海外へ旅に出ても人生が変わらない本質的な理由


僕は今まで15カ国ほど旅をしているので、日本人の中でもかなり旅好きな方だと思います。1年ほど海外に留学していたこともあって、結構変わった考え方をしているところもあるのかなと感じます。

 

だからか周りからは「海外に行って人生が変わったキャラ」だと思われてる可能性が高いんですよね。

 

これ本当にやめてほしい(笑)。僕、人生変わったキャラでもなければ、実際に人生全く変わってないんで、口が裂けても「旅が俺の人生を変えた」だなんて恥ずかしいこと言えませんから。

 

しかも僕はたかだか海外に行った程度では人生を変えることなど到底できないと思っているくらいですからね。

 

今日は旅が大好きな僕が、旅で人生を変えられない理由をお話しします。

 

 

 

「人生が変わる」と「価値観が変わる」は大きな差

この見出しの通りなんですけど、旅に出て何かが変わったと感じている人は人生が変わったんじゃなくて、価値観が変わったんじゃないかなと思うんですよ。

 

日本は島国なので、一歩海外に出れば違った文化、風習、宗教があります。見える景色も建物も、漂う匂いもすべて違います。

 

今まで生まれ育った環境と根本的に違うわけですよね。だから感動は大きいだろうし、見たものから何らかのインスピレーションが生まれる可能性だってあります。

 

ただこれって、人生が変わったと言えるのかなぁって思ってしまうんですよね。

 

人生って価値観や考え方だけで変わるものじゃありませんよね。人生において周りにいる家族や友人、恋人は非常に重要です。どんな仕事をしていて、いくら稼いでいるのかもかなり重要です。それによって社会的な地位も変わりますし、幸福度だって変わる可能性があります。

 

では海外に行ったからといって、自分の周りの環境が取って代わったように良くなりますかね?世界遺産を見て感動したからといって、収入が一気に増えたりするんですかね?

 

まぁ恐らくないですよね。

 

周りの環境を良くするには、自分で行動して人脈を作る必要があるでしょうし、収入を増やしたければ、そうなるための工夫をする必要がありますから。

 

 

 

旅で価値観を変えることはできる

「旅をする=人生が変わる」とは考えていないんですけど、僕は自分の成長のために海外に出ることには賛成です。というか旅するのが好きなだけなんですけどね(笑)。

 

やっぱり海外に行くだけで、今まで植え付けられてきた常識とか社会の風潮を客観的に見れるようになるわけです。日本で生活してたら絶対に気づけないような問題点なんてたくさんありますよ。

 

「新卒一括採用がおかしい」とか「携帯料金が無駄に高い」とか「航空券代が高いとか」上げたらきりがないですね。

 

こういうところに気づけるって小さなことのように見えますけど実は結構重要で、小さな積み重ねが後々自分の考え方や価値観を形成していたりします。しかもほとんどの日本人は気づくことがないわけですから、そこには大きな価値があるわけです。

 

僕は単純に旅行するのが好きというのもありますけど、考え方とか価値観が変化して自分の成長を感じられるのが好きなんですよね。

 

だから僕としては”自分探しの旅”もやってもいいのかなって思います。もちろん見つかるかどうかは知りませんが(笑)。一歩前に踏み出すことには意味があるはずです。

 

 

 

変化というのは数年後に気付くもの

僕はまだ20年ちょっとしか生きていないので、人生について深く語ることはできないんですけど、想像で話すと、人生の変化って変化して数年経ってから気付くものだと思うんですよね。

SPONSORED LINK

 

人生が変化するにはそれ相応に行動して、努力する必要があるはずです。その苦労をしている瞬間って一生懸命だから「やばい、今人生めっちゃ変わってる!」って気付かないはずなんですよ

 

なんていうか努力をしている最中に変化を感じるって、本気度が欠けている感じがするというか、なんか薄っぺらい感じがしますよね(笑)。

 

旅にはそれほどの苦労はないと思いますが、小さな苦労でも、数年後に振り返ってみるとあの時の経験が今の自分を形成してると感じると思うんです。

 

だから僕は「旅=人生を変える」とは言いませんが、それは確実に一歩前に進んでるし意味があるはずです。

 

 

 

日本にいるより有意義

海外に行くことを迷ってる人の話を聞くと、「貴重な時間とお金を費やしてまで海外に行く必要あるのかな」と考えている人が多いです。

 

この気持ちすごくわかります。でも逆に聞きたいんですけど、日本にいて貴重な時間と機会を無駄にしていいんですか?と。

 

もちろん日本にいても有意義なことはたくさんあると思います。大学に通って勉強するのも、仕事でプロジェクトを進めるのも価値があることです。

 

ただ日本でやっていること以上に、海外での経験が有意義であると感じているなら行くべきですよ。

 

特に「こんな勉強何の意味もない」「仕事辞めたい」と考えてるなら絶対に海外行くべきですよね(笑)。それ以外の選択肢ないじゃないですか。

 

日本で無意味な時間を過ごしている間にも、実はたくさんの貴重なものを失っています。時間とお金と機会です。

 

何の目的もなく過ごしていればお金は減る一方ですし、時間だって何もしなくても過ぎていきます。そして年齢が上がるごとにしがらみが増えて、海外に行くチャンスを失っていきます。ボケーっとしてる間に他の人は先に進んでいるかもしれませんしね。

 

なのでベストなタイミングは”なるべく早く”です。

 

 

 

最後に:自分の声だけを聞こう

「世界一周の旅をしてみたいな」「海外で1年くらい生活してみたいな」と考えている人はどんどんするべきです。周りには「そんなのやって何の意味があるの?」といってくる人がいるかもしれませんが、そんな人は無視するべきです。

 

なぜなら彼らがあなたの人生を変えることは100%と無いし、むしろ自分の成長を阻害している人たちだからです。

 

やっぱり自分の人生は変えられるのって自分しかいないんですよ。かなりカッコいいこと言いましたけど、理由は単純で僕らが他人の人生を変える余裕がないように、他人にも僕らの人生を変える余裕なんてないんです。

 

批判してくるのは、自分の人生すらコントロールできないこと、余裕がないことの表れだったりします。

 

だから僕らができることって、自分を信じて突き進むことに尽きるんですよ。またカッコいいこと言いました。

 

初めて海外に行くって不安なことも多いはずですし、失敗することも多いと思います。それらひとつひとつを乗り越えることで、一歩一歩前へ進んでいけるはずです。

 

その結果として「海外に行く=人生が変わる」ということです。

\\School Ranking//



Pocket

You may also like