海外旅行に持っていくべき財布の選び方【オススメ財布3選&リスク回避術】


海外旅行でのお金の管理って超大切です。僕も海外旅行に行った時に一番注意するのは、何よりもそこです。

 

だってお金がなくなったら、予約した美味しいご飯も食べられないし、博物館も入れなくなっちゃうかもしれないし、最悪すぎます。

 

皆さんも、どんな財布にお金を管理すればいいのか気になりますよね。

 

僕は今まで15カ国近く旅をしてるので、割と旅慣れている方だと思います。そこで、海外旅行に持っていくべき財布の選び方、オススメの財布を紹介していきます。

 

 

どういう財布がいいのか

By: MIKI Yoshihito
By: MIKI Yoshihito

財布を選ぶポイントとして一番重要なのが、コンパクトでポケットに完全に収まるタイプです。

 

盗まれにくい

泥棒の気持ちになればわかりますけど、盗みやすい財布ってのは、大きくて、遠くから見ても「こいつ財布持ってるな」って分かってしまうタイプのものです。

 

一番最悪なのは、日本人の男性がよくやる、長財布をズボンの後ろのポケットに入れること。財布の上半分が顔を出しちゃってるやつです。日本なら大丈夫かもしれませんが、海外だったら、泥棒に「どうぞ盗んで下さ〜い。金持ちの日本人ですよ〜。」と言ってるようなもんで、速攻盗まれます。

 

 

身軽に旅ができる

海外旅行だとついつい気分が上がって、買い物をしすぎてしまうものです。自分へのお土産、家族や友達へのお土産とどんどん荷物が増えていきます。ある意味うれしい悲鳴なのかもしれませんが、旅行中は移動が多いので、少し大きな荷物でもかなり邪魔に感じるんですよ。特に財布なんかは常に持ち運ぶものだからか、すっごい気になります。

 

せっかくの海外旅行ですからコンパクトな財布でストレスフリーに旅をしましょう。

 

 

すぐにお金が出せる

地下鉄代や飲み物代など、海外旅行ではちょっとした出費の連続で、すぐにお金を取り出したいって時が多いです。小さい財布だとズポンのポケットに入れておけるので、会計の時にササっとお金を取り出せます。終わったらまたポケットに戻すだけなので超楽ちん。

 

買い物で荷物が増えると、バックから財布を取り出すのも時間がかかるんですよね。「あぁー、もう!財布どこ?」みたいな。海外なんで、もたもたしてれると店員さんからも露骨に嫌な顔されることもあります(笑)

 

盗まれるリスクを分散される意味でも、財布をポケットに一つ、カバンに一つで管理するのがベストです。

 

 

デザイン・機能性の高い財布

Raffaello

61oinx3gpnl-_ul1500_

僕はAmazonのヘビーユーザーなんで、ネットでの買い物はいつもAmazonです。コンパクトな財布を探している時に出会ったのがこれ。見た目がスマートすぎる!サイズも縦約12cm 横約9cm マチ約1.5cmで、バチりポケットに入るサイズ。

 

「一流の革職人が作る、ロイヤルオイルドレザーを使用した二つ折り財布」という商品名にある通り、革で作られてます。

 

4つカードホルダー 、その他ポケット 3つが付いているので、薄さを追求しながらも、十分な収納力を持っています。よくあるのが、薄さを追求するあまり、収納力をも犠牲にしてしまっているというものですけど、これは他社の製品とは一線を画してますね。

 

≫ Raffaello

 

 

abrAsus

41k4cbvxrfl

薄さを極めた財布といえばこれですね。かなり有名なのでご存知の方も多いと思います。2013年のGOOD DESIGN賞も受賞していますし、Amazonの財布ランキングでも常に上位の人気の財布です。

 

この財布の特徴は何と言っても”異常な薄さ”。13mmしかないそうです。これならすっぽりポケットに入りますね。

 

この薄さを実現するために、あらゆる無駄を排除しています。小銭の部分は最低限の硬貨しか入らないようにデザインされてますし、カードの収納スペースの構造も考えられてます。コンパクトさを重視するならコレですね。

 

≫ abrAsus

 

 

the RIDGE

61ldvucv1ml-_ul1500_

僕って基本的に物欲に乏しい人間なんですけど、久々に「欲しい」と思わせる商品に出会っちゃいました。これです。the RIDGEという海外のブランドが作ってるマネークリップ。ビジュアルがイケメンすぎる。

 

普通マネークリップって、お札を挟むための鉄の金具って感じですけど、これは完全にその常識を打ち破っちゃってますよね!

 

SPONSORED LINK

見ての通りお金を挟むクリップはもちろんついてるんですけど、四角いアルミまたはプラスティックの部分にはカードを収納できます。

 

マネークリッップなのにクレジットカードも同時に持ち運びできるという優れものです。スキミング防止機能もついてるのも素晴らしい!(スキミング防止の重要性は「クレジットカードを守るスキミング防止カードの重要性」で)

 

最近は海外旅行に行く時間がないので、まだ買ってませんが、絶対買います。というか普通に定期入れとかに使ってもいいかなって思ってます。

 

≫ the RIDGE

 

 

STORUS

僕的にはもう、一周回ってこういうシンプルなマネークリップでいいんじゃないかなって思うんですよね。海外に行ってわざわざ小銭を管理するのも面倒ですからね。これはお札とカードを挟み込めます。基本的にはカードで支払いをして、必要な時は現金で支払うのがスマートなんじゃないですかね。

 

STORUSはマネークリップの中でも有名なブランドです。始めてのマネークリップに挑戦するならこれですね。

 

≫STORUS

 

 

お金の守り方

deathtostock_wired5

盗まれない財布を選ぶことも重要ですが、それ以上に盗まれないようにお金を管理することが大切。大概、盗まれる原因は不注意ですからね。ということで海外旅行でのお金の守り方をご紹介。

 

長財布はお尻のポケットに入れない

先ほども言った通りです。お尻のポケットに大金を入れとくなんて、愚行中の愚行です。お尻に札束貼り付けてるようなもんです。海外行けばわかりますが、外国人で長財布使っている男性はほぼ見ません。財布は前のポケットかカバンの中で管理しましょう。

 

 

会計の時に机に財布を置かない

ちゃんとしたお店ならまだしも、野外のお店などで買い物をしてる時に、財布をテーブルの上に置いていると、”パッ”っと持ってかれちゃう可能性があります。

 

小銭を数えたりしているとついついやってしまうんですけど、気をつけましょう。女性の場合、ブランドの財布を持っていると、それ自体がターゲットになるので、要注意!

 

 

お金を分散させる

持ってきたお金は財布の他、ポケットの中やカバンの中、スーツケースの中などに分散して管理しておきましょう。僕もいつもそうしてます。一箇所に管理してて、それが盗まれたりしたら大変なことになりますからね。

 

 

近づくなオーラを出す

なんとなくですけど、効果あるような気がします(笑)。というのも僕がいつも「近づくなオーラ」を出してるからです。

 

僕って結構ドジなんで、海外でもリュックの口を全開で、街中を歩いちゃったりするんですよ。周りの人から言われて気づくってのがよくあります(笑)

 

そんなことが5回くらいあるんですけど、未だにお金を盗まれたことないです。多分「近づくなオーラ」が出てるんでしょうね!

 

 

チェーンはつける必要なし

よく、財布がスられないようにチェーンをつけようなんて言われるんですけど、そこまでしなくて大丈夫ですよ。というか見た目がダサくないですか?(笑)

 

しかもチェーンをつけることにはもう一つデメリットがあります。それは「財布を持っていることがバレること」これ致命的ですよね。

 

 

 

財布の中身

財布の中には何を入れておけばいいのか気になる人も多いと思います。そこで、僕が海外旅行に行く時の財布の中身をご紹介します。

 

  • お札(外貨のみ)
  • 小銭(外貨のみ)
  • クレジットカード1枚
  • 国際学生証

 

こんな感じです。シンプルですが本当にこれだけです。クレジットカードは3枚持っていきますが、財布に入れるのは1枚のみです。他はバックの中。スーツケースの中に入れる時もありますが、それはちゃんとしたホテルに泊まった時だけ。お金も同様に分散して管理します。

 

クレジットカードを守る、スキミング防止の重要性は「クレジットカードを守るスキミング防止カードの重要性」で書いています。

\\School Ranking//



Pocket

コメントを残す

英会話スクール、TOEIC・英語学習に関する質問はこちらからお気軽にどうぞ。

名前の入力は必須になります。ニックネームでも大丈夫ですのでご記入ください。

コメントは24時間以内に承認、または返信いたします。

You may also like