スパルタ英会話自由が丘教室を写真で紹介【20枚】&代表インタビュー

先日、スパルタ英会話の自由が丘校がオープンしたということで、遊びに行ってきましたた。

 

僕が初めてスパルタ英会話に行ったのは、確か大学生のときかな?新宿御苑に校舎があって、「3ヶ月で英語力を上げるスクール?そんなのあり?」と思って、興味本位で行ってみたのがきっかけだったと思います。(本当にめっちゃいいスクールです。疑ってすいませんでした。笑)

 

それから月日が流れ、スパルタ英会話もついに2校目が自由が丘に。

 

基本的なサービスは新宿御苑校と同じです。ただスクールの雰囲気が違ったり、僕が前にスパルタ英会話に行った時よりもサービスが進化していたりします。

 

記事の前半では自由が丘校の概要、記事の後半ではスパルタ英会話の代表の方に「自由が丘校」「スパルタ英会話のサービス」についてインタビューさせていただいたので、その時のお話を書いていきます。

 

≫公式サイト:スパルタ英会話

 

 

 

写真で楽しむスパルタ英会話「自由が丘校」

スパルタ英会話は、東急東横線/東急大井町線「自由が丘駅」から歩いて5分のところにあります。

こんな感じで、おしゃれなお店を眺めながら5分くらい歩いてると、スパルタ英会話までつきます。

 

説明雑すぎ笑?詳しい道のりはホームページから確認してください。(公式サイト:自由が丘校アクセス

 

そしてこちらがスパルタ英会話自由が丘校です。

 

≫公式サイト:スパルタ英会話

 

 

 

スパルタ英会話代表「田井 譲さん」インタビュー

新宿校で人気のコースをそのまま自由が丘校でも

マサト:自由が丘で新しい校舎をオープンさせたということですが、新宿校とのサービスの違いなんかあったりしますか?

 

田井さん:大きくな違いはありません。細かいところが若干違っていて、例えばマンツーマンレッスンの時間帯、そして固定制を今一部導入しております。

サービス内容は一緒です。規模的にはこちらのほうが小さいので、よりアットホームな雰囲気があります。

また、オープンしてまだ間もないので、予約状況が取りやすい状況で、今は近所に住んでいる女性の方がよく通われてます。駅から徒歩3分とアクセスも良いので。

 

 

自由が丘校は女性が多い

マサト:女性の生徒さんが多いんですね。他のコーチング系のスクールだと男性が多い印象なので、そこは意外です。

 

田井さん:弊社は、この自由が丘に限らず女性の生徒さんが多いです。新宿のほうも6割ぐらい女性です。

もちろん男性のお客さまもいらっしゃいますけども、今のところは女性のお客様の方に多くお越しいただいています。

 

 

マサト:どんな職種の方が多いですか。

 

田井さん:過去のデータを見ていると、業界的に割と多いのが製造、メーカー系、あるいはIT系、製薬系。この辺りは安定して多いイメージです。

 

 

マサト:英語を使う職種っていうことですかね?

 

田井さん:はい。女性でIT、製造系のお仕事をされてて、急に英語が必要になってという方は非常に多いですね。

 

 

人気のコースはやはり日常会話

マサト:スパルタ英会話では色んなコースが用意されていますよね?その中でもどのコースが人気なんですか?

 

田井さん:やはり日常英会話ですね。これを取るのは、男性、女性の割合でいうと女性のほうがこちらを取るパターンが割と多いかと。海外旅行に行きたいという方や、近隣に外国語圏の方がいらっしゃって、英語でコミュニケーション取りたいという方がこちらのコースを選ばれます。

 

あとは仕事で使うけど、ミーティングやカンファレンスで英語を使うというより、同僚との日常的なコミュニケーション取りたいという方もいらっしゃいます。その場合は、こちらの日常英会話のカリキュラムでご案内しますね。

 

 

スパルタ英会話は初心者の方でもオッケーの英語コーチングスクール

マサト:みなさんコースを始める時の英語力ってどの辺なんですか。

 

田井さん:人によっても本当にさまざまです。中学校の英文法の復習が必要っていうところからスタートされる方もいらっしゃれば、ある程度の英語力があって、TOEICでいうともう800点ぐらい取っているような方も。

TOEICで800点は取れているが、全然話せないという方がいらっしゃったりだとか、

もう日常会話は普通にできるんだけども、資系企業に勤めていて英語でハードな価格交渉なんかをしなきゃいけないという方も中にはいらっしゃいます。

このようにいろいろな方のニーズに合わせ、コンサルティングとマンツーマンレッスンで英語力を上げられるのがうちの魅力なので、そこを買って来てくださるんだと思います。

 

≫公式サイト:スパルタ英会話

 

 

多くの生徒さんが、大手ではなくスパルタ英会話を選ぶ理由

マサト:日常会話を学ぶにしても、大手英会話教室ではなく、スパルタを選ぶを選ぶ理由って何なんですかね?

 

田井さん:やはりサービスの濃さですね。短期間集中でこれだけのものを受けられる会社はまだ他にありませんので。

他社さんではマンツーマン、あるいはコンサルティング。またはグループレッスンだけ、オンラインレッスンだけを提供しているところはあります。

これだけ対面での外国人とのレッスン、あとは日本人のコンサルティングと両方セットで受けられるっていうスクールはまだなくて。

インプットだけでも駄目だし、アウトプットだけでも駄目で、これは両方必要なんです。入学前に体験レッスンから学習メソッドの詳しい内容を聞いて、「ここに入れば本当に力が伸びそう」と感じてお申し込みいただく方は非常に多いですね。

 

 

マサト:確かにそうですね。コンサルティングに特化したところや、マンツーマンだけの所が多いですけど、全部まとまってる所はないですもんね。そこはコーチングとも違うし、大手とも違う。

 

田井さん:先ほどのような話をすると、「私でも英語を話せるようになるかも」と実感していただけるので、そこはわれわれの強みだと考えております。

つい先日も、アフリカにこれから行きたいですっていう学生の方がいらっしゃいました。英語力は超初心者で、本当に中学校英文法のところからスタートしたのですが、3カ月通っているうちに日常会話ぐらいは全然問題なくできるようになって。

 

 

マサト:英語がほとんど話せない状態から?

 

田井さん:はい。それはもう、たくさんの勉強をされてましたね。

 

 

マサト:1日どのくらい?

 

田井さん:まずその方はグループレッスンに結構入り浸っていました。

 

 

マサト:入り浸ってるんですか?僕、ブログで紹介するとき、「スパルタ英会話はグループレッスンに入り浸ってオッケー」って勝手に書いてたんですけど、やっぱりオッケーなんですね!笑

 

田井さん:はい笑。その方は毎日2〜3時間グループレッスンを受けられてました。また、ただグループレッスンに参加してアウトプットするだけではなく、自宅でもテキスト使ったトレーニングなども積極的にされてました。それで3カ月が終わるころには、もう日常会話ぐらいだったら大丈夫という状態に。

 

≫公式サイト:スパルタ英会話

 

 

スパルタ英会話の学習メソッドの一部を公開

田井さん:私も会社に入って、もう少し上のレベルで英語ができないと駄目かと思い、スパルタ英会話のトレーニングをいくつか実際にやりました。

その一つに、ある特定の英語を繰り返し声に出すメソッドがあり、家でやってたんですけど、これ結構大変なんですよ。

 

 

マサト:あ、それ確か僕も前回体験レッスン受けたときにやりました。あれ結構効果ありますよね。

 

田井さん:はい。あれは非常に効果あります。ただしあれだけでは駄目で、結局あそこでやってるのって、「犬」という単語知らなくって、ちゃんと書き出してそれを声に出して練習して「It’s a dog」と言えるようになると。

でもこれで話せるようになったかどうかというと微妙で。ぱっと口からは出てきそうな気するけど、自分の言葉として英語を話せますか?と聞かれると、自信を持って話せると言えるレベルにはなかなか行けない。

なぜなら、外国人と実際にそれを使って自分の「dog」が伝わったという成功体験が足りないからです。なので両方必要ですっていうのが一番初めにお伝えしてるところですね。

 

 

マサト:なるほど、それはアウトプットしてるように見えて、実はインプットのトレーニングだから、本当の意味で話せるようにならないってことですね。

 

田井さん:その通りです。例えば営業の練習をしていて、壁に向かって100回営業トークすれば、その商品の説明はすらすら言えるようになるかもしれないですけど、じゃあ、あなたはその商品売れますか?と聞かれると微妙なところですよね。

 

 

マサト:それ分かりやすい。笑

 

田井さん:英会話も結局コミュニケーションなので、そのコミュニケーション取れたという成功例、成功体験が英語を自信を持って流暢を話すために必要になります。

 

 

マサト:こういうトレーニングって、他にもいろいろあるんですか?

 

田井さん:はい、もちろんでございます。先ほどのトレーニングとも若干似ているところがありますが、単語を高速でインプットするトレーニングがあります。

こちらは市販のテキストなんですけども、今これを使用して単語のインプットをやっています。単語もただ単に「スタディー、勉強する、スタディー、勉強する」と言ってるだけでは覚えられません。

これをフレーズで覚えるようにお伝えしています。こちらもスタート時点では、最初にやるのが声に出しトレーニング。まずは3回やるようにお伝えしています。「スタディー・イングリッシュ」と。

次に視線外して「スタディー・イングリッシュ、スタディー・イングリッシュ」ともう2回言う。このトレーニングの後に頭に入って自分の言葉として使えるか確認すると、皆さんさらさらさらと言えるんですよ。

全く初めて見る単語だと難しいですが、見れば意味は分かる、でも使ったことがない単語くらいだと、非常に効果的です。

いきなり難易度の高い、発音の仕方も分からないような単語でこのトレーニングをしても効果はあまり見込めませんが、大半の生徒様は日常会話の習得を目指しています。日常会話で使う単語は中学校、高校レベル。多くは見ればなんとなく意味が分かるっていうものばかりなんですね。

それを実際に声に出してフレーズで伝えるトレーニングを積んでいくと、これが頭の中に入っていきます。この頭の中に入れたものをグループレッスン、マンツーマン、オンラインでアウトプットする。

こうして自分の中で使える単語に変わっていきます。使える単語が増えていけば、当然英語で話せる量も幅も広がっていきますから。

でも実は皆さん、単語帳を1冊終えたのは人生で初めてですという方が非常に多いんですよ。

 

 

マサト:確かにそうですよね。普通挫折しちゃいますよね。

 

田井さん:これでいうと750フレーズあるんですけど、この750フレーズ、人によっては初めの1冊の参考書を全部コンプリートと。

 

 

マサト:コンプリートですか?

 

田井さん:はい。そういう方も中にはいらっしゃいますし、1カ月でコンプリートできてなくても、3カ月間ぐらいかけて、これを1冊どこからどう出ても言えるようにするような取り組み方されてる方もいらっしゃいます。

 

 

マサト:(積まれた参考書を見ながら)これは瞬間英作文の本ですね。

 

田井さん:そうです。これもなかなか便利な本でして、こちらの教材では文法ベースで声に出して言えるようにしていくトレーニングを行います。

英語は結局単語が分かっていて、その単語の並べ方が分かってれば話すことはできるので、この教材ではその両方をこれでカバーします。

また、ただただ言えるようにするだけではなく、ちゃんと実際に使うところまでを3カ月間で徹底してやっていくのがスパルタ英会話です。

 

 

マサト:なるほど。インプットとアウトプットを見てもこれだけ様々なトレーニングが用意されているんですね。これだけたくさんあるとおそらく英語初心者の生徒さんなんかは自分が何をやればいいか混乱してしまうと思うんですけど、ここはコンサルタントさんがしっかりサポートしてくれるんですよね?

 

田井さん:はい、おっしゃるとおりです。専属のコンサル担当が付きますので、目標とする英語力を手に入れるためにそどんな学習をどれだけしなければいけないのか、自宅学習どれぐらいできているのか、できていなかったら、どうやったらそこの時間確保できるのかを対面でチェックします。

あとは毎日LINEでコンサルタントとはやりとりしていただくので。そのやりとりの中で、自分で立てた計画はちゃんと実行できてるのかどうかっていうところも含めてチェックしていきます。

 

≫公式サイト:スパルタ英会話

 

 

英語力を上げるのに最適な期間

マサト:コースが3つ(3ヶ月、4ヶ月、6ヶ月)あるんですけども、どれが一番人気なんですか?

 

田井さん:やはり一番が3ヶ月コース。3カ月間でぐっと力を伸ばすって方が多いですね。もう少し高めの目標を設定されてたりだとか、長期的に通いたいって方は、4カ月、6カ月を選ばれる方もいらっしゃいます。

中学校英文法の基礎の基礎から学ぶ方には、基本4カ月か6カ月をお勧めします。初めの1カ月に徹底的に基礎固めして文法を学んで、それが終わってから外国人講師たちと一緒にレッスンしていく流れですね。

 

 

マサト:では最初は、いきなり外国人講師と何かやるっていうわけではないんですね。

 

田井さん:本当に基礎固めが必要な人は、最初は日本人のレッスン取っていただいています。

中学校英文法は、実は外国人講師に任せるよりも、日本人が日本語で丁寧に説明したほうが伝わりやすいところもございますので、その場合は日本人講師が、日本人コンサルタントが中学校英文法も一緒に教えていきます。

 

 

マサト:どういった指導をするんですか?文法といっても極めようと思ったらキリないですよね

 

田井さん:やる内容はもうかなり絞っていて、会話で必要な中学校英文法です。「be動詞と一般動詞の違い」「現在、過去、未来」「疑問詞」あとは「不定詞」くらいまでですね。

 

≫公式サイト:スパルタ英会話

 

 

グループレッスンができるのはコーチング系の英会話スクールのでも珍しい

マサト:グループレッスンは今回オープンする自由が丘校でもありますよね?

 

田井さん:はいもちろんでございます。1月の10日オープンの予定なんですが、グループレッスンも一緒にスタートしていく予定です。

 

 

マサト:(資料を見ながら)グループレッスンってテーマが決まってるんですね?

 

田井さん:そうですね。ある程度今日はこれ、今日はこれと決まっていて、レベル別にも分かれています。

 

 

マサト:グループレッスンは、前は1日何時間も受けられるような感じだったんですけど、こちらでも?

 

田井さん:はい。こちらでも同様で、平日で1日6時間。土日でも6時間ほど実施する予定です。

 

 

マサト:スパルタ英会話の生徒さんなら、無限にグループレッスンを受けられるんですよね?入り浸っても大丈夫ですよwww(この記事を読んでる読者さんへ)

 

 

 

最後に:グループレッスンに関しては、スパルタ英会話が英語コーチングスクールの中で最強

スパルタ英会話が自由が丘に新校舎をオープンするということで、早速インタビューしてきたわけですが、やっぱり新宿御苑校と同様に、自由が丘校もいい感じの雰囲気でした。

 

まだ自由が丘校は新宿御苑校のように生徒さんが溢れているわけではないので、グループレッスンからマンツーマンレッスンまでゆとりのある授業を受けられますよ。

 

この記事でも何度も言いましたが、スパルタ英会話のグループレッスンはマジでコスパ最強です。1日6時間とか受けても全然大丈夫ですからね。むしろ英語力を上げるためにグループレッスンに参加することを推奨されてるくらいですから。

 

思う存分入り浸ってください。笑

 

他のコーチング系のスクールでは高額ながら、グループレッスンを無制限に受けれるスクールはあまりありません。今、僕が知ってる限り、スパルタ英会話だけ。

 

時間に余裕がある方なら、留学と同じような環境を作り上げることができるので、今回の記事でスパルタ英会話に興味を持った方は、ぜひスパルタ英会話「自由が丘校」「新宿御苑校」に遊びに行ってください。

 

≫公式サイト:スパルタ英会話

\\School Ranking//


Pocket

You may also like