旅好きの学生で効率的にマイルを貯めるならJALカードnavi


海外に行くとなると、パスポート、バッグ、カメラまでいろいろ準備しなければならないものがあって、もう嫌になっちゃうくらいですよね。留学ともなれば保険の加入やらビザやらでもっと大変。

 

僕もアイルランドに留学した時は、全てが初めてだったので戸惑いましたし、今思えば「こうしたほうがよかったな」というのも多々あります。

 

その一つがクレジットカードの選択。僕の場合、口座を持ってるみずほ銀行のクレジットカードとMoneyT Globalという国際キャッシュカードを持って行ったんですが、これは完全にミスでしたね。

 

というのもみずほ銀行のカードは日本国内に入ればATM手数料無料などの特典を使うことができますが、海外にいたら受けられる恩恵ゼロ。帰ってきて半年くらいしてから気づきました(泣)。

 

国際キャッシュカードは便利でしたけど、しょっちゅう使うものでないですし。

 

そうして様々な失敗や経験を積んでわかったのが、学生であれば学生カードを使うのが一番いいということ。

 

僕のように年に2回も3回も海外旅行をする人であれば、絶対にJALカードnavi一択。

 

 

JALカードnaviとは

fullsizerender-3

普通のJALカードと何が違うの?と思っている方も多いでしょう。簡単に言ってしまえば、学生だけが作れるクレジットカード。

 

基本的な機能は通常のものと一緒で、クレジット支払い、飛行機に乗ったりホテルを予約するとマイルがたまる、付帯保険がついているといったところは同じです。

 

一応年齢制限があって18歳から30歳まで。高校を卒業すればすぐに作ることができます。

 

大学院、大学、短大、専門学校、高専4・5年が対象なので、基本的に学生であれば誰でもいけますし、フルタイムで仕事をしていなくても親から援助を受けていたり、アルバイトをしていたり、何らかの収入源があれば問題なく作れます。(僕も派遣や普通のバイトが収入源でした。)

 

有効期限は専門学校や大学を卒業するまで。大体の人は4年間ですね。僕のように学校を休学して留学したり、留年などをしてしまった人(僕の周りに多い)は、各種証明書を提出することで延長もできるみたいです。

 

僕の場合はアイルランドから帰ってきてから作ったので、卒業年度を1年ずらして申し込みましたが、何の問題もありませんでしたよ〜。

 

 

JALカードnaviのメリット

ここからが本題ですね。なぜ数あるカードの中から僕が1番だと思うのかということですが、「マイルのためやすさ」「タダで飛行機に乗れる」「年会費無料」の3つですね。

 

今まで、店員さんやネット広告にうまく誘導されて作ったクレジットカードとか、結局使わなかった。作るだけでポイント5000円分もらえますみたいなのあるじゃないですか?あれ、5000ポイント使って以来、びた一文も使ってないですもん笑。

 

で、最終的に落ち着いたのがJALカードnaviです。

 

旅する学生にとって優しすぎるから。このカード作ってからJAL大好きになりましたからね。もう完全にマイラーですよ。夜行バスで行けばいいところを、わざわざJAL使ってますから。

 

あと半年間、JALカードをSuicaのように使い倒しますよ。

 

 

100円=1マイル

これが以外とすごい。通常のJALカードだと2,160円払っても200円=1円のところ、年会費0円でその還元率になるんです。もし、普通のJALカードででその還元率のカードが欲しかったら、プラス3,240円払って「ショッピングマイル・プレミアム」というのに登録しないといけません。

 

それかCLUB-Aゴールドカード(年会費:17,280)に入会しないといけません。

 

このカードであれば、ラウンジが使えたり、手荷物空港宅配サービスが使えるわけですが、正直カードの年会費に2万円近く払うのは痛いですよね。でも、学生カードであればタダでその恩恵を受けることができます。

 

 

半分のマイルで飛行機に乗れる

僕的にこれは最強だと思ってて、通常の半分のマイル数でどこにでも飛べちゃうんですよ。これはANAの学生カードにもないサービスで、これがJALを推す理由の一つ。下が一覧です。

 

・国際線

目的地 通常必要マイル 学生マイル
日本⇄ 韓国 15,000 7,500
アジア1 20,000 10,000
アジア2 35,000 17,500
グアム 20,000 10,000
オセアニア、ロシア 40,000 20,000
ヨーロッパ 55,000 27,500
ハワイ 40,000 20,000
北米 50,000 25,000

 

≫公式サイト:マイルがどんどんたまる「JALカード」

SPONSORED LINK

 

ちなみに、国内線であれば片道4,500マイル。往復で6,000マイル。

 

去年フィンランドに旅行した時に往復で「通常マイル」5,200マイル、「毎年初回搭乗ボーナス」1,000マイル、「入会搭乗ボーナス」で1,000マイル、「通常のボーナス」1,100マイル。合計で8,300マイルが一回の旅行でたまったので、その時点で韓国にタダで行けることになります。

 

カード作る時は、「日本航空を使うからとりあえず、ポイントも貯まるみたいだしカードも作っておこう」くらいの気持ちで作ったので、ボーナスのことに関してあまり調べてませんでした。

 

そこにいきなり8,300マイルも入ってるわけですから、宝くじでもひいたような気分でびっくりしました笑。

 

入会すると同時に5000円分のポイント

さらなる驚きが、「なんか5,000円分のポイントが入ってる!!」ということ。これも特典のひとつなんですけど、入会するだけでe JALポイント5000円分がもらえます。

 

今年はそのポイントを使って、おじいちゃんがいる青森まで飛行機で行きました。

 

その搭乗でさらにマイルが貯まったのもびっくり。

 

 

TOEICで500マイル

何らかの言語が得意な人はテストで良いスコアが取れれば、500マイルもらえます。先ほどの何千マイルと比べると少ないように見えますが、地味に良いです。だって普通に考えたら100円=1円換算ですから、500マイル貯めるのに5万円かかります。それを検定料数千円で得られるわけですから、とってもお得。

 

僕もTOEICは得意なので、500マイルきっちりもらいました。TOEICは600点でもらえます。

 

その他マイルがもらえる語学検定とそのスコアはこちら≫JALカード

 

 

年会費無料

テレビCMで流れているようなクレジットカードは年会費無料というのが一般的だと思います。でも航空会社のカードって普通年会費がかかるんですよ。

 

普通のカードであれば5,000円くらいですけど、ラウンジサービスとか手荷物宅配サービスなんかが付いていると20,000円なんてよくあります。これはJALでもANAでも同じですね。

 

唯一学生カードだけが、航空系カードでも年会費無料なんです。

 

 

 

実はデメリットもある

最初はこのカードは最強だなと思ってたんですけど、徐々に浮き彫りになったのが、利用枠の狭さ。10万円です。

 

普段日本にいる分には困ることもないんですが、海外旅行をするときには若干不自由を感じます。というのも航空券やホテルの予約をするとすぐに上限いっぱいに行きますし、下手したら上限を超えるから買えないなんてこともあります。

 

せめてあと10万円でいいので引き上げて欲しいですね。

 

逆に10万円だから使いすぎることがないのがいいのかもしれませんが、どうにかして欲しいですね。

 

航空券の購入時などはコールセンターに連絡をすれば、利用枠を一時的に広げてくれるようなこともあるそうなので、利用してみてください。

 

 

 

まとめ

クレジットカードって何にすればいいか迷いますよね。僕も最初に作った時には「どのカードも大した違いはないだろうし、悩む時間がもったいないから銀行のカードをそのまま持っていけばいいや」とみずほのクレジットと国際キャッシュカードしか持って行かなかったんですけど、今思えばJALカードnaviを早めに作っておけばよかったなと思います。

 

留学してる間の生活費は150万円位かかっているので、それをカードで払っていれば10,000マイルは貯まっていたわけで。JALと提携している航空会社も何度か利用してたので、25,000マイルくらい入ってたんじゃないかと思います。

 

海外旅行が好きだったり、飛行機が好きなら自然とたまります。機会がありましたらこのカードも候補に。

 

≫公式申し込みサイト:JALカード

\\School Ranking//



Pocket

You may also like