横浜「C.ダイアナEnglish School」紅茶と英会話を楽しむ空間。

こんにちは、TOEIC875点、アイルランド留学経験者のマサトです。

 

先日、 C.ダイアナEnglish Schoolという横浜にある英会話スクールで体験レッスンを受けてきたので、その時の様子を書いていきます。

 

実はここのスクール数年前から知っていました。なぜかというと他の英会話スクールと比べて明らかに”異質”なんですね。

 

異質って書くと何だかヤバい雰囲気がしますが、もちろんいい意味で他のスクールとは違うという意味です。

 

その違いが何かというと、まずスクールの雰囲気。まずはこちらをご覧ください。

ね、見た?ヤバいでしょ?もうすでに英語が習得できる環境が整っちゃってるんだよね。(関暁夫さん風)

 

後ほど写真をたくさんのせますが、本当におしゃれ。

 

もちろん内装もさることながら、料金面も含めた他のサービス面も充実してる(料金は相場よりもちょっと安め)。

 

実際にレッスンも体験もすっごく楽しかったです。

 

記事の後半で体験の様子を書いています。前半ではスクールの情報を僕なりに分かりやすくまとめてます。

 

ということで気になるところを拾って読んでいってください。

 

≫公式サイト:C.ダイアナEnglish School

≫関連記事:横浜で確実にオススメできる英会話スクール11選【ジャンル別まとめ】

 

 

 

「 C.ダイアナEnglish School」ここまで個性の強いスクールは珍しい

おしゃれな空間で英会話を学べる

やっぱり何と言っても一番の特徴はここでしょう。

 

教室が異常におしゃれ。誰、内装考えた人?

 

普通、英会話教室ってあんまり内装にこだわらないんですよ。

 

今でこそコーチング系英会話スクールと呼ばれるようなところは、サードウェーブ系カフェのような内装だったり、イケイケITベンチャーみたいなデザインのところがありますけど、大手英会話教室は無機質なオフィスっぽい感じだし、個人の英会話教室はぶっちゃけいってしょぼいところが多いです。

 

そんな中 C.ダイアナEnglish Schoolはだいぶ攻めてる。てか宮殿感がすごいw。セレブの社交の場ですか〜?って感じ。笑

≫公式サイト:C.ダイアナEnglish School

 

 

こだわりのお紅茶を楽しみながらのレッスン

「おしゃれな空間」に続きてまたしても英語に関係ないんですけど、 C.ダイアナEnglish Schoolでは、紅茶やコーヒーを飲みながら英会話レッスンができます。

 

はい、これ最高〜。

 

しかもただの紅茶、コーヒーじゃないですからね?

 

こだわり抜いて厳選された茶葉がこのようにズラーっと用意されています。

 

「LEMON」「Strawberry」「APPLE」「GINGER & HONEY」「PEACH」「EARL GRAY」

それぞれ簡単な紹介と共に並べられています。例えばアールグレイなら、

 

「ベルガモットの落ち着きのある香り♪ミルクとの相性good」

ちなみに僕はこの言葉にやられてアールグレイを選びました。ベルガモットのおかげで落ち着いてレッスンを受けられました♪笑

 

僕はコーヒー苦手なので、全然詳しくないんですけど、コーヒーメーカー?的なものもありました。

レッスンが終わった後、他の生徒さんがきてスタッフさんと、コーヒー豆とかミルクの入れる量とかの話をしていて、「ここはカフェか?」と一瞬錯覚しました。笑

 

もちろん他のスクールにもドリンクサービスはあります。ドトールの自動販売機を置いてるところもあったりしますね。

 

でもここまで豊富な種類、そしてそれらを無料で提供してるスクールは C.ダイアナEnglish Schoolくらいだと思います。

 

もはやこれだけで元取れてるんじゃないですか?今すぐスクールに申し込みましょうw

 

≫公式サイト:C.ダイアナEnglish School

 

 

講師は日本人。分からないことは英語で聞ける

はい、ここからいよいよ C.ダイアナEnglish Schoolの「英会話」部分の話をしていきますね。

 

特徴はいくつかあるんですけど、一番は「講師が日本人で、英語と日本語を使って授業が行われる」とこかなと思います。

 

一般的な英会話教室では、先生はネイティブの先生で、授業は基本的に全て英語ですよね?

 

僕はある程度英語力があるので、それでもいいかなと思うんですけど、正直言って初心者だといきなり英語だけの授業ってキツくないですか?

 

僕なら「恥をかきたくない」というくだらないプライドのせいで、マンツーマンレッスンでもグループレッスンでも話すのを躊躇(ちゅうちょ)してしまう瞬間が多々あると思いますw

 

先生は日本人バイリンガル講師なので、授業中に日本語が使えます。

 

もちろんグループレッスンだと他の生徒さんもいるので、英語中心の授業の中がんがん日本語を話しまくるのはどうかと思いますが、少なくともマンツーマンレッスンなら気兼ねなく日本語で質問して大丈夫ですよ。

 

僕も体験レッスンの時、日本語でバリバリ質問してました。だって日本語じゃないと絶対に説明できないことってありますもん。

 

例えば「秋刀魚って英語でなんていうの?」と英語で質問するときとか?

 

そもそも秋刀魚って単語を知らないと絶対に無理じゃないですか?秋刀魚それ自体の定義とか、サンマに相当詳しくない限り日本語でもできないw

 

だから皆さんも C.ダイアナEnglish Schoolで体験レッスンを受けるときは、どんどん日本語を使っちゃいましょうw

 

たまに「留学中は日本語を使うべきではない論」みたいに、英会話はネイティブから英語で学ぶべきか?それとも日本人から日本語で学ぶべきか?みたいな話があるんですけど、

 

僕は、初心者の方は日本語で学んで全然オッケー派。その方が上達が早いと思います。

 

理由は単純で、英語がわからないのに英語で学んでも、何にも理解できないからです。

 

だったら最初のうちは日本語を使って上手くインプットを増やして、上達して英語がある程度できるようになってきたら、徐々に英語で英語を理解する状態に持っていくと。

 

普通の英会話スクールでは、ネイティブの先生で彼らは日本語を話せないので、それができません。

 

一方、C.ダイアナEnglish Schoolではバイリンガル日本人講師なので、初心者のときから上達して英語ができるようになった状態のときまで、ずっと英語学習をサポートしてもらうことができます。

 

≫公式サイト:C.ダイアナEnglish School

 

 

グループもマンツーも比較的リーズナブルな料金

C.ダイアナEnglish Schoolでは「グループレッスン」と「マンツーマンレッスン」の2つが用意されています。どっちがいいかと言われたら、それぞれの好みとしか言いようがありませんが、

 

僕としてはマンツーマンの方がいいかなぁと思いました。理由はいくつかありまして、1つは先生の授業がとても面白いので、多少高くてもお金を払って先生を独占した方がいいと思ったからですw

 

あともう一つは他の英会話スクールと比べて、比較的にマンツーマンレッスンが安いからです。

 

こちらがC.ダイアナEnglish Schoolのマンツーマンレッスン料金表

回数 料金
平日コース 月4回(50分) 16,000円(税抜)
土日・夜間コース 月4回(50分)
月3回(50分)
16,000円(税抜)
12,000円(税抜)

 

つまり1回4,000円くらいでマンツーマンレッスンが受けられるわけですね。

 

「ん?それって安いの?」って思いますよね?

 

安いです。めちゃくちゃ安いってわけではありませんが、比較的安いです。

 

例えばマンツーマン特化型英会話教室のGaba。こちらは1回5,000円〜7,000円くらい。平均6,000円くらいでしょう。

 

それと比べて1回あたり2,000円も安いですよ?やばいでよね。

 

で、さらにGabaがレッスン1回40分なのに対して、C.ダイアナEnglish Schoolは1回50分です。10分も違う。

 

だから単位時間でみたらめっちゃ2,000円以上にコスパがいいんですね。

 

先ほどはGabaを例に出しましたが、他の英会話教室もだいたいこんなもんです。1回5,000円〜7,000円くらいです。

 

だから僕ならマンツーマンを選ぶかな。

 

もちろんグループレッスンも悪くないですよ。というかグループも業界最安水準。

回数 料金
平日グループコース 月4回(50分)
月3回(50分)
9,000円(税抜)
7,200円(税抜)

 

1回あたり2,250円ですね。流石に格安英会話スクールには敵いませんが、これも他の大手英会話教室よりは安いです。まぁ紅茶代が含まれてると思えば、全く気になりませんw

 

≫公式サイト:C.ダイアナEnglish School

 

 

駅からのアクセスはいい感じ

C.ダイアナEnglish Schoolの特徴の最後。

 

交通アクセスの良さ。

 

小さな英会話スクールだと、駅から離れていたり駅から近くてもそれは小さな駅だったりして、アクセスが悪いことが結構あります。

 

そんな中 C.ダイアナEnglish Schoolは、横浜駅西口から徒歩4分です。

 

めちゃくちゃ好立地。僕も実際に体験レッスンを受けに行ったので分かるんですけど、本当に近い。ウサインボルトばりの全速力で走ったら、2分くらいで着くと思いますw(地下街のルートを使えば普通に2分くらいで着くみたいです。)

 

スクールの特徴はこんなところですかね。

 

メインとなるところを書いていきましたが、他にも特徴はありますので、気になる方はホームページをチェックしてください。

 

≫公式サイト:C.ダイアナEnglish School

 

 

 

横浜まで行って体験レッスン受けてきました。

ということで、ここから体験レッスンの時の様子を書いていきます。

 

僕はJRの上野東京ライン?ってやつで横浜駅まで行きました。最後の横浜は何かのイベントのために行ったのが最後で、確か2年くらい前だったかな。改めて見るとやっぱり横浜駅でかいっすね。

 

C.ダイアナEnglish Schoolのある方へ行こうと思ったのに、Googleマップが違う方向指してたみたいで、普通に逆方向に向かってましたw。途中から気づいて方向転換。地上に出たらちゃんとGPSが機能しました。

 

C.ダイアナEnglish Schoolがあるのは横浜駅「西口」なのでみなさんご注意くださいね。逆の方に出ると相当面倒ですw

 

でこちらがスクールの外観。外観は普通のビルですね。

 

 

まずは”お紅茶”から

エレベーターを上がって左に曲がると、スクールの入り口があります。

 

ガチャっとドアを開けると、スタッフさんが爽やかな笑顔で出迎えてくれました。

 

そのまま席まで案内されます。

 

で、まず聞かれたのが「お飲み物は何がよろしいですか?」

 

もうね、完全にカフェに来たお客様気分ですよw

 

ちょっと目をやると、何やらいろんな種類の紅茶が並んでるではないですか。

 

「そこに行って選んでもいいですか?」というと、「ぜひぜひ〜」と。

 

これは迷いますね〜。

普段スタバではアールグレイか普通のアイスティしか飲まないんですけど、ここまで種類があってしかも魅力的に並べられてると、どれを選んでいいか非常に迷う。

 

結局いつも通りアールグレイにしたんですけどねw

 

お茶を飲んでると、体験の流れをざっくり説明されます。簡単にまとめると「体験レッスン→スクールの説明」という流れだったと思います。(雑にまとめすぎw?)

 

 

日本人のNaoko先生とマンツーマンレッスン

ということでいよいよレッスンが始まります。

 

C.ダイアナEnglish Schoolにはグループレッスンとマンツーマンレッスンがあるんですけど、僕はマンツーマンレッスンを選びました。

 

この日のレッスンは、平日昼間のレッスンを担当しているNaoko先生。

笑顔が素敵!

 

写真からもなんとなく伝わりますかね?すごく穏やかな話し方をされる方で、話してるだけでこっちまで落ち着いてきます。僕、英語で話すときはついつい早口になりがちなんですが、不思議とこの日はゆっくり話してたと思います。

 

まずは自己紹介からですね。

 

「Can you introduce yourself?」だったかあるいは「Please tell me something about yourself?」と聞かれます。

 

そこで僕は「I am Masato, 25 years old. I have been working as a freelance writer for 3 years since I graduated from university. Traveling is one of my favorite to do. I have already visited more than 15 countries which are Mainly in Europe. Because I could have chance to travel around Europe when I have studied abroad. For my future plan, I will move to other country.」

 

という感じで答えたと思います。(文法的なミスはご愛敬ということでw)

 

そこから、「どこに留学してたの〜?」とか「どこの国が一番好き?」「次はどこへ行きたいの?」とか色々深掘りしてもらいました。

 

本当にNaoko先生の聞くスキルが高くて、まるで日本語を話してるかと思うくらい自然と英語をスラスラ話せました。(それはちょっと盛りすぎてるかもしれませんがw)

 

ちなみに僕の場合は体験レッスンからいきなり英語だったんですけど、そこは生徒さんの英語レベルに合わせてくれると思います。

 

英語初心者の方でいきなり英語を話すのは難しいということを伝えれば、うまくレッスンを調整してくれると思いますよ。自己紹介は日本語で、授業は英語と日本語を混ぜてみたいな感じで。(その辺の柔軟さがこのスクールのいいところだったりします。)

 

で、僕の自己紹介が終わったので、次はNaoko先生にも「Can you tell me something about yourself」と振ってみました。そしたら出てくるわ出てくるわ。

Naoko先生、お美しい見た目と穏やかな振る舞いからは想像つかないほど、多種多様な経験をお持ち。ざっと経歴をまとめましょう。

「高校卒業後、アメリカのワシントン州スカジットバレーカレッジへ語学留学。」
「その後、カリフォルニア州立大学ノースリッジ校に編入。音楽療法を専攻」
「卒業と同時に米国音楽療法士資格取得」
「結婚後は、カリフォルニア州のサンノゼ市に移住」
「合唱指導や、日系人の子どもたちへのバイリンガル教育に携わる」

 

お話聞いててわかりました。「あ、これ英語ガチで話せる人の経歴だ」と。笑

 

僕なんかは海外に1年語学留学したり、ちょくちょく海外に行くくらいで、本格的に誰かに指導するってのは難しいんですけど、Naoko先生の場合は本当に英語力が高くて、指導経験も豊富にある方です。

 

実は上記のことはスクールのホームページにも載ってます。スクールに行くとこれ以外にも非常に面白いお話を聞けます。気になる方はぜひご自身で無料ぜひご自身で無料体験レッスンに行ってみてください。

 

≫公式サイト:C.ダイアナEnglish School

 

 

レッスン内容は生徒さんの英語力を見て

自己紹介が終わったらいよいよレッスンになります。

 

「どんなことやるのかなぁ」と思ってたら、話を聞くとレッスンはその生徒さんに合わせて事前にレッスンを用意したり、その場で即興で授業を作ったりするらしいです。

 

ちなみにこの日は次のことを学びました。

 

「used to 動詞の原形」「be used to」「get used to」

なぜこれになったのかというと、自己紹介してる時に確か「I am used to 〜」と言ったんですね。でもその時「あれ?get used toの方がいいですかね?」とか先生に質問して、そのままレッスンになったという感じですw

 

学校でしっかり勉強された方からしたらかなり初歩的なところかもしれませんが、僕「be used to」「get used to」もほとんど一緒だと思ってたんですね。

 

そしたらNaoko先生曰くニュアンスが違うと。その辺のことを分かりやすく説明していただき、スーッと腑に落ちましたね。

腑に落ちたんですけど、すいません今またちょっと忘れちゃいましたw

 

でもさっきググって思い出しましたw

 

簡単に言っちゃうと

「be used to」・・・過去に経験があるから、慣れてる
「get used to」・・・経験はなかったけどだんだんと、慣れる

 

みたいな感じです。例えば「海外で暮らすことに慣れてる」の場合

 

過去に海外で暮らしたことがあって、そのおかげで今海外で暮らすのに慣れてるなら
I’m used to living abroad.

 

過去に経験はないけど、今海外生活をする中で徐々に慣れてるなら
I’m getting used to living abroad.

 

となるわけですね。

 

ちなみにtoの後にingの動名詞が来るのは、toが不定詞(to 動詞の原形)ではなく前置詞だからですね。前置詞の後には必ず名詞が来るので動詞が名詞化した「動名詞」が来るわけです。

 

ちゃんと説明になってますかね?笑

 

僕が書いてるのでちょっとわかりにくいかもしれませんが、Naoko先生の説明はめっちゃわかりやすかったです。

長年放ったらかしにしてた「be used to」と「get used to」の違いが、一瞬で氷解するようにするように理解できましたからね。今は氷解するようにその記憶が崩れてしまったんですが笑。完全に僕のせいですw

 

確か授業中に「『be』は状態を表すものだから、過去の経験があって今慣れてる状態。い方はgetは何かを得るという意味だから、新しい経験を得るという意味の慣れる。」という説明をしていただいたと思います。

 

うん、これは確かにわかりやすいですね。これは認知文法的な覚え方ですね。

 

あと文法的な説明に加えて、発音なども指導してもらえました。今回の場合は「use(ユーズ)」が「used to」になると「(ユース)」になるとかね。

 

授業はすごくオープンな雰囲気で、どんどん質問できます。

 

だからレッスンを終わる頃には、とりあえずそのトピックに関しては分からないところはほぼない状態になります。

 

今回はused toという文法を中心にやりましたが、レッスンの内容は本当にその時々で変わるみたいです。(レッスンの作り方をお聞きしたので、この後にそれについて書きます。)

 

ということで、体験授業はこんな感じで終了です。

 

≫公式サイト:C.ダイアナEnglish School

 

 

 

授業の全体的な感想

C.ダイアナEnglish Schoolで体験レッスンを受けた感想としては、「僕はすごく好き」です。

 

各スクールでそれぞれレッスンのやり方ってあると思うんですけど、僕がC.ダイアナのいいなと思った点は、柔軟性そして意外性のある授業。

 

このスクール、教科書がないんですよ。授業は毎回先生が事前にやることを決めていたり、即興で作ったりします。

 

即興って面白いですよね。笑

 

普通の英会話スクールって教科書があるので、最初の方はドキドキ感がありますが、だんだんマンネリ化してきて、生徒「今日はトムとレイチェルの会話ね。」、先生「じゃあ〇〇さんはトムで、〇〇さんはレイチェルを読んでね〜」と、全く共感できない非常につまらない授業になっていくと。

 

一方C.ダイアナEnglish School場合、非常に授業を自分に意味あるものだと意識することができる。

 

というのも先ほど即興で授業を作るといいましたが、それは授業前の「How was your week?(あなたの今週はどうだった?)」からトピックを拾って即興授業を作ります。

 

例えばグループの中の誰かが、イタリア旅行に行って来たとする。するとレッスン内容は旅行を題材にしたものになったりすると。

 

またレッスン中に、生徒さん全員が悩みを持ってる文法知識なんかが出て来たら、それを授業でメインで取り扱ったりとなるわけですね。

 

僕個人的な好みとしては、このような柔軟性というか意外性のある授業の方が好きですね。

 

あとやっぱり自分が強く共感できる授業っていうのが重要だと僕は思います。

 

ぶっちゃけ教科書の登場キャラクターに共感できなくないですか?トムとジェリーの会話とか言われても、授業の途中で眠くなって来そうです。

 

でも逆に僕は旅行が好きなので、それ系の話題をメインとした授業だったら、めっちゃ授業を楽しめると思うんですよね。

 

だから僕は大手の英会話教室がやってるようなレッスンよりも、C.ダイアナEnglish Schoolのような授業が好きです。

 

というのが僕の感想ですね^^

 

≫公式サイト:C.ダイアナEnglish School

 

 

 

最後に:C.ダイアナEnglish Schoolをオススメする人

こんな感じで体験レビュー記事を終わりにしようと思います。最後に「こんな人にC.ダイアナEnglish Schoolをオススメできる」っていうのを書いていきます。

 

簡単にまとめるとこんな感じかなと。

  1. 英語はおしゃれな空間で学びたい
  2. 紅茶を飲みながら勉強したい
  3. 日本人講師に日本語でのサポートもしてほしい

 

最初の二つは半分冗談でもあり、半分本気でもあったりします。

 

というのもやっぱり学ぶ環境って重要じゃないですか?いくら安いからといったって、薄暗い教室で学ぶとか嫌じゃないですか、ぶっちゃけ?

 

一方C.ダイアナEnglish Schoolは最高の学習環境だと思います。完全に下界とは逸脱した雰囲気なので「今日は英語勉強するぞ」という気持ちに一気に転換できます。

 

しかもそこには上質な紅茶やコーヒーなどが用意されていると。一度入ったら抜け出せそうにありませんw

 

あと日本人の先生に日本語と英語でレッスンをしてもらえるのもいいですよね。

 

やっぱり英語初心者の方がいきなりネイティブと話すって、心理的なハードルも高いですし、実際英語レベル的にも厳しいと思います。

 

だから英語初心者の方にはC.ダイアナEnglish Schoolが断然オススメです。

 

しかもレッスン料金は他の英会話教室と同じくらい、またはちょっと安いくらいですから。下手なところ通うくらいならダイアナを選んだ方がいいですよ。

 

ということで、横浜で英会話スクールを探してる英語初心者の方は、全員C.ダイアナEnglish Schoolで体験レッスンを受けましょう!笑

 

≫公式サイト:C.ダイアナEnglish School

 

≫関連記事:横浜で確実にオススメできる英会話スクール11選【ジャンル別まとめ】


\\English School Ranking//



\\【毎週更新】22才新卒女子が英語コーチングスクールにガチで通う。本人に連載してもらってます!//


About Author

MASATO

I write, travel and take photos. TOEIC875点。アイルランド留学1年経験。サイト名がGOODBYE JAPANなのにブログだとそれらしいことを事情があり書けないのでツイッターで呟きます。アイルランド留学、フィリピン留学の相談はツイッターからお気軽に。 (6/16〜QQ Englishにてセブ留学中。連載してます)


Pocket

You may also like