海外旅行でスマホ・携帯料金を10分の1に抑えるならSIMフリー


今や海外旅行をするにもスマホは必須アイテム。出発前にガイドブックやまとめサイトを見て情報収集をしていても、いざ現地に着くと分からないことがたくさんあります。お店の営業時間だったり、目的地までの乗り換え方法だったり。

 

インターネットがつながったスマホを持っていれば地図を持ち歩く必要もありませんし、バスや電車の乗り換え方法も自動で検索してくれます。道に迷っても、スマホに聞けば大丈夫です。

 

でも「海外でスマホってどうやって使うの?」方もきっと多いですよね。海外でスマホを使う時に一番最初に思いつくのは「国際ローミング」ですかね?これは確かに一番わかりやすい方法ですが、同時に一番お金がかかり、一番データ通信量が少ない方法なんです。皆さんも高額請求が来るなどの噂を聞いたことがあると思います。いずれにせよ僕なら絶対にやらない方法です。

 

なぜならもっとお得な方法はあるから。それも手続き簡単で、高額請求が来ることもない方法。どんな方法か?

 

SIMフリーのスマホを持って行き、現地でプリペイドのSIMを購入することです。

 

今回は、世界15か国以上を訪れたことのある僕が、SIMフリーのスマホを使う方法がいかにお得で便利かを他の方法と比較して説明します。

 

 

そもそもSIMフリーのスマホとは

kaboompics.com_Woman talking on a mobile phone while driving car

この世界には2種類のiPhoneが存在します。一方は世界のどこに行っても使えるiPhone。もう一つは日本でしか使えないiPhone。その違いは何でしょうか?それはSIMロックがかかっているかどうか。

 

実はスマホには使用できる通信会社が制限されるSIMロックというものがかかっています。ドコモ、au、SoftBankで購入するすべてのiPhoneやAndroidにはSIMロックが施されているため、ドコモならドコモ、auならauしか使えません。

 

なぜこんな不便な制限が付いているのかといえば、通信会社が顧客を囲い込むため。企業もせっかく割安でスマホを販売したのに、すぐに他の通信会社に乗り移られたら困っちゃいますから、仕方がないといえば仕方がないんです。

 

でも世界を縦横無尽に旅をしたい僕らにとっては不便極まりない機能。

 

SIMフリーのスマホがあれば世界各国どこの通信会社のSIMカードでも挿入し、ものの数分で高速通信が使えるようになります。それも国際ローミングよりもポケットWi-Fiより安く、通信料も多く。

 

また海外ではプリペイドSIMが一般的です。日本のように何枚にもわたる契約書に目を通して、幾つものサインを書くような煩雑な作業はありません。空港やSIM自動販売機、現地の通信会社に行ってプリペイドSIMを購入、スマホに挿入すればすぐに1ヶ月間使えるようになります。それも月2000円程度で、電話番号も割り当てられます。

 

使用の継続したい時はネットからSIMカードに記載されているナンバーと電話番号を入力してクレジットカードで支払い。これでまた1ヶ月使えます。

 

 

他サービスとの料金・通信量の比較

実際重要なのは「どれくらい安くなるのか」「どれだけ簡単・便利なのか」ということですよね。今回は日本人の旅行先・留学先としても人気なイギリスでインターネットを使用する場合を基準にして、「国際ローミング」「海外Wi-Fiレンタル」と「SIMフリーのスマホ」を使用時を比較します。条件は次のよう揃えます。

 

旅行期間:14日間
通信速度:LTE

 

・「SIMフリーのスマホ」
イギリスの大手通信会社3(スリー)のプリペイドSIMカード使用

・「国際ローミング」
docomo、au、SoftBankの海外パケホ

・「海外Wi-Fiレンタル」
フォートラベル GLOBAL WiFi、グローバルWiFi、いもとWiFiの平均値

 

 

料金比較(1日あたり)

SIMフリー 国際ローミング 海外WiFi
 料金  214円※1 2980円 ※2 1510円 ※3

※1. SIMフリーは1£=150円換算で換算。一月あたり£20(=3000円)のプランなので1日あたり100円になる計算ですが、旅行期間を14日間に設定しているので、214円 ※2. docomo、au、SoftBank、一律2980円 ※3. フォートラベル GLOBAL WiFi:1470円/日、グローバルWiFi:1480円/日、いもとWiFi:1580円/日。海外WiFiは端末の盗難・紛失保証を加算。

このようにして改めて表にまとめて見ると、いかに現地でSIMカードを買ってインターネットを使った方が安いのかがわかります。

 

 

料金比較(1ヶ月あたり)

SIMフリー 国際ローミング 海外WiFi
 料金  3000円 89,400円 28,000円 ※1

※1. イモトWiFiの30日パックという割引プラン(940円/日)の料金を表示。

1ヶ月換算で見るとよりその差がわかりますね。長期旅行をするのであれば、絶対にSIMフリーのスマホを持って行きましょう。国際ローミングで89,400円って、iPhone買えてしまいます。数日程度の短期旅行であればレンタルWiFiもありですが、1週間を超えるような旅であれば、SIMフリーを使った方が賢い選択です。

 

SIMフリーに関して「月3000円ってこれは安いキャリアを選んでるからじゃないの?」と思われる方もいますよね。僕の経験上、どこの国のキャリアでも同じような金額です。むしろプランによってはもっと安くなることもあります。

 

 

データ通信量比較(1日あたり)

SIMフリー 国際ローミング 海外WiFi
 データ通信量 400MB 25MB 250MB※1

※1.追加料金でデータ通信容量を増やせる。

データの通信料を比較しても明らか。

 

海外旅行中にYouTubeの動画を見たりする機会は多くはないと思いますが、アプリのダウンロードだったり、写真の送信、グーグルマップの使用などでデータの通信料は増えるものです。

 

400MBあってもYouTubeで動画を30分から1時間見ていたら、使い切ってしまうんですよ。仕事でスカイプをしたり、資料を送るなどネットをよく使う人にとっては400MBでも少ないのかもしれません。ゲームもデータを結構消費します。

 

今回比較対象にしている3(スリー)のプリペイドSIMカードであれば、1か月12Gのプランなので、たとえ1日に2Gを使ったとしても通信制限がかからず、スムーズにネットを使えます。2週間の短期旅行であれば1日あたり約2Gです。もはや使い切れませんね。ここを見てもやはり現地でSIMカードを購入した方がお得。

 

国際ローミングはというと25MB。先ほどの料金比較ですでに皆さんも選択肢の中から消えているので、ここではコメントを省略します。

SPONSORED LINK

 

 

SIMフリーのスマホを使うメリット

「国際ローミング」「海外Wi-Fiレンタル」にも見方によっては、利点はあります。国際ローミングは手続きがネットで完結できる点。海外Wi-Fiレンタルは2日程度の短期旅行であれば現地のSIMカードを使うよりも出費を抑えらる点ですね。それでも僕がSIMフリーを推すのにはいくつか理由があります。それを考慮すると「やっぱりこっちだな」となってしまうんです。

 

 

通信会社によっては複数の国で使用可能

これ信じられないですよね。でも先ほどの料金比較に使ったイギリスの3(スリー)という通信会社は国際展開していて、僕がアイルランドにいるときにはイタリアとアイルランド、イギリスの3カ国で「手続きなし」「プリペイドSIMもOK」「追加料金なし」で海外に行くと自動的にスマホが使用可能になっていました。

 

今では何と「Feel At Home(家にいるみたいにくつろいでね)」と銘を打って、18カ国で対応しているとのこと。キャッチコピーのセンスもさることながら、18カ国とは。よく見てみると香港、インドネシア、マカオ、スリランカなどアジアにも進出しています。

 

 

出国前に余計な手続きがいらない

設定は現地に行ってSIMカードを挿した時にAPN設定を行うのみです。これは難しいものではなく、SIMカードのパッケージに記載されている通りに進めていけばすぐに開通できます。事前にその方法を調べておけば現地に着いてからあたふたすることもないでしょう。通信会社によってはSIMカードを差し込むとショートメッセージが自動的に送られ、そこに記載されている番号を入力することで、承認されるようなタイプもあり、いずれにせよ煩雑な設定はありません。

 

 

テザリングも利用可能

もう至れり尽くせりといった感じですか?まだあります。テザリングができるんです。テザリングはSIMカードが挿入されているスマホをWiFiルータのように使える機能。例えばの3人の友人と旅行をするときには、1つのSIMカードで全員がネットに接続できるようになります。

 

通信会社によって異なりますが、ほとんどの国のプリペイドSIMで、追加料金なしで使用可能の機能。もちろんイギリスの3(スリー)もです。

 

 

荷物が減る

海外旅行は持っていく荷物が増えるほど、持って帰ってくる思い出も減ってしまいます。ですからなるべく身軽に出国したいものです。SIMフリーのスマホがあれば他のデバイスは要りません。全てあなたのポケットの中。地図、観光地の情報、航空券、ホテルの予約表も全てその中です。

 

たくさんの思い出を持って帰りましょう。

 

日本でも使える

もちろん日本のキャリアでも使えます。docomo、au、SoftBankなどどこのキャリアのSIMカードでもOKです。

 

 

 

SIMフリーのスマホってどこで買えるの?

馴染みのないSIMフリーのスマホ。「ロックが解除されているスマホって違法なやつだったりしない?」と聞かれたりするんですけど、安心してください。公式なものです!SIMフリーのスマホが購入できる場所をご紹介します。

 

Apple Store

iPhoneであれば全国のApple Storeかオンラインストアで購入できます。僕はフィンランドに旅行をした時に現地のApple StoreでSIMフリーのiPhone6 64Gを購入。円安だったのでレートは悪かったんですが、免税が効いたおかげで日本で買うよりも1万円近く安く買え、大手通信会社で買うのと同じ値段でした。

 

皆様も海外旅行に行く際は、ぜひiPhoneの購入を。注意点は絶対に現地の通信会社で購入しないことですね!その国でしか使えませんから(笑)。日本人にとっては世界最強のSIMロックかかっちゃってますから!

 

 

Amazon

SIMフリーのAndroid携帯を買うならAmazon。スマホって5万円以上するイメージありますがAmazonだと2万円台で高性能のスマホが手に入ります。docomoなどのキャリアからも販売されているHuaweiという会社のスマホは、デザイン、価格、性能全てを見ても文句なしのモデルですが、2万円台で売られています。実はHuaweiはAppleに次いで世界シェア第3位なんですよ。

 

僕も2台持ちをする時にはHuaweiの購入を考えてます。

 

61xZ+CSexXL._SL1280_

Huawei P8 LITE

 

Googleのnexus 5Xも使い倒しがいのある機種。Amazonだと公式サイトの半額です。

nexus1

nexus 5X white

 

 

契約しているキャリアにアンロックしてもらう

通信会社によって異なりますが、数千円程度でロックを解除してくれるそう。ですが対象機種が限られていたり、購入後180日経過しているなどの条件が設けられているので要確認。

 

 

 

まとめ

僕はスマートに旅行するための苦労は惜しまないタイプなので、海外でスマホを使用する方法に関しても、海外旅行をする中で実際に自分で試して様々な視点から研究してきました。

 

そしてたどり着いたのがSIMフリーのスマホを使用すること。

 

現地の店員さんに英語でコミュニケーションをとるのは少し緊張するかもれません。それも旅の醍醐味。ちょっとドキドキ感があったほうが楽しいですから。でも残念なことに海外の店員さんも優しいのでゆっくりと話してくれますし、勝手に手続きを進めてくれます。

 

旅に必要な情報、アプリ、予約表はポケットの中に大切にしまい。空いたカバンのスペースはそのまま。帰ってくるときに旅の思い出を詰めるための場所です。いっぱい旅行を楽しみましょう。

\\School Ranking//



Pocket

You may also like