『YouWorld』英会話レッスンなしでバイリンガルを目指す


目黒にある英会話スクール『YouWorld』の体験レッスンを受けてきました。

 

(*取材の為、特別に体験レッスンを設けてくださいました。通常は体験レッスンというスタイルではなく、生徒さんのレベルチェック、YouWorldの詳しいレッスンの説明、そしてバイリンガルになるための学習計画の説明をしてくれるそうです。)

 

目黒って実は英会話スクールが少ないんですよ。結構ありそうなイメージですけどね。質の高いスクールとなるとさらに限られてきます。

 

その中でも『YouWorld』は、生徒さんが英語を話せるようになることを徹底的に考え、学習メソッドが作られてる質の高い英会話スクールです。

 

僕も実際に体験レッスンを受けて、スクール代表兼講師を務める松樹さんが描いてる、英語習得までの道筋がよく理解できました。そして普通の英会話スクールとは一線を画してるなと思いました。

 

この記事では、YouWorldがどんなスクールなのかを、僕なりに咀嚼してわかりやすく伝えられたらなと思います。

 

≫公式サイト:YouWorld

 

(体験レッスンの様子は記事の後半に書いてるので、それだけ読みたい方はスクロールするか目次から飛んでください。)

 

 

 

YouWorldとは

YouWorldは他の一般的な英会話スクールとはレッスンスタイルが全然違います。

 

何が違うかというと、学習の無駄を徹底排除した語学トレーニングがされる点。

 

具体的にはどんなトレーニングなのか?それがわかるコピーを、ちょっと長いですがホームページから引用します。

 

YouWorldの英会話レッスンは他にはないスタイルで英語を学びます。

 

フリートークは一切しません。短い時間の中で着実に身になり上達している実感を感じられる様に手順を踏んで取り組みます。

 

話せる様になる為に会話から始めるのではなく、インプットから始めます。徹底したインプットの積み重ねで、発話が可能になる驚きを、一緒に体験してみませんか?

 

 

基本的に「英会話」はしないんですよ。

 

これはYouWorldの講師を務める松樹さんが、第二言語として英語を習得した経験、そして長年英語講師として働かれていた経験が元になっています。

 

でも英語を話せるようになりたいのに、英会話レッスンをしないってヤバくないですか?

 

「英会話の練習なしで、どうやって英語を話せるようになるんだよ」と思ったはずです。

 

でもYouWorldでレッスンを受けたらこう考えが変わるはずです。「”英会話レッスンだけで、どうやって英語を話せるようになるんだよ」とね。

 

≫公式サイト:YouWorld

 

 

 

YouWorldの特徴

「英会話レッスンをしない」というのが割と衝撃的で、これだけで終わったらただのやばいスクールになってしまいますね(笑)

 

もちろん英会話レッスンをしないのには理由があります。その理由を「YouWorldの特徴」として詳しく書いていきます。

 

英会話レッスンをしない理由

まず結論から言うと、英語の初心者がいきなり英会話の練習を始めても意味がないから、英会話レッスンをしないんです。

 

一般的な英会話スクールでは、どんなに知識がない英語初心者に対しても「とにかく英語を話す練習をすることで、英語を話せるようになりましょう」ってところが結構多いです。

 

でもそのアプローチ、非常に効率が悪いんですよ。

 

なぜかというと、大人になると英語をフィーリングで理解するのはほぼ不可能だから。大人になってから英語を習得するには、英語という言語を論理的に理解して習得しなければなりません。

 

ただただ英会話を話す練習をするだけだったり、ましてや聞き流しただけで英語が話せるようになることなんて100%ない。

 

もちろん留学したりすることで、ある程度直感的に英語を学ぶことはできます。実際に僕もそれで英語を話せるようになりましたから。

 

でも日本という環境で、英語のシャワーを浴びることなく、週に数時間程度の英会話レッスンでは、まぁ不可能だと思った方がいいです。

 

 

YouWorldではとにかくインプットの訓練

では、日本で英語をペラペラに話せるようになるためにはどうすればいいのか?

 

YouWorldではとにかくインプットをします。リスニングやライティング・スピーキングの練習でもなく、とにかく「単語」「文法」をインプットし、とにかく英文を読み込んでいく。

 

徹底的に読み込み、どんな文章でも論理的に英語を理解できるようにします。

 

YouWorldさんでお話を聞いたところ、インプット量が増えると自然と会話ができるようになるとおっしゃってました。

 

多分英語がまだ全く話せない方にとっては、「インプットで英語が話せるようになる」というイメージが湧きにくいですよね?でも英語を話せるようになる上で、インプットはめちゃくちゃ重要です。

 

理由は単純です。理解できない英語は使うことができないから。

 

子供の頃って、なかなか大人の話を理解できませんでしたよね?会話に混ざって議論することもできませんでしたよね?

 

また大人になっても、自分の仕事と業界が違うと全然話について行けないってことありませんか?

 

その理由は、決定的に知識量がたりてないからなんです。

 

英語も同じ。知らない単語が多ければ多いほど、できる会話は限られます。

 

「How are you?」という言葉に対して、「I’m fine」しか知らない人は「I’m fine」としか答えられません。

 

日本で暮らしている限りは、英語のシャワーも浴びることができないので、「知識の壁」を、ただの英会話レッスンや英語の聞き流しといったフィーリング英会話では超えることができないんですよ。

 

日本で英語を話せるようになりたいなら、「知識の壁」は知識(=インプット)で超えなきゃいけません。

 

実際僕も、アイルランドに留学してた時、そして日本に帰国した直後ははっきり言ってそこまで英語力は高くなかったと思います。

 

それでも、日本に帰ってきてTOEICの対策をしてたら、不思議と英会話力がめちゃくちゃ上がりましたからね。この時僕もインプットの重要性を実感しました。留学してる時からやっとけばよかったw

 

 

バイリンガルになるには単語量が必須

YouWorldでは「単語」と「文法」を重視します。

 

具体的にどのレベルまで単語力を上げるのかといいますと、単語に関しては最終的に6000~8000単語以上の語彙量になることを目標にします。

 

文法に関しては数値的目標はありませんが、4文型(SVO的なやつです)、修飾、接続詞を徹底的に覚え込んで瞬時に英語の文章を理解できるレベルにする。

 

まずは単語量について詳しく説明します。

 

なぜ6000〜8000単語(TOEIC700〜900点レベル)を目標にしてるのか?

 

最低でもこのくらいの単語量があれば、日常会話レベルであれば知らない単語がかなり少なくなるからです。難しい単語が出てきても文脈から意味を連想できるレベルです。

 

もちろん同時通訳者などは25000単語を持っていると言われてるので、それには遠く及びませんが、少なくとも6000〜8000単語くらいあれば会話は十分にできるので、そこを目指しましょうってこと。

 

僕もTOEIC875点なので5000前後の単語量は頭に入ってると思います。実際それで、周りの日本人からは「ペラペラですね」と言われますからねw

 

自分の中ではまだまだだと思ってますが、外国人からもよく「日本人じゃないみたいだね」と言われます。

 

僕の場合は発音がかなりいいので、実力以上に英語力があるように思われてるというのもありますが、やはりある程度は「単語量」と「語学レベル」は比例すると考えて間違いないと思います。

 

 

徹底的に文型・修飾を覚えこむ

次は文法について。YouWorldではマジで徹底的に文法を叩き込まれます(笑)

具体的には大きく分けて3つ

  • 4文型
  • 修飾
  • 接続詞

 

4文型はいわゆるSVO的なやつです。学校で勉強しましたよね?あれをもっと実践的に身につけていく感じ。

 

何度かお話しした通り日本で英語をペラペラ話せるようになるためには、まず論理的に英語という言語を理解しないと厳しいです。

 

修飾に関しては、僕自身あんまりよく理解してないので、説明をパスしますw

 

接続詞は「and」とか「but」ですね。

 

YouWorldではこの「4文型」「修飾」「接続詞」を徹底的に理解して、あらゆる英文を構造的に理解できるようにしていきます。

 

≫公式サイト:YouWorld

 

 

 

目黒のスタバでレッスンを受けてきました!

これ以上、論理的に「英語を習得するには」って話しても読む気失せますよね?正直僕も疲れました(笑)。僕の英語力のほとんどは留学で得たものなので。

 

ここからは、いよいよYouWorldのレッスンを実際に受けてきた感想を書いていきます。ここまで長かったですねw

 

結論から言いますと、事前に知ってた情報の通り超論理的でした。普通の英会話教室とは全然違う。「英語という言語を理解し話せるようになるためには、こうしなきゃいけない」という想いが伝わってきましたね。

 

 

まずはざっくりスクールの説明から

待ち合わせ場所は目黒のスタバ、やっぱりスタバ落ち着きますね〜。

 

約束の時間よりも早く来たので、ドリンクを注文して、先に席で待っていると。お約束時間の5分前ほどに講師の松樹さんが到着。

 

ホームページに載ってる写真の通り爽やか系。大人の雰囲気が漂うかっこいい方でした!

席に座るとまずは軽く自己紹介から。

 

そしてスクールの説明が始まります。

 

内容としては概ね、僕がここまで書いてきた通りです。「このスクールではいわゆる英会話レッスン的なものはしません」「インプットを重視します」「その理由は〜」といったことを詳しく教えてもらえます。もう上で書いたので詳しい内容はパスしますね!

 

 

いよいよレッスンスタート。まずは文法から

レッスンではこのような冊子をもらえました。

それを開くと、いきなり「文法」の文字が…。はい、レッスンは文法からスタートします。

 

僕、学校の勉強はほとんどやってこなかった人間なので、文法という言葉を聞いた瞬間に凄まじい抵抗感を感じざるを得ませんでした。”一応”TOEIC875点を持ってるんですけどねw

 

レッスンでは、ほぼ文法初心者の僕でも理解できるように、丁寧に教えていただけました。

 

4文型、修飾、接続詞など、義務教育の知識がほとんどない僕でもざっくり理解できたと思います。(若干理解できないところはありましたがw)

 

 

単語を覚える

文法の説明が終わったら、次は単語練習。

 

これはこのあと出てくる英文読解練習の中に出てくる単語の一覧です。まずはわからない単語をなくした状態で、英語の構造を理解するためですね。

 

レベルは初心者向けのレッスンということで、割と優しめでした。

 

覚え方は、発音しながら意味を確認して、何度かやった後に確認テストをする感じでした。

 

 

英文を構造的に理解していく

「文法」「単語」の知識が頭に入ったら、いよいよ英文を読んでいきます。

 

題材はその人のレベルによるそうですが、今回は初回のレッスンということで、海外の子供向けアニメ・セサミストリートの絵本でした。

 

まさかの子供向け絵本だったので、心の中で「マジで?」と思ってました。だってセサミストリートですよ?「TOEIC875持ってるんだから余裕に決まってるじゃん。舐めんなよ。ほらかかって来いや」というのが内心でした。

 

はじめて1秒で、撃沈しましたw

 

レッスンでは英語の文章をいきなり訳すのではなく、一つ一つの文章が4文型のどれに当てはまるのか、そして単語同士がどのような修飾関係にあるのかを、カッコを使いながら文章を分解していきます。

 

これが難しいんですよ。完全にセサミストリートを侮ってました。奴らめちゃくちゃ難しい英語を使いこなしてますよ。

 

まぁそれは冗談として、一つの英文だけとっても非常に学びが多い。

 

今まで僕は留学して、英語のシャワーを浴びて直感的に英語を学んできたところが大きいので、「こういう構造になってるのね」と改めて理解できて面白かったです。(逆に理解できないところも多かったですがw)

 

≫公式サイト:YouWorld

 

 

 

僕の、YouWorldでレッスンを受けた感想

レッスンはこんな感じでした。めっちゃざっくり書いてるので、しっかり伝わってるか不安なところもあります(笑)

 

YouWorldは理詰めで、英語を理解していき、最終的にはバイリンガルになるのが目的の英会話スクールです。

 

なので直感的に物事を理解する僕にとっては、それを理解するのが難しかったです。

 

ただ何度も話している通り、やはり日本では英語を触れる環境が圧倒的に少ないわけで、その中で直感的に英語を習得するのは厳しいと思います。

 

だからYouWorldのように論理的に、英語を学ぶことのできるスクールを選ぶのも一つの手だと僕は思いますよ。

 

 

 

YouWorldはこんな人にオススメ

もうすでに5000文字くらい書いてるので、そろそろ締めに入りたいところですが、ここでYouWorldがどんな人にオススメできるのか書きたいと思います。

 

基礎からしっかり学んで、ロジカルに英語を理解したい(日本人向けかもね)

「日本で英語を習得したい」という方にオススメです。

 

僕的には、英語を習得するなら海外留学するのが一番手っ取り早いのかなと思うのが正直なところです。

 

でもお仕事が忙しい人や、お金のない学生さんにとっては、1〜2年のまとまった期間を海外で過ごすってかなり難しいですよね?

 

そういう方は、YouWorldで論理的に英語を学ぶのがオススメです。

 

実際、英語を習得する上で、論理って重要ですからね?僕も「直感で英語を学んで来た」と言ってますが、もちろん「Phrasal Verbs」とか徹底的に叩き込んでますから。

 

単語に関してもTOEIC対策をする中で身につけ、それに伴って英会話力も上がりました。

 

日本で学習するなら尚更です。留学してる人よりも人一倍、知識量は身につけたほうがいいですよ。

 

 

カフェでレッスンをしたい

YouWorldは出張型の英会話スクールです。カフェなどを利用してレッスンを行います。

 

わざわざ自宅や職場から遠い場所に通うのって、精神的にも物理的にも負担が大きいですよね。それによって英会話において一番重要な”継続”ができなくなってしまうのは、残念すぎる。

 

YouWorldではあなたの自宅や職場の近くまで来てもらって、そこで英会話レッスンを受けることができます。なのでもはや「場所が遠くて英会話ができない…」なんて言い訳はできなくなります(笑)

 

またカフェで英会話レッスンって、なんか良くないですか?コーヒーを飲み、リラックスした状態での授業ならより楽しんで英会話が学べるはずです。

 

僕はこのようなスタイルが好きですし、時代的にもあってるのかなと思います。

 

ホームページには目黒・中目黒・五反田エリアを中心にレッスンをされてるとのことですが、おそらく都内ならそれら以外の地域でも大丈夫ですよ!(注:直接確認してくださいね!)

 

≫公式サイト:YouWorld

 

 

 

最後に:日本でもバイリンガルは目指せる

ということで目黒、中目黒、五反田エリアの英会話スクール『YouWorld』を紹介しました。

 

普通の英会話教室と全然違いますよね?英会話を話せるようになるためのスクールなのに、英会話レッスンをしないわけですからね(笑)

 

でも実際にYouWorldに行けば、ある程度その理由が理解できるはずです。「確かに普通に考えて、インプットがないとアウトプットはできないよね」と気づけます。

 

人それぞれ頭の構造は違うので、一概に理詰めで英語を習得することが、最短ルートだと僕は言いませんが、学校の勉強が得意だった人や論理的に物事を考えるのが得意な人は、YouWorldのようなスクールで英語という言語の構造をしっかり理解するのがいいと思います。

 

生徒さんの中には、有名企業の社員さんなどもいるそうで、YouWorldの学習メソッドで着実に英語力を上げ、仕事で使えてるようですよ!

 

目黒、中目黒、五反田エリアで英会話スクールを探してる人は、ぜひお話だけでも聞きに行ってみてください。

 

≫公式サイト:YouWorld

\\School Ranking//



Pocket

You may also like