でのSTART-UP ENGLISHを始めた理由です。

 

実際、辞めると言っていた先生たちも、「今度日本で英会話スクールを作るよ」と話をしたら、うちの会社に残ると言ってくれた先生がたくさんいました。

 

 

ーー需要側と供給側がある意味ベストマッチだったわけですね!

もう一点言うと、フィリピン・セブ島にある語学学校の質の高さを知ってもらうためです。

 

正直フィリピン留学とかで調べてもらえると分かるんですけど、どこの学校が良いのかって、横並びすぎて全然わかんないんですよね。

 

中には「えっ?」という学校もあるし、一方で一生懸命頑張っている学校もある。ホームページを見るだけでは絶対に判断がつかない。行って見てようやく分かる状態。当時はまだ口コミサイトのようなものも全然なかったので。

 

手前味噌ですけど、僕らはすごく先生たちの教育には力を入れていました。

 

社会人専門の語学学校なので、ビジネスマンたちが満足してくれるよう、先生のナレッジもしっかりとトレーニングしてサービスを作り上げていました。住環境についても高いレベルのものを提供。

 

でも留学エージェントで紹介される中では結局横並びで、「ただちょっと値段が高いよね」というだけのポディション。

 

だったらいっそのこと日本国内へ打って出て、日本国内で僕らのサービスを提供して、そこで興味を持ってくれた方がセブに留学していただけたらなと思ったのが3点目。

 

大きくこの3点が、日本でSTART-UP ENGLISHをやろうと決めた理由です。

 

≫公式サイト:START-UP ENGLISH

 

 

 

START-UP ENGLISHが日本で始まってからの評判

ーー実際日本でスクールを始めてみて評判はどうでしたか?

先生たちが日本で働けるって道を作った瞬間に、泣いて喜んでくれたような先生もいました。

 

そこは我々の原体験としては大きかったです。

 

はっきり言ってお給料的には、日本とフィリピンを比べると5倍〜10倍くらい違いますから。しかもビザを取るためには、最低賃金だとなかなか難しくて、そしたらフィリピンでもらってる給料の10倍くらいが日本にくるともらえるんです。

 

 

ーー先生たちからの評判が良かったと言うことですね。

日本で働くというのは海外の人にとってはすごく狭き門なんです。

 

日本はすごく安全だし、フィリピンの人たちからするとイメージはすごく良い。でもビザを取るには厳しい審査があります。

 

またフィリピン人の10人に1人くらいは海外で働いてるくらい、出稼ぎ労働者が多い国なんですけど、中東に行ったりだとか、ビザが下り易い国に行った結果、中には奴隷のように働かされたりとかするわけです。

 

一方、日本では素晴らしい環境の中で働ける。しかもお給料もいい。

 

だから日本で働ける道を作ってからは、いい先生たちがより集まるようになりましたし、現地には今60人ほどの先生がいるんですけど、その中でもみんなが切磋琢磨するようになりより良い循環ができました。

 

その中のトップ5ほどの先生を日本へ招待し働いてもらうことで、日本側では先生の質の担保もできる。

 

フィリピン側はモチベーション高く働くことができる環境ができたのは僕らの想像以上でした。

 

 

ーーではキャリアアップのために他の仕事に移るという先生も減ったと?

そうですね。日本で働きたいと目標を持ってる先生たちが、がむしゃらに働いています。「日本行きのチケットを手に入れるために一生懸命頑張るんだ」と言って頑張ってくれている先生もたくさんいます。

 

 

ーーフィリピンの語学学校から質のいい先生引き抜いて、日本で働いていただく。これは新しいスタイルで、他にやってるところはないですよね?

はい。フィリピン現地の語学学校でこのシステムでやってるところはないですし、日本の英会話スクールでもないと思います。

 

日本側の英会話スクールをマサトさんは色々見られてると思うんですけど、一言で言っちゃうと日本の英会話スクールって評判が良くありませんよね?

 

僕も実際、大手英会話教室に行ったりしましたが、正直30回分のレッスンを購入して、2、3回くらいで行かなくなったたちなんです。

 

≫公式サイト:START-UP ENGLISH

 

 

 

これだけ満足度の低い業界はなかなかない

ーーでは日本の英会話スクール業界はどの辺が問題だと考えてますか?

英会話スクールに行っても伸びないとか、お金を無駄にしたという話をよく聞きますけど、一方で英会話スクールに行って英語力が伸びたよって話はあんまり聞かないですよね?

 

これだけ産業としては大きいのに、これだけ満足度の低い業界ってなかなか無いなというのが正直な僕の印象でした。

 

2016年にSTART-UP ENGLISHを始めるにあたり、いろんなスクールの体験レッスンに行きました。その時に感じたことを一言で言うと、少し偉そうな言い方になってしまいますが、やはり「レベルが低い」でした。

 

根本的な問題は何なんだろうと考えた時に、「やっぱり先生の質だな」と。

 

英会話スクールの先生たちと雑談をしてみると、「俺別に仕事があるんだ」という先生が多く、アルバイト感覚でやってて、先生として突き詰めようとも極めようとも思ってないような先生が全体的に多い印象でした。

 

これが日本の英会話スクールで一番大きな問題かなと。

 

他の英会話スクールがどのようにして先生を採用しているのか調べてみると、多くは外国人の求人サイトを見て集めていて、結局仕入れがどこも一緒なんですよね。

 

 

ーー結局仕入れは一緒で。見せ方が違うだけと。

英語の先生一本でやっていくという先生をはほぼいないわけですよ。

 

ここが変わらない限り、日本の英会話スクールの評判は絶対に上がらないんだろうなと肌身をもって感じました。

 

一方で僕らはフィリピンで語学学校をずっとやってきて、そこで働いている方たちは「先生一本」でやってきたガチの先生なわけです。むしろそれ以外に何も知らないという。

 

そのような子たちとずっと質の良いサービスを作ることに全力を尽くしていました。

 

ネイティブ先生には「ネイティブ先生」というブランドがあり、フィリピン人先生にはブランドがまだありません。今後はここの戦いだろうなと思ってます。

 

≫公式サイト:START-UP ENGLISH

 

 

 

専門でやっている人VS片手間でやってる人

ーー実際に日本に来て働いていただいて、生徒さんの反応はどうでしたか?

実際にマーケットに投入してみると、面白いぐらいに体験授業で差が出る。

 

他の英会話スクールの体験授業に行った方が、うちの体験授業を受けると皆さんとても満足してくれる。そしてうちの体験授業を受けた後に、他のスクールの体験授業を受けた方も、結構な割合で戻って来てくれるんですよ。

 

もちろん料金的に大手さんよりもリーズナブルというところもありますが、「先生の質が全然違う」と生徒さんにも分かっていただけているのかと思います。

 

 

ーーフィリピン人先生の強みってどの辺にあるんですかね?

Goodbye Japanさん(当ブログ)でも「先生の質が高い」と書いてくださってますが、我々としてもそこは自信を持っています。ただ「フィリピン人先生」だから質が高いと言ってるのではなく、「専門職としての英語教師」だから質が高いという認識です。

 

つまり「専門でやっている人VS片手間でやってる人」どっちに教えてもらいたいですか?という話なので。

 

片方は英語教師が本職ではないネイティブ先生に多いかもしれないけど、「英語を話せる」と「英語を教えれる」というスキルはこれ全然違うものですよね?ここは僕らとしても強調したいところで。

 

「話せるプロ=教えれえるプロ」では絶対にないと思ってる。

 

もちろん話すっていう事だけについてはネイティブスピーカーには勝てるわけはないと思ってますが、うちの先生は、教えることに関してはネイティブ以上のプロだと考えてます。(もちろん話すスキルも圧倒的に高いですが)

 

ここが他社さんとの大きな差別化になっていて、生徒さんに支持されている大きな要因の一つでもあるかと思います。

 

実はフィリピン人先生には僕らも大きな可能性を感じていて、日本人の英語嫌いを解決できるのはフィリピン人先生なのかなと。それくらい大きでビジョンを描いてもいいくらい可能性を感じています。

 

とにかく授業が楽しいんですよね。

 

 

ーーですよね!?僕も以前レッスンを受けたときもめっちゃ楽しくて、さっきもレッスンの様子を少し聞かせていただいたら、みんな楽しんでる。ドヨーンとした雰囲気が全くない。

やっぱりフィリピン人先生は生徒さんのモチベーションを上げるのが上手い。いわゆるフィリピンホスピタリティーというもので、すごく先生として向いてる国民性なんだと感じますね。

 

人と話すのが大好きだし、コミュニケーションも大好きだから、授業の中でも盛り上がる。しっかり教えてるんですけど、ただ”授業”というわけではなく、コミュニケーションを楽しみながら授業を進めていくのは、単なる教えるスキルを持ってるだけでなく、本当に性格的な部分でも合ってる。

 

≫公式サイト:START-UP ENGLISH

≫取材記事:TOEIC875点の僕が『START-UP ENGLISH』で体験レッスンを受けてきました!

 

 

 

また会いに来たくなる先生

ーーあれがフィリピンホスピタリティーだったんですね!

日本人って英語を恐れている部分があるじゃないですか?

 

フィリピン人先生だと同じアジア人で、親しみやすい感じで接してくれるのですごくハードルが下がります。

 

僕は英語学習において精神的なハードルを下げるのが特に重要だと思っていて、「また会いに来たくなる先生」というか、友達と喋りに来てるくらいの感覚で来て、でも50分のレッスンが終わったら、今まで知らなかった単語だったり、新しい表現が使えるようになってる。これが僕は究極系だと思ってます。

 

友達と喋れば喋るほど、自分の英語が上達していくような。そんな感覚で生徒さんは英語を伸ばして欲しいなというのがあります。「THE 勉強」だとつまらないし、正直そういう人って意外と伸びないんですよね。

 

楽しんでないと。英語はあくまでもコミュニケーションなので。

 

1個1個のグラマーを気にして「これisだっけ?areだっけ?」とかじゃなくて、それはどうでもいいからまずは喋って、先生と冗談飛ばし合いながら、さっきのはこういう表現の方がもっといいよと訂正されながら練習していった方が絶対伸びる。

 

 

ーーそうですよね。結局ゴールは相手とコミュニケーションを取ることですからね。極論かもしれませんが、伝わればいいんですよね。

本当にそうで、よくフィリピン先生がよくいうのは「日本人は喋らない」。だから先生たち側も生徒さんが何を話そうとしてるのか理解しようがない。生徒側はとにかく考えたことを発さないと。先生たちも最初はそこのハードルがすごく高いらしいです。

 

日本人からすると間違ったら恥ずかしいとか、間違ったらいけないと思ってるけど、逆にフィリピンの子達っていうのは、受けて来た教育からしても、あまり間違いを指摘するというより、積極性を評価する環境なんですよね。

 

そこは大きな違いですね。

 

フィリピンスタイルで教えてくれるというのは、日本人にとってはすごく良くて、まさにベストマッチだと思いますね。

 

≫公式サイト:START-UP ENGLISH

 

 

 

START-UP ENGLISHのパーソナルトレーニング

ーーカリキュラムにおいては、他社とどの辺が違うんですか?

僕らは「日常会話」「ビジネス英語」「発音矯正」と大きく3つの柱があります。それぞれに教科書が用意されています。

 

ただ一番の特徴は、教科書は買うものの最終的に何を学んでいくかは、先生との協議の中でカスタマイズしていく点です。

 

生徒さんが使う会員サイトには授業リクエストフォームがあって、例えば「明日英語でのカンファレンスがあって、それに参加するために必要な英語の練習をさせて欲しい」とリクエストすれば、先生はそれに合わせたマテリアルを用意します。

 

フレキシブルな授業が可能というのは一つの強みです。

 

 

ーーそういうことも可能なんですね。

通い慣れてる生徒さんの中には、ほとんど教科書は使わず、事前にリクエストフォームであるCNNの記事を使った授業をして欲しいとリクエストしたりしてます。

 

先生はその記事を読んで来て、「その記事の特徴はどこにあるのか?」「それについてどう思うのか?」と授業を展開できる。

 

セブの語学学校の方は完全カスタマイズ型です。日本側は半カスタマイズ型になってます。

 

本来は全てカスタマイズでやって行きたいんですが、どうしても生徒さんが授業を受けれるのって週に1回や2回程度なので、全てをカスタマイズにしてしまうと、授業にまとまりがなくなってしまいます。

 

ですので特に要望がなければ教科書に沿って学習を進めていく形になります。

 

ただし教科書とずーっとにらめっこする授業というよりも、トピックスは教科書に従うけど実際の授業は個人個人に合わせてカスタマイズしながらやる。これが他のスクールではなかなかできないところだと思います。

 

≫公式サイト:START-UP ENGLISH

 

 

 

モノには適正価格がある。今の英会話は高すぎる

ーー最近パーソナル型の英会話スクールが流行っています。サービスはいいかもしれませんが料金が高い。一方で大手英会話教室は料金は普通だけど、レッスンが画一的。START-UP ENGLISHは絶妙なポディションを確立してますよね。

パーソナルトレーニング型というのは面白いやり方だと思っています。でも普通にやると、どうしても料金がものすごく高くなってしまいます。

 

 

ーーということはSTART-UP ENGLISHを始めるにあたって、料金は抑えようと考えていたんですか?

僕はよくこの話をするんですけど、モノには適正価格があると思ってます。日本の英会話教室の料金って高すぎるじゃないですか?大手さんとかだと40分で8000円とか。

 

 

ーーどうしてそんなに高くなってしまってるんですかね?

ネイティブ講師が求める給料が高いというのもありますし、大きなスクールになると莫大な広告費もかけてますからね。そういうのが積み重なっていくと、40分8000円くらい取らないといけないんでしょうね。

 

でもその料金だと継続的に英語の学習ができない。高すぎて。この料金を余裕で出せる人はそんなにいないはずです。

 

 

ーーだからSTART-UP ENGLISHではリーズナブルな料金でレッスンを提供してると?

今の英会話教室は、サービスのレベルに対して料金が高すぎる。英語習得って短期戦で終わるものではないので、やはり早くても1年、普通は2年、3年とかけてやって行かなければなりません。

 

START-UP ENGLISHでは50分で4000円〜5000円です。生徒さんも出せてそのくらいかと思うんですよね。うちは全てマンツーマンレッスンでやってるので、そこがギリギリのラインですね。

 

ここまで料金を安くしてるのは、なるべく多くの人にSTART-UP ENGLISHを利用して欲しいからです。

 

そして、そもそもの英会話教室の料金は高すぎると思っているので、このプライシングにさせていただいてます。

 

≫公式サイト:START-UP ENGLISH

 

 

 

フィリピンの語学学校「オトナ留学MBA」も適正価格で

一方で、僕らがセブでやってる学校の方は高いと言われてるんですよ。でもこれも僕らは適正価格だと思っていて、セブの学校は安すぎるんです。

 

僕がセブに留学していた時なんて、3ヶ月のコースが宿泊先ありで三食ついて、1日6時間授業で、28万円でしたからね。

 

 

ーーえ?1ヶ月10万円以下ってことですよね?日本で普通に暮らすより安いじゃないですかwww

僕もこの安さだったんで、どんな所に押し込められるんだろうなと思ったんですけど全然大丈夫でした。笑

 

もちろん一人部屋ではなく、3人部屋だったんですけど、それでもあまりにも安すぎますよね?

 

 

ーーどうしてそんなに安いんですかね?

結局そのしわ寄せがどこに来るかというと、先生たちなんですよね。みんなに聞いてみるとほぼ最低賃金で働かさられてて。だいたい1ヶ月で2万円くらいですよ。

 

 

ーーそんなに安い給料で働かれてるんですね。知りませんでした。

それは流石に我々日本人からすると安すぎますよね。

 

ただ安いだけじゃなくて、もうちょっとお金払うから、より良いサービスを提供して欲しい人も多いと思うんですよ。

 

仮に料金が倍になったとしても、3ヶ月で60万円ですと言われても全然びっくりしないじゃないですか?マンツーマンレッスンですし、むしろアメリカ留学などに比べたら安いと思われるくらい。

 

僕らは今、3ヶ月で70万円程でやらせていただいてますが、それくらいの値段で先生の育成に力を入れて、ちゃんとした設備を用意する。

 

そして僕らは社会人専門の学校なので、住環境にしてもサービスにしても社会人として当たり前に欲しいものを提供するため、そこにはしっかりとコストをかけています。その代わり他のフィリピンの語学学校と比べると少し高い。

 

 

ーー僕の感覚ですが、それでも全然安いですよね。

そうなんです。3ヶ月でそれだけついて70万って全然安いですよね。

 

 

ーー先生たちを搾取するんじゃなくて、適正価格を払ってサービスを受けたほうが気持ちがいいですよね。

その通りだと思います。うちのフィリピンの学校は一般的なマーケットプライスよりも高いんですけど、それは適正価格だと思ってます。

 

一方で日本側はマーケットプライスよりも安いんですけど、でも僕らは適正価格だと思ってるから、この料金でやらせていただいてます。

 

その代わり、日本側はローコストで運営するために、超駅チカというよりも少し駅から離れていたり、できるだけコストのかからない物件で運営しています。

 

英語を勉強するために来る場所なので、別にピカピカのビルに入っている必要はないし、だったらその分値段を下げてサービスを提供したいなと。そうした部分を安くすることで、先生たちの稼働率を上げたりしています。

 

もちろん内装は綺麗でおしゃれな空間にしています。中に入ったらスターバックスみたいな感じ。

 

僕らは、本当に必要なものにお金をかけるようにしています。当然先生たちにはわざわざ日本まで来ていただいてるので、そこにもしっかり育成コストも含めてかけてます。

 

 

ーー他にスクール運営で心がけていることはありますか?

居心地の良い空間にするように心がけてます。「また行きたい」という思いを抱かせるためには、勉強しやすい空間だろうなと。

 

「The スクール」みたいな所は僕は無理なんですよ。行きたくなくなるというか、足が遠のいていく感じがするので。じゃあ行きたい場所ってどこだろうと考えた時、やはりカフェみたいな場所。みんなカフェとかで勉強してるので、その雰囲気を内装に採用してます。

 

先生がすごく良くて、居心地も良いとなると、生徒さんからすると通いやすいだろうなと考えました。

 

その代わり立地は多少悪くなりますが、ご了承くださいということで。

 

こんなコンセプトでやってて、必要なところにはお金をかけるけど、それ以外のところは極力かけない。

 

我々LCCモデルと呼んでるんですけど、LCCの目的っていかに安く目的地に到着するかですよね?英会話業界においても同じで、目的とするゴールまでいかにローコストで行けるかを追求しています。

 

≫公式サイト:START-UP ENGLISH

 

 

 

最後に:また会いたくなる先生、行きたくなるスクール

今回はSTART-UP ENGLISH(スタートアップイングリッシュ)の渡辺さんをインタビューさせていただきました。

 

インタビューをしていて思ったのが、START-UP ENGLISHは生徒さんのことはもちろんですが、先生のことそして業界全体のことも考えて運営されてるんだなと感じました。

 

皆さんも感じてることだと思いますが、英会話スクールってやっぱり高いですよね?1レッスン7,000円〜8,000円って金額的に結構キツい。それでいて先生の質はそこまで高くないし、先生に払われる給料もそこまで高くない。アルバイト感覚でやってる先生も多い。

 

レッスン料金のほとんどは広告料に使われたりしていて、それって結局誰も幸せにならないと思うんですよね。

 

一方START-UP ENGLISHは、余計なところにお金をかけずにサービスのクオリティを上げることにリソースを注いてる。それでいて先生にも適正な給料が払われている。

 

お金を払う側としてもそっちの方が気持ちよくないですか?

 

こういうのって普通にお客さんの立場では見えないですけど、今回のインタビューでこういうところまで聞けたのは僕としてもとっても貴重な経験でした。

 

この記事を読んで、ちょっとでも心に刺さる部分があったら、ぜひ無料の体験レッスンを受けに行ってみてください!ちなみに僕の体験記事はこちら「『START-UP ENGLISH』おしゃれな空間で英会話を初めてみない?

 

≫公式サイト:START-UP ENGLISH

\\School Ranking//



Pocket

You may also like