「ENGLISH SCHOOL +200」に行ったらTOEIC900への道がひらけた


どうもこんにちはTOEIC875点のマサトです。先日「English School +200」というTOEICスクールに行ってきました。

 

きっかけはネットサーフィンをしてる時。「+200」という単語に惹かれて、ホームページを見てみると卒業生の方の実績が。「430点→630点(200点UP)」「455点→790点(355点UP)」「280点→665点(385点UP)」と書かれてました。しかも2ヶ月、4ヶ月といった短期間で。

 

「ほんとかなぁ?」と思ったので、すでにTOEIC高得点を持っている僕ですが、潜入してきました。

 

結果からいうと「やばい」です。もちろんいい意味で。「スクールが保有しているノウハウの」「サービスの質」「講師のレベル」全てにおいてこれほどレベルの高いスクールはなかなかないなと思いました。あとスクール代表の方がMENSA会員であることには驚き!

 

それではスクールの概要から僕がカウンセリングを受けた感想までじっくりと書いていきます。(MENSAのこともちょっと書いてます)

 

(僕のカウンセリング、体験レッスンの感想は記事の後半に書いているので、そこだけ読みたい方は目次から飛んでください)

 

 

 

English School +200ってどんなスクール

English School +200は港区は田町にあるTOEIC特化型スクール(※英会話コースもあり)。最大の特徴は短期間でTOEICスコアを一気に上げてくれる点です。

 

ホームページに記載されている、卒業生の方々の実績を見ていただければわかりますが、かなり多くの方が数百点単位でスコアを上げています。それも短期間で。

 

なぜそんなことが可能なのか?一言で言い表すのは難しいですが、スクールの特徴を簡単にまとめてみました。

  • 在籍している講師は全員TOEIC990点満点
  • 生徒一人一人に合わせたパーソナル学習
  • 学習効率を圧倒的にあげるソクラテスメソッド
  • メールでの学習サポート

 

といった感じです。それぞれ細かく見ていきます。

 

 

講師が全員TOEIC990点満点は凄すぎ

都内にTOEICスクールはいくつもあります。もちろん大手の英会話スクールでもTOEICコースはあります。でも講師が全員TOEIC990点満点を持っているスクールなんてないですよ。

 

まず当たり前ですけどTOEIC満点を取るのはめちゃくちゃ難しいからです。かなりTOEICを研究しないと取れません。なので一般的なスクールではTOEIC700点以上が講師の採用基準ですね。

 

一方、English School +200の場合は全員が990点満点です。だから講師のレベルが圧倒的に違うんです。

 

実際に今回、スクール代表の越智さんとお話しして、英語力は圧倒的に高く、TOEICについても日本でトップクラスに研究されている方だなと感じました。あとやっぱりMENSA会員であると聞いて驚きましたw(英語と関係ないですねw)

 

TOEIC700点とTOEIC990点満点では、持っている知識量もノウハウも圧倒的な差があります。満点の人にマンツーマン指導してもらえば、短期間で英語力は上がるに決まってますよ。

 

 

生徒一人一人に合わせてパーソナルサポート

English School +200が持つ、普通の英会話スクールとの大きな違いの一つが、生徒一人一人に合わせてパーソナルサポートをする点です。(マンツーマンで学習指導してくれる「結果重視コース」と「マイペースコース」につくサービスです。)

 

具体的には現在の点数をパート別に数値化して、短期間でも最も目標スコアに辿り着きやすいような学習プランを設計します。

 

さらに「結果重視コース」では、メールでのサポートもついていて、スクール外での学習についてもパーソナルにサポートしてもらえます。

 

 

学習効率を飛躍的にあげるソクラテスメソッド

ソクラテスメソッドってなに?という方が大半だと思います。僕も始めて聞いたときは「ソクラテスさんって誰だっけ」という感じでした(笑)。

 

簡単に言ってしまうとソクラテスメソッドは、問いを立てて、その問いの答えに対話によってたどり着く学習法です。

 

学校の授業では先生の話を一方的に聞くだけですよね。「この問題の答えはこれです。理由はこうだからです」といった感じに。みなさん経験したのでわかると思いますが、これだと全く頭に入りません。自分の頭で考えていないから。

 

一方のソクラテスメソッドは対話によって答えにたどり着きます。

 

講師「この問題の答えは?」

僕「これ3番です」

講師「どうしてですか?」

僕「この場合は形容詞しか入らないからです」

講師「その理由は?」

僕「空欄の前に〇〇という単語があるので…」

 

これが結構大変なんですよ。実際にEnglish School +200で体験レッスンを受けた時は、TOEIC高得点を持ってる僕でも、うまく説明できないところがいくつもあって、そこが原因でスコアが伸び悩んでるんだなと思いました。

 

でも理解度はめちゃくちゃ上がります。僕の感覚では一方的に答えを教わるよりも100倍くらいに上がります。これはちょっと盛りすぎかもしれませんけど、それくらい効果の高い学習法だと思いました。これ本当にすごいです。

 

このソクラテスメソッドは、TOEIC満点のレベルの高い講師が在籍している「English School +200」ならではのサービスです。他では絶対にできません。

 

≫公式サイト:English School +200

 

 

 

実際にカウンセリングを受けた感想

それではいよいよ、僕が実際にEnglish School +200でカウンセリングと体験レッスンを受けた時の様子を書いていきます。

 

ここまでスクールの説明を書いてきて薄々気づいていると思いますが、とっても素晴らしいスクールです。ほんの1、2時間程度のカウンセリングでしたが、本当にためになる情報がもらえましたからね。そのあたりも余すことなく伝えます。

 

 

まずはカウンセリングから始まる

English School +200はビルの5階にあります。エレベーターを出てすぐのところが受付になっていて、エレベーターを降りるととっても気さくな男性の方が待っていてくれました。

 

僕の感想「かっけ〜」

English School +200代表の越智さんがカウンセリングから体験レッスンまでやってくれました。

 

まずカウンセリングシートに「現在のTOEICスコア」「目標とするTOEICスコア」「TOEICで苦手なパート」「これまでの英語学習経験」などを記入します。

 

これが終わるといよいよカウンセリングが始まります。

 

越智さん:現在TOEIC875点という高いスコアですが、独学で勉強されたんですか?それとも留学経験などがありますか?

 

マサト:はい、留学をしてました。必死の努力で勝ち取ったというよりは、留学経験による影響が大きいと思います。なのでTOEICスコアが頭打ちになってしまってるんですよね。

 

越智さん:具体的にどのパートが苦手だったりしますか?

 

マサト:英会話がある程度できるのでリスニングパートは簡単に取れるんですけど、文法をあまり勉強したことがないので、リーディングパートでかなり点数を落としてしまってます。

 

越智さん:それは帰国子女と留学経験者にありがちなパターンですね

 

マサト:そうなんですか!?

 

越智さん:そうなんです。実は私も帰国子女で高校4年間をアメリカで過ごしていましたのでわかるんですけど、帰国子女や留学経験者の方は答えが論理的にわからなくても、なんとなく答えがわかってしまうんです

 

マサト:確かに僕もそうかもしれません

 

越智さん:今後さらにスコアを上げていくには、問題をより論理的に理解する必要があります

 

ここからさらに具体的なアドバイスがもらえて、ずっと「確かに」「その通りだわ」と感心していたのを覚えています。

 

 

いよいよ体験レッスンを受けてみる

カウンセリングが終わったら、いよいよ体験レッスンです。ここでは実際のレッスンと同じ方式でレッスンをしてもらえます。

 

ここで登場するのが、記事の序盤でお話ししたソクラテスメソッドです。これが凄くいい。

 

使用する問題は特殊なものではなく、公式問題集と同じような問題が使われます。これを解いていくわけですが、ソクラテスメソッドでは対話が求められます。

 

ただ問題を解くだけではなく、「どうしてその答えになるのか?」の説明をひたすら求められます。

 

具体的な問題を載せようと思ったんですけど、写真を撮らせていただくのを忘れてしまいました(笑)。すいません。ざっくりとした写真を載せます

 

ただ言えることは、このソクラテスメソッドをやることで、文章単位での理解度が上がるのはもちろんのこと、形容詞の性質、動詞の機能まで深いレベルで理解することができます。

 

TOEIC875点を持っている僕でも、答えにはなんとかたどり着けても説明が全くでいない問題がいくつもありました。

 

でもその時に、講師の方が的確な質問をしてくれて、それに答えているうちに自然と「そういうことだったのね!」と明確に答えを理解できたのを覚えています。

 

この感覚は今までの英語学習の中でもあまりないもので、かなり新鮮だったのを覚えています。

 

このソクラテスメソッドができるのはEnglish School +200に在籍している講師の方の質が高いからです。TOEIC800点レベルでは、生徒さんに適切な質問もできないでしょうし、そもそも自分でさえ答えられない問題があるはずです。

 

ソクラテスメソッドは、English School +200ならではのサービスです。他では受けられません。

 

 

最後にスクールの説明

カウンセリング、体験レッスンが終わったらほとんど終了です。あとはスクールの説明。English School +200で用意されているコースと料金プランなどなど。

 

いくつかのコースが用意されていますが、TOEICスコアを短期間で伸ばすなら「結果重視コース」「マイペースコース」がいいと思います。

 

結果重視の方は当然ながら厳しいコースです。マイペースコースの方は、なんとなく楽そうな感じがしますよね?

 

でもやることは結果重視コースとほぼ同じだそうです(笑)。ただレッスンのペースがこちらは少しゆったりしているそう。

 

2つのコースに共通しているのが、生徒一人一人に合わせて学習プランを設計することです。TOEICといっても、リーディングパートが苦手な人もいればリスニングが苦手ない人もいます。リーディングパートの中でも長文読解が得意な人もいれば、そうでない人もいる。

 

短期間でスコアを伸ばすためにはこの辺のことを考えて、最短ルートで結果ができる方法を探す必要があります。いくつか例を見せてもらいました。こんな感じで分析するそうです。

 

 

あとホームページを見ながら講師の方々の紹介もしていただきました。

 

やはり講師の方は全員TOEIC990点満点。すごいな〜と思いながら見てたら何やら気になる文字が。

 

「MENSA????」

 

「えぇ〜〜!!越智さんってあのMENSAの会員なんですか!!?」

 

と勢いよく聞いちゃいましたw。今までの人生の中でMENSAの人と一度も会ったことなどなかったので超びっくり。

 

一方の越智さんの回答は「はい、そうですよ」と。

もっと誇りに思っても良さそうなものですが、そのあたりの謙虚さもさすがMENSAだなと思いました。←意味不明ですねw

 

「MENSAって上位2%のIQを持つ人たちです。つまり50人に1人程度の頭脳なので大したことないんですよ」と言われ、「確かにそうか。さすがMENSAだな」と感心したのを覚えてますw。

 

こんな感じで最後はメンサのことについて質問しつつ、カウンセリングは終了しました。

 

≫公式サイト:English School +200

 

 

 

最後に:TOEICスコアを短期で一気に伸ばせる最強のスクール

ということで港区は田町にあるTOEICスクール・English School +200を紹介しました。

 

やはり最大の特徴は何と言っても「講師の質」。全員が満点のスコアを保有しているスクールなんてありませんよ。おそらく日本全国見てもここを除いてゼロなんじゃないですかね。それくらい貴重なスクールです。

 

サービスのクオリティも他のスクールに比べて圧倒的に高い。TOEIC875点の僕でも、学ぶべき点がたくさんありましたし、カウンセリングで聞いた勉強法を続ければ990点満点も不可能ではないなと思いました。

 

「他のどのTOEICスクールにも負けないほどTOEICを研究している」とおっしゃっていましたが、実際に僕もお話を聞いていてそう感じました。

 

短期間でTOEICスコアを上げる必要がある方が絶対に選ぶべきスクールです。本当にオススメできるスクールの一つです。

 

今度本を出版されるそうなので、気になる方はそちらもチェックしてみてください。

 

≫Amazon:講義式TOEIC L&Rテストこの1冊で500点突破できる!

 

≫公式サイト:English School +200

\\School Ranking//



Pocket

コメントを残す

英会話スクール、TOEIC・英語学習に関する質問はこちらからお気軽にどうぞ。

名前の入力は必須になります。ニックネームでも大丈夫ですのでご記入ください。

コメントは24時間以内に承認、または返信いたします。

You may also like