海外旅行の質を確実に高めてくれる便利アプリ13つまとめた


僕は旅行に必要な情報は全てiPhone 6に入れて持っていきます。基本的にガイドブックを持って行きません。アプリがその役割をしてくれるから。航空券もホテルの予約表も、念のために印刷して持っては行きますが、空港やホテルで提示するときはいつもスマホ。

 

スマホは旅行のインフラなわけです。今までならバックに入れて持ち歩かなかったいけないものも全てポケットの中に入ってしまいます。この感覚が僕はとても好きで、21世紀に生きていることを全力で感じます。何だか四次元ポケットを持ち歩いているような気分ですよね。

 

現在までに100以上のアプリをダウンロードしていて、今スマホに入っているものは厳選されたものだけ。特に旅行アプリに対するこだわりは、人一倍で、スマートに旅をするためのアプリが揃ってます。そのアプリ全てをご紹介。

 

 

旅行ガイド

✔︎ Sygic travel

white_sygic2

訪れたい歴史的建造物、美術館、おしゃれな通り。それらを紙にリストアップして持ち歩く。それはそれでアナログ感があってよかったりしますが、今はアプリで代用可能。

 

このSygic travelには、有名観光地のデータが全て入っていて、その中から自分の行きたい場所をピックアップしてオリジナルリストを作ることができます。すると自動的に観光にかかる時間を移動時間も含めて計算してくれます。日付ごとに管理ができるのも素晴らしい観光地のデータにはオープン時間・クローズ時間、料金も書かれているのでガイドブックに載っている情報は網羅されています。

 

また、地図機能は標準装備されていてGPSをオンにすればGoogle mapと同様に現在位置を確認しながら目的地に向かうことができます。これは超便利!

 

残念ながら日本語版は配信されていないようです。しかし、全世界のユーザー向けに書かれているからか、平易な英語で書かれています。英語の勉強になりますね。

 

 

✔︎ Google map

white_google

これはSygic travelでカーバーできない範囲を補うために使います。主に乗り換え案内が中心になりますね。初めての場所では標識を見ながら進んでも迷ってしまうものです。でもGoogle mapのナビゲーション機能は、僕らが迷う余地もないほど的確に案内をしてくれます。

 

Bluetooth のヘットセッドを耳につければ、スマホをポケットの中に入れておきながらも、音声案内に従って帆を進めることができます。これは現時点で考えられる最もスマートな方法ですね。

 

 

✔︎ Pockets

white_pocket

旅に行く前から僕らを感動させてくれて、旅に行った気分にさせてくれる記事を書いているブロガーさんはたくさんいます。彼らの記事をオフラインでも観れるようにストックしておけば、旅の途中で見返して、より充実した旅行ができます。

 

そんなのときに使えるのがPocket。

 

アプリのロゴにも名前にもセンスを感じるPocketですが、昨日も素晴らしい。webサイトを見ているとき、Pocketのロゴを見たことがあると思います。これをクリックすると自動的にあなたのアカウントの中に記事が転送され、オフラインでも閲覧可能になります。インターネット接続が遅いなどといった煩わしさとはこれでおさらば。

 

いい記事というのは何度も見返したくなるものです。

 

 

ホテル・フライト予約

✔︎ Booking.com

white_sygic のコピー 2

ホテルを予約するアプリの有名どころは全て使いましたが、結局Booking.comが一番。なぜかと言われると一番信頼が置けるからですね。「料金も低価格」「キャンセルが簡単。1日前ですら切るところがある」「アプリの使いやすさ」の3つ。

 

特にキャンセルに対して柔軟なのが嬉しいですね。早いうちからホテルを押さえておけば、他によりクオリティの高いホテルが低価格を出したときに、そちらに泊まることも可能。

 

そして気に入ってるのが、アップされている写真の多さとクオリティ、そしてレビューの多さですね。あらゆる部屋のタイプの写真とレビューが載ってます。世界中にユーザーがいるので、フェアなレビューになっています。英語が苦手でも、翻訳されているので大丈夫。

 

Booking.comはJALと提携しているため、マイルがべらぼうにたまるんですよ。

 

次の旅へ JALカード

 

 

✔︎ Airbnb

white_airbnb

最近はテレビCMでも見るこのITベンチャー企業。彼らが作ったサービスのコンセプトは「暮らすように旅をする」。これが意味するのは、現地の人の家に泊まり、そこでの暮らしを楽しむということです。ウェブサイトを見ていただければ分かりますが、現地の人の家と言っても、どこもおしゃれな家ばかり。日本にはない雰囲気がそこにはあります。

 

僕もスイスに行ったときに利用しました。泊まったお部屋はスイスの高原が見える綺麗なマンションの一室でした。ホストはスイス人で70代の優しいおばあさん。

 

部屋のドアを開けると、自分が寝るはずのベットに、太っちょな猫がデロ〜んと横になって、寝てました。この子、ふてぶてしく見えるけど、人懐っこいんですよ。

IMG_1008

 

本来はサービスに入っていないのに、夜ご飯も朝ごはんも手作りのスイス料理をふるまってくれました。スイスのビールを飲みながらテレビを見たり、旅行や人生のことについて話してくれたのが僕にとっての大切な思い出になってます。

IMG_1050

IMG_1051

IMG_1055

 

僕が世界一スイスが好きだと言っているのはこれが理由です。

 

今はビジネス色が強くなってしまい、家賃収入を得るためだけのホストが増えて、アットホーム感はあまりありません。ですが、場所によってはまだまだホスピタリティを持ったホストが多いので、レビューや写真をチェックして、良いお家を探してくてください。

 

 

✔︎ スカイスキャナー

SPONSORED LINK

white_skyscanner

航空券を買うならこのサイトだけを見ればいいというほど完璧なサービスが提供されています。Skyscannerが提示している価格は全世界の航空会社、旅行代理店から24時間リアルタイムで集められている情報なので、最安値です。

 

わざわざ航空会社のウェブサイトを渡り歩く必要なく、最低運賃の価格でチケットが買えます。フライト時間、搭乗クラスなどを指定すれば価格だけではなく、自分に合った条件のフライトが見つかります。

 

僕はこのアプリで航空券の価格をチェックするのが好きで、暇があるとみてます。旅行者が減る時期にはヨーロッパまでのチケットが3万円代なんてこともよくあるんですよ。この前なんて1,000円の国内線のチケットを買いました。

 

 

✔︎ Flight track

white_flight

「帰国便だけど、ちゃんと時間通りに来てるのかな?」ときになったときにはFlight track。フライトナンバーを入力すれば、その飛行機が今どこを飛んでいるのかがマップ上にリアルタイムで表示されます。搭乗ゲートの番号まで表示してくれる優れもの。空港で迷うことも無くなります。

 

「世界中の飛行機は今どこを飛んでいるのかなぁ」という好奇心も満たしてくれます。飛行機好きにはたまらないアプリ。

 

 

 

グルメ

✔︎ yelp

white_yelp

美味しい食事を食べるのも、大切な旅の思い出の一つ。何回も訪れている国であれば、ガイドブックに載っていない現地のお店に挑戦するのも面白いですが、初めて訪れる地でハズレのお店には行きたくないですよね。そこで使えるのがyelp。日本でいうと「ぐるなび」や「食べログ」にあたります。

 

ただこちらのサービスは世界中のユーザーに使われていて、月間利用者数は1億2000万人超え。この数字だけでも規模の大きさがわかりますが、注目すべき点はレビューの質の高さ。世界中のユーザーが実名で書き込みしているので、お店にもお客さんにもフェアなレビューがたくさん載せられています。

 

さらにレビューはyelp独自のアルゴリズムでフィルターされているので、質の高い意見が上位に表示されるようになっていて、偏った意見が排除されるようになってるのも嬉しい。お店のインフォメーションには営業時間のほか、お店のこだわりや歴史が載せられています。お店の歴史を知ってから味わう食事には特別な深みが感じられるはず。

 

星4以上のお店で外したことはまずありませんね。去年、日本人には馴染みのないフィンランドに行った時にこのアプリでオススメのレストラン探し、4軒で食事をしましたが、全て当たり。旅の幸せも倍増でした。

 

 

マネー

✔︎ zaim

white_zaim

日本発のこのアプリ。家計簿として既に使っている人も多いと思いますが、海外に行ってもとても役に立ちます。普段、家計簿をつけないぼくも、海外に行った時にはこのアプリを利用しています。海外旅行では気分も上がって、ついつい財布のひもが緩むものです。ぼくは憧れのイギリスに行った時に、調子に乗ってかなりの金額をクレジットカードで使い、帰ってきてクレジットカードの残高をチェックしたらびっくり。上限をすれすれまで使っていました。

 

それから導入しているのがこのアプリ。便利なのが、出費額を入力する時に通貨の指定ができるところ。例えばフランスに旅行をしている時には通貨をユーロに設定して金額を入力すると、自動的にその瞬間のレートで日本円に換算してくれます。これでわざわざユーロ→日本円に変換することもありませんし、旅で使った金額をまとめてリアルタイムで表示してくれます。

 

普段は家計簿をつけませんが、旅行に行った時には重宝してます。友達と割り勘する時などにも便利です。

 

 

✔︎ Currency +

white_currency

サクッと外貨を日本円に変換できるシンプルなアプリ。ドルやユーロならまだしも、フランやバーツなど慣れない土地の通貨を頭で計算するのは疲れます。現地の通貨の感覚に慣れるまでは、これに助けてもらいましょう。通貨換算アプリはいくつかありますが、これが最も使いやすいです。

 

 

エンターテイメント

✔︎ Amazonビデオ

white_amazon-video

長い移動時間には暇つぶしのアイテムが欲しいですよね。Amazonプライムビデオですね。会員登録をすればAmazonプライムビデオにある全ての動画が見放題。ダウンロードもできるので機内など、インターネットの繋がらない環境でも楽しめます。プライムにない新着作品でも、Amazonで購入すれば同じアプリの中で見ることができます。僕のアプリには常時10作品以上がしまってあって、お気に入りは「インターステーラー」と「LEON」ですね。何回見ても感動できる。

 

 

✔︎ Apple Music

white_apple-music

いつでもどこでも気分を上げてくれる音楽。音楽を聴きながら街中を歩くのでも、日本と海外では大違い。ロンドンに行くときにはThe BeatlesやColdplay、Lily Allen。ニューヨークに行ったらTaylor Swiftと、その土地に合った音楽とともに旅行をするのは楽しいものです。

 

「ここでこの曲ができたのね」と僕たちのクリエイティビティを刺激してくれます。僕のオススメはイギリスで聴くLilly Allenの「LDN」。まさにタイトル通りロンドンを歌った曲。反骨精神丸出しの棘のある歌詞が旅の楽しさを倍増させてくれます。

 

ヤンキー自転車で町を駆け抜けてます。

 

 

✔︎ Kindle

white_kindle

映画も音楽も飽きたという贅沢なわがままを叶えてくれるのが、読書アプリKindle。現地の作家さんが作ったストーリーを旅行前に読むと、旅をしている時に「ここがあのシーンの場所か」と、本と答え合わせをするような旅が楽しめます。フランスに行くときは「ダビンチ・コード」。イタリアに行くときは「天使と悪魔」ですね。

 

最近ではKindle unlimitedという驚愕のサービスが始まりました。登録するとAmazon上の特定の電子書籍が読み放題になるという破壊的なサービスです。読書好きの僕にとってはたまりませんね。

 

 

 

それでは良い旅を。

 

\\School Ranking//



Pocket

You may also like