留学前にTOEICスコアを上げたほうがいい5つの理由


「TOEICと英会話は関係ないから、留学する予定なら英会話を中心に勉強したほうがいいよ」とよく言われています。

 

TOEICが英会話力を直接あげないという点では一部正しいと思います。

 

でも英会話に最低限必要な英語力はTOEICでも鍛えられます。出題される基本的な文法問題、単語は普通に役に立ちますし、リスニングパートも英語を聞く能力の向上につながります。

 

というかTOEIC程度でスコアを取れないと、留学して英会話を学んでも効果がありません。

 

 

 

留学に必要なTOEICスコア!

ではどれくらいのスコアを持っていればいいの?という話ですが、600〜700点はあった方がいいと思います。なぜならこれ以下の点数だと、会話に必要な基本的文法が欠落している可能性が高いからです。また会話に必要な単語も知らない状態です。なので最低でも600〜700点はあった方がいいです。

 

留学前に英語力がゼロでもどうにかなると言われます。確かにどうにかなるんですけど、英語力が伸びるかどうかは別の話です。基礎力があった方が成長は早いに決まってますから。

 

なぜこんなことを言っているのかというと、僕が英語力ゼロの状態で海外に行ったからです。今ではTOEICでも900点近くを持っていますが、留学した当時は350点です。

 

当然、この点数だとまともに会話ができませんし、相手が言っていることが全く理解できません。当たり前ですよね。TOEICのリスニング程度ができないのに、ネイティブの英語が聞けるはずがありませんから。

 

なので最低でも600〜700点は取っておきましょう。

 

 

 

留学前にスコアを上げるべき5つの理由

とは言ってもTOEICを勉強しただけで、英語力が上がるイメージがわかないですよね。僕も留学前はそんなのやっても意味ないと思っていた部類でした。「そんなことよりも会話の勉強をしたほうがいいでしょ」と考えてましたから。そんな僕も今では留学前にTOEICをやっておくべきだと思います。

 

自分の英語力が測れる

TOEICのいいところはスコアが明確に見える点です。リスニングパート、リーディングパートと2つに分かれてきっちりと結果が出ます。点数が低いと、自分の点数の低さを叩きつけられてる感じがしますよね(笑)。僕もTOEIC300点代の時は、見るのが辛かったな…。

 

逆に言えば、自分の英語力を数字ではっきりと見えることです。これってすごくいいことですよ。英語を話すには文法、単語、リスニングとか基礎となる知識が必要不可欠ですから、それを目に見えて確認できるTOEICは英語力を図るひとつの指標になります。

 

それを元に、自分にかけている部分を強化していけば効率良く英語力を上げていけます。

 

 

TOEICで基礎力が磨ける

TOEICで高得点を取れるようになって思ったのが、基礎的な知識を身につけるにはもってこいだということ。

 

まずリーディングパートですけど、当然ながら英語を聞くには、単語の意味と発音を知っておく必要があります。人間は知っている単語のみを理解できます。なのでいくら簡単な単語でも、それの発音を知らないと”ただの音”としか認識できません。

 

つまりTOEICのリスニング問題が解けているということは「知っている単語」「聞こえる単語」「理解できる単語」が多い状態です。

 

逆にリスニング問題が解けないのはどうかというと、「知らない」「聞こえない」「理解できない」状態です。この状態だと当然ながら、ネイティブの英語なんて聞こえるわけがありませんので、留学中は苦労しますよ。僕は苦労しましたから(笑)。

 

リーディングパートも英語力を上げるのに役に立ちます。具体的には「文法」「単語」です。文法と単語に関しては言うまでもないかもしれませんね。英語を話す上で超重要。

 

リーディングパートの最初の方に文法問題がありますよね。あれは意外と優れ物で、日常英会話で使うような基本的な文法が網羅されています。それが解けるようになれば、文法は「理解できる状態」まで持っていけます。単語はリーディングパート全体に散りばめられているので、問題を解くだけでボキャブラリーは増えていきますよ。

 

 

情報処理能力が上がる

僕個人として思うTOEICの最大のメリットは「情報処理能力が上がる」ことです。

 

SPONSORED LINK

TOEICってすっごい頭使うんですよ。特にリーディング問題。あれって鬼じゃないですか?たった1時間であの問題量ですよ。おそらく1ページにかけられる時間って5分程度で、よくても10分くらいじゃないですか。で、文章に目を通せるのは1、2回程度。

 

それでサクサクと問題を解いていかなきゃいけないわけです。

 

僕はTOEIC875点ですけど、ほとんど時間は余りませんね。運がよくて最後は5分程度しか余る感じです。

 

なのでTOEICの練習をしていると嫌でも情報処理能力が上がります。読んだ文章は一回でだいたいの内容を理解できるようになりますし、リスニングに関しても1度聞いただけで内容を把握できます。

 

実はこれが英会話をする上でめっちゃ役に立つんですよ。外国人と話してみると分かりますが、相手がすごく早く話しているように聞こえます。早送りしてんの?って感じですよ。するとですね、相手が言っていることを理解するだけで精一杯になります。

 

でもTOEICで英語の情報処理能力が上がっていれば余裕が生まれます。試験でひたすら時間との勝負になれているなら、普通の人よりはかなり余裕で会話ができるはずです。

 

 

勉強がしやすくモチベーションが上がる

英会話って上達度合いを確認するのが難しいんですよね。勉強を始めても目に見えて結果が出るのって3ヶ月や半年経ってからですから。それまではひたすら耐えるしかない。しかも間違えた勉強をしていると、1年経って改めて確認したら英語力が全く伸びてないなんてことがあります。それ最悪すぎ(笑)。

 

一方、TOEICはやった分だけすぐに結果が出ます。特に単語なんて秒速ですよね。覚えればすぐに問題を解けるわけですから。文法にしても、同じ系統の問題を数回も練習すれば、すぐに答えにたどり着けるようになります。

 

こうした積み重ねを続けていけば、スコアはみるみるうちに上がりますよ。よくTOEICスクールなどでは2ヶ月で200点スコアアップなんて言われてますが、それも十分に可能です。

 

自分で勉強していたとしてもスコアは努力の積み重ねで上がっていきますので、1年後に全くスコアが上がっていないなんてことはありません。間違っている勉強をしていれば途中で気付きますからね。

 

目に見えて結果がスコアに現れるので、モチベーションも上がります。「来年にはTOEIC800点」といったように目標設定もしやすいので、努力もしやすいんですよ。

 

 

英語力ゼロで行くのはさすがにヤバイ

正直言うとTOEIC350点で海外に行った身なので、偉そうなことは言えませんが、英語力ゼロの状態で留学するのはあまりオススメしません。現地で生活するのは簡単なんですけど、英語力の伸びは日本で勉強していた人に比べたら絶対に劣ります。当たり前ですよね。

 

会話の勉強をするのがベストなんですけど、最初は何から勉強していいかわからないだろうし、そもそも基礎が欠落していたら英会話に使う文章を頭に入れても使えません。

 

そういう意味でTOEICの勉強っていいなと思うんですよね。結果は目に見えてわかるので、スコアを上げるゲーム感覚で楽しめます。毎日努力をしていれば結果もすぐに出ますからね。

 

 

 

最後に:「TOEICは必要ない」は逃げ

留学前に何をしていいかわからないなら、とりあえずTOEICの勉強をしてみましょう。これをやるとやらないとでは留学中の英語力の伸びに影響が出ることは僕が証明していますから。

 

よく言うじゃないですか、「TOEICと英会話は関係ない」って。実は僕も前に書いた記事で同じこと言っているんですけどね(笑)。直接的な関係はなくても、やはり密接な関係にはあります。当たり前ですよ同じ英語なんですから。

 

あと「TOIECは役に立たない」とも言いますよね。現実的に考えて役に立ちますよ(笑)。受験、就職、昇進、給料とTOEICのスコアによって決定するなんて話聞きますよね。

 

なんで役に立たないなんて言葉は”逃げ”でしかありませんから。

 

とりあえずやってみましょう。そして高得点が取れたら友達や同僚に自慢してやりましょう。

 

オススメのTOEICスクールは「2か月で200点は余裕で上がるTOEICスクール」で紹介しています。

\\School Ranking//



Pocket

You may also like